ポケットWiFi

ソフトバンクエアーが25歳以下限定で「月額2,880円」で使えるキャンペーン中!

ソフトバンクエアーが25歳以下限定で「月額2,880円」で使えるキャンペーン中!

自宅で気軽にWiFiが楽しめる「ソフトバンクエアー」が、2020年5月1日から「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」という25歳以下を対象にした大幅な割引キャンペーンを開始しました。

 

ソフトバンクエアーは今まで色々なキャンペーンを行ってきましたが、今までで一番お得なキャンペーンとなっています。

 

今回はソフトバンクエアーの「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」を詳しく紹介しています。

申込時の注意点もあわせて紹介しているので、自宅にWiFiを入れようか検討している人はぜひご覧ください。

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」キャンペーンの内容

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」は、2020年5月1日から開始されたソフトバンクエアーのキャンペーンです。

「ソフトバンクエアー」は、ホームルーターを設置して電源を入れるとすぐにインターネットが使えるようになるソフトバンクのWiFiサービスです。

 

新型コロナウィルスの影響でテレワークの需要が増えていますが、多くのポケットWiFiは端末の製造が止まっているため在庫不足になり、新規受付を停止している状況です。

そんな中、大手通信会社のソフトバンクは自社サービス「ソフトバンクエアー」で、今までにないお得なキャンペーンを展開しています。

 

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」の大きなポイントは以下の4点です。

  • 25歳以下が対象
  • 事務手数料3,000円が無料
  • 月額料金が3年間2,880円に割引
  • 端末のレンタル代金490円が無料

25歳以下が対象のキャンペーン

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」は、キャンペーンの名前の通り「25歳以下」の方が対象です。

申込時に「25歳まで」の方が対象となり、26歳以上方は適応されません。

事務手数料3,000円が無料になる

事務手数料 金額
通常 3,000円
25歳以下 0円

ソフトバンクエアーは通常は事務手数料3,000円がかかりますが、キャンペーンを利用すれば0円になります。

イニシャルコストが無料になるので、最初の支払額の負担を減らすことができます。

 

一人暮らしを始めたばかりの方や、引っ越ししたばかりの方は何かとお金がかかります。

引っ越ししたタイミングで、自宅のWiFiとしてソフトバンクエアーを検討する人には事務手数料が無料になるのはありがたいですね。

月額料金が3年間2,000円に割引される

ソフトバンクエアーは通常月額4,880円ですが、キャンペーンを利用すると2,000円割引になり月額2,880円で利用できます。

月額料金
通常 4,880円
25歳以下 2,880円

キャンペーンの割引は3年間適応されるので、最大72,000円割引されて非常にお得です。

端末のレンタル代金490円が無料

ソフトバンクエアーの端末は「分割払いで購入する」か「レンタルする」かを利用者が選ぶことができます。

  • 購入:36回の分割払いが必要
  • レンタル:毎月レンタル料が発生

レンタルした場合、通常はレンタル料490円が毎月かかりますが、「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」を利用すると永年無料になります。

レンタル料金
通常 490円
25歳以下 0円

ソフトバンクエアーは、レンタルすると毎月支払う金額が500円程度高くなってしまうので使いにくかったのですが、「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」を適応すれば、レンタル料がかからないので、端末代金を気にせずに気軽に利用できるようになります。

ソフトバンクエアーの4つの注意点

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」は非常にお得なキャンペーンです。

しかしソフトバンクエアーは利用する前に知っておきたい注意点がいくつかあります。

それぞれ詳しく紹介していきます。

  • 契約期間は2年だが端末代金の支払いは3年
  • 4年目からは月額4,880円になる
  • レンタルは端末が古い
  • 契約した住所以外は利用できない

契約期間は2年だが端末代金の支払いは3年

ソフトバンクエアーは端末を「購入する」か「レンタルする」かを選ぶことができます。

端末を購入した場合は36回の分割払いになりますが、契約中は分割払いと同じ金額が割引されるので、3年間利用すれば実質無料になります。

料金
端末代金(36回分割) 1,650円
割引 -1,650円
合計 実質無料

ただし3年以内に解約した場合、解約時に残った端末代金をまとめて支払わないといけません。

 

