ポケットWiFiやWiMAXを専門家が比較しておすすめするサイト

ネトコネ

WiMAX

WiMAXでYouTubeは観られる?通信速度や速度制限になる通信量は?

WiMAXでYouTubeは観られる?通信速度や速度制限になる通信量は?

一番有名な動画配信サービスと言えば「Youtube」ですよね。

お気に入りのユーチューバーの動画を観るのが日課になっている人も多いと思います。

 

この記事ではWiMAXでYoutubeを視聴できるのか詳しく解説しています。

Youtubeに必要な通信速度やデータ通信量の他に、おすすめのポケットWiFiも紹介しているのでよかったらご覧ください。

Youtubeに必要な通信速度は?

Youtubeを観るために最低限必要なインターネットの通信速度は「0.5Mbps(500Kbps)」です。

思ったよりも速い速度は必要ないですね。

しかしこれはあくまで「Youtubeを観るための最低限の通信速度」なので、実際は高画質になるほど速い通信速度が必要になります。

 

画質毎に必要な通信速度は以下のようになっています。

画質 通信速度
144p 0.5Mbps
240p 0.5Mbps
360p 0.8Mbps
480p(SD) 1.1Mbps
720p(HD) 2.5Mbps
1080p(フルHD) 5Mbps
4K 20Mbps

Youtubeに必要な通信速度|Youtube公式サイト

 

動画の解像度ごとの画面のクオリティは以下のようになっています。

画質 内容
144p 画面がとても荒い
240p 144pより綺麗だが、まだまだ荒い
360p Youtubeの標準画質。スマホで観るなら十分な画質。
480p(SD) DVDと同じ画質。スマホできれいに見えるし、大画面でも問題なし。
720p(HD) 大画面でも綺麗に見える高画質。
1080p(フルHD) Blu-rayと同じ画質。とても綺麗。
4K 最高画質。ただし端末が4Kに対応している必要がある。

Youtubeの画質設定は標準では「自動」になっていて、利用している端末や通信速度によって画質が調整されています。

画面右下の歯車マークをクリックして「画質」を選べば、手動で変更できます。

Youtubeの画質設定画面

自動だとスマホの小さな画面でも「360p」に設定されるので、360p以下の画質はほとんど利用することはありません。

 

またスマホの場合は480p以上画質がよくなっても、画面が小さいので違いがよくわからなくなります。

Youtubeをスマホで観る時は「360p~480p」、スマートテレビなど大きな画面で観る時は「720~1080p」利用できれば十分でしょう。

 

つまりYoutubeに必要な通信速度は「0.8Mbps~5Mbps」です。

4K画質は20Mbpsの通信速度が必要ですが、まだまだ4Kに対応している動画は少なく、1080pでも十分綺麗なので、画質の違いを感じにくいので気にする必要はあまりありません。

WiMAXの最大通信速度は1,237Mbps

WiMAXは最大通信速度1,237Mpbsの非常に高速なポケットWiFiです。

実測値でも平均10Mbps~30Mbps程度の通信速度がでるため、Youtubeに必要な通信速度は0.8~5Mbpsを大きく上回っています。

 

ポケットWiFiだと動画を観れないと考えている人もいるかもしれませんが、WiMAXは通信速度が速いので全く問題ありません。

快適にYoutubeを視聴することができます。

WiMAXでYoutubeを観るときは速度制限に注意

WiMAXは高速なポケットWiFiなので通信速度は問題ありません。

しかしWiMAXでYoutubeを観る時には、WiMAXの速度制限に気をつけないといけません。

 

WiMAXは月間データ量に制限はありませんが、「3日間で10G以上」使うと翌日の夜に速度制限にかかります。

内容
速度制限にかかるデータ通信量 直近3日間で10G以上
速度制限にかかる時間帯 翌日の18時~翌2時まで
速度制限後の通信速度 1Mbps

関連記事:Wimaxは速度制限なしで使える?解除の方法は?