「それなら3年利用すればいいのでは?」と思うかもしれませんが、ソフトバンクエアーは端末代金の支払いは「3年」ですが、契約期間は「2年」とズレがあります。

期間
契約期間 2年(自動更新)
端末代金 3年(36回分割払い)

そのため最初の契約更新月である2年目に解約すると残った端末代金1年分(19,800円)を支払わないといけません。

また端末代金を支払い終えた3年目に解約すると解約金9,500円が発生します。

つまりソフトバンクエアーは端末を購入した場合、4年後の2回目の契約更新月以外に解約すると、解約時に何かしらの代金が発生することになります。

 

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」は特典としてレンタル料金が無料になるので、2年目の契約更新月に解約を考えている人はレンタルを選びましょう。

そうすれば解約時に料金の支払いなしで解約できます。

4年目以降は月額4,880円になる

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」で月額料金が2,000円割引されるのは3年間(36ヶ月)です。

4年目以降は月額料金が2,880円から通常の4,880円に戻ります。

月額料金
3年目(~36ヶ月) 2,880円
4年目以降(37ヶ月~) 4,880円

先にお話したようにソフトバンクエアーで端末を購入した場合、解約金も端末代金も支払わずに解約できるのは最短で4年後(2回目の契約更新月)になります。

そこまで利用する場合は、途中から月額料金が上がってしまうので注意しましょう。

レンタルは一世代前の端末が送られてくる

ソフトバンクエアーで端末をレンタルした場合、最新端末の「Airターミナル4」ではなく一世代前の端末「Airターミナル3」が送られてきます。

レンタル 購入
端末 Airターミナル3 Airターミナル4
最大通信速度 350Mbps 962Mbps
WiFi 802.11a/b/g/n/ac
最大866Mbps
802.11a/b/g/n/ac
最大1.3Gbps
サイズ 208x95x95mm 225x103x103mm
重量 550g 635g

Airターミナル3は「最大通信速度が350Mbps」と、Airターミナル4の962Mbpsに比べると遅くなっています。

 

またWiFiの通信規格はどちらも「11ac」に対応していますが、11acには「WAVE1」と「WAVE2」があり、最大通信速度が変わります。

Airターミナル3は「WAVE1」にしか対応していないので、最大通信速度が866Mbpsまでとなっています。

これはAirターミナル3の回線の最大通信速度が350Mbpsなので、WiFiの通信速度が速くても意味がないためでしょう。

 

もちろん実際の通信速度にここまで大きな差はないでしょうが、最大通信速度は遅いよりは速いほうがいいです。

通信速度を重視するならレンタルよりも端末購入を選んだほうがいいでしょう。

契約した住所以外は利用できない

ソフトバンクエアーは契約した住所以外では利用できない決まりになっています。

Airターミナルは大きいルーターではないので持ち運びして使えますが、仕事場など契約住所以外に運んで使ってはいけません。

 

ソフトバンクエアーは無線で通信していますが、あくまで「固定回線」の扱いなので、複数の場所で利用することは禁じられています。

 

ソフトバンク側で電波の発信元を特定できるので、契約住所以外で利用しているとすぐにわかります。

わざわざホームルーターを運んで使うくらいなら、モバイルルーターを利用したほうがいいでしょう。

 

引っ越し後も引越し先で継続してソフトバンクエアー使う時は、契約住所の変更手続きが必要です。

変更手続きしないと強制解約になる恐れがあるので注意しましょう。

キャンペーンにプラスして最大30,000円のキャッシュバックがもらえる

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」は非常にお得なキャンペーンですが、さらに最大30,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

やり方は非常に簡単で、ソフトバンクの代理店を経由して申し込むだけです。

 

それだけで申し込みしてから2ヶ月後に登録した口座に現金が振り込まれます。

キャッシュバック金額

  • 端末購入:30,000円
  • レンタル:15,000円

代理店から申し込んでも料金が高くなったり不要なオプションに加入したりする必要はありません。

 

公式サイトで申し込むのと全く同じ条件で最大30,000円のキャッシュバックがもらえるので非常にお得です。

ソフトバンクエアーを申し込む時は、必ず代理店を経由して申し込みしましょう。

ソフトバンクエアーを申し込む

ソフトバンクエアーの購入は「レンタル」と「購入」どちらがおすすめ?

ソフトバンクエアーは端末を「購入する」か「レンタルする」か選べます。

利用する年数によって、どちらがお得になるのか変わってくるので、詳しく紹介します。

2年目で解約するならレンタルがおすすめ

「レンタル」と「購入」で2年目(24ヶ月目)の契約更新月で解約したら、どちらがお得か比べてみました。

端末の利用方法 レンタル 購入
事務手数料 0円 0円
月額料金 2,880円 2,880円
解約金 0円 0円
レンタル料金 0円 -
端末代金 - 19,800円
キャッシュバック 15,000円 30,000円
合計金額 54,120円 58,920円
実質月額料金 2,255円 2,455円

端末を購入すると代理店からキャッシュバックが30,000円ありますが、端末代金が19,800円かかるので合計金額はレンタルしたほうが安くなります。

2年目で解約するなら端末は「レンタル」を選ぶのがおすすめです。

 

端末をレンタルして2年目で解約した場合、すべての費用を含めた実質の月額料金は2,255円と格安です。

ソフトバンクエアーを一番安く利用したいなら端末をレンタルして2年目で解約しましょう。

3年以上使うなら端末購入がおすすめ

次に3年目で解約した場合を比較してみます。

端末の利用方法 レンタル 購入
事務手数料 0円 0円
月額料金 2,880円 2,880円
解約金 9,500円 9,500円
レンタル料金 0円 -
端末代金 - 0円
キャッシュバック 15,000円 30,000円
合計金額 98,180円 83,180円
実質月額料金 2,727円 2,310円

3年以上利用すると端末の分割払いが終わるので、キャッシュバックが大きい「端末購入」の方がレンタルよりお得になります。

3年目で解約すると解約金9,500円かかりますが、解約金を含めても実質月額料金が2,310円になるので格安です。

 

端末をレンタルして2年で解約する場合と実質の月額料金が55円しか変わらないので、「解約後に端末が欲しい人」や「最新の端末が使いたい人」は端末を購入して3年目で解約するのがおすすめです。

4年目からは月額料金が4,880円に一気に高くなってしまうので、解約金を支払っても3年目で解約したほうがお得です。

ソフトバンクエアーまとめ

「U-25限定 SoftBank Air 特別割引 2020」は、3年間で最大92,460円も安くなる非常にお得なキャンペーンです。

代理店のキャッシュバックと組み合わせると超格安の月額2,255円で利用できます。

ソフトバンクエアーは契約期間と端末の分割払い期間が違うなどチグハグなところがあるので、辛口な評価をしていたのですが、ここまで料金が安いと話は別ですね。

 

今回のキャンペーンは、25歳以下で自宅にネット回線を引こうと考えている方であれば誰にでもおすすめできる内容となっています。

キャンペーンの終了日時は未定ですが、申込みが殺到してキャンペーンが終了する可能性が高いので、利用を考えている方は早めの申し込みをおすすめします。

ソフトバンクエアーは「初期契約解除制度」があり、8日以内であれば費用負担が一切無しで解約できるので、とりあえず試しに使ってみるといいでしょう。

申し込む時は損をしないように、代理店を経由してキャッシュバックを忘れずに受け取るようにしてくださいね。

ソフトバンクエアーを申し込む

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