WiMAXの速度制限を回避するためには3日間のデータ使用量を合計10Gに抑える必要があります。

 

10GになるまでにYoutubeを視聴できる時間は以下のようになっています。

画質 データ量10Gになる時間
144p 83時間
240p 59時間
360p 30時間
480p(SD) 16時間
720p(HD) 10時間
1080p(フルHD) 5時間
4K 1.4時間

Youtubeの標準動画(360p)であれば、3日間で30時間、1日あたり10時間の動画を観ることができるので、速度制限にかかかることはほぼありません。

SD動画も1日5時間以上動画を観ることができるので、休みの日に動画を見続けない限りは速度制限の心配はないでしょう。

スマホの場合はSD画質(480p)以上の画質にしてもあまり違いがないので、スマホでYoutubeを観るなら速度制限はあまり気にしなくても大丈夫です。

 

しかしフルHD画質(1080p)の場合は3日で5時間の動画を観るとで10Gを越えてしまいます。

これは毎日2時間、映画を観ると速度制限にかかってしまう計算になります。

スマートテレビなどの大画面で、Youtubeの高画質動画を観ると、WiMAXの速度制限にかかってしまうので注意しましょう。

速度制限後もYoutubeの標準動画は視聴できる

WiMAXは速度制限にかかってしまった後も、Youtubeの標準動画(360p)は視聴できます。

WiMAXは他社に比べて速度制限がゆるく速度制限後も1Mbps程度の通信速度がでるためです。

Youtubeの標準動画に必要な通信速度は0.8Mbpsなので、WiMAXの速度制限後も普通にYoutubeの動画を楽しむことができます。

SD画質(480p)も推奨通信速度が1.1Mbps程度なので、最初の読み込みに時間がかかることもありますが十分に視聴可能です。

 

またWiMAXの速度制限は夜18時~翌2時までの間です。

それ以外に朝や日中の時間帯であれば速度制限にかからないので、3日10Gを超えてもYoutubeの高画質動画を観ることができます。

速度制限のない完全無制限のポケットWiFi

WiMAXは3日間10Gの速度制限がありますが、SD画質までなら速度制限にかかることもありませんし、速度制限後も動画を視聴できます。

そのためスマホの画面でYoutubeの動画を観るなら問題ありません。

しかしスマートテレビなどの大画面で「高画質動画を長時間観たい方」は、すぐに速度制限にかかってしまうので、おすすめできません。

 

フルHDの高画質動画を観たい方は、速度制限なしで使えるポケットWiFi「どんなときもWiFi」がおすすめです。

速度制限のない完全無制限のポケットWiFi

どんなときもWiFiの特徴

  • 月額3,480円と料金が安い
  • 短期間の速度制限もない完全無制限
  • ドコモ、au、ソフトバンクのLTE回線に全て対応
  • 海外でも利用できる

ポケットWiFiはどのサービスも速度制限がありますが、どんなときもWiFiは次世代技術の「クラウドSIM」を使っていて、速度制限にかかっても自動でSIMを入れ替えてくれます。

回線側で速度制限にかかっても、SIMカードを入れ替えることで実質、無制限で利用することができます。

 

どんなときもWiFiは完全無制限で利用できるポケットWiFiなので、速度制限を気にせずに長時間動画を観たい方におすすめです。

>>どんなときもWiFiの公式サイトをみてみる

WiMAXでYoutubeは視聴可能だが速度制限もあり

  • Youtubeに必要な通信速度は0.5~5Mbps
  • WiMAXは通信速度は問題なし
  • ただしWiMAXは「3日間10G」の速度制限に注意
  • スマホでの動画視聴はOKだが「大画面で高画質動画を観る」と速度制限にかかる

WiMAXでもYoutubeは十分視聴可能です。

主にスマホで動画を観たり、画質にこだわりがなければWiMAXでもOKです。

わたしもWiMAXを使ってYoutubeの動画をよく観ていましたが、特に不便を感じませんでした。

 

しかしWiMAXは「3日間10Gの」速度制限があるため、「高画質動画を長時間観る」と速度制限にかかってしまいます。

スマートテレビなどの大画面で高画質動画を観たいなら、速度制限のない完全無制限で利用できるポケットWiFiや光回線を利用したほうがいいでしょう。

 

面倒なことをせずにポケットWiFiで高画質動画を長時間観たい方は、完全無制限で速度制限のない「どんなときもWiFi」がおすすめです。

>>どんなときもWiFiの公式サイトをみてみる

-WiMAX

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.