光回線

auひかりの特徴や注意点を詳しく解説!

auひかりの特徴や注意点を詳しく解説!

auひかりがお得かどうか気になっていませんか?

 

光回線は種類が多いので「どれを選べばいいかわからない」と悩んでいる方も多いと思います。

auひかりはauの携帯料金がセット割引になるのでauユーザーにおすすめの光回線です。

 

この記事ではauひかりの特徴や注意点を詳しく解説していきます。

どのプロバイダを選べばau光が一番お得になるのかも詳しく紹介しているので、プロバイダ選びに悩んでいる方もぜひご覧ください。

au光をみてみる

auひかりの料金プラン

光回線は契約する建物が「戸建て」か「マンション」で料金プランが変わります。

auひかりのそれぞれの料金プランの内容は以下のようになります。

戸建て マンション
初期費用 3,000円 3,000円
工事費 37,500円
※実質無料キャンペーン中
30,000円
※実質無料キャンペーン中
月額料金 5,100円
※プロバイダによって変わる
3,400~4,100円
※マンションによって変わる
ひかり電話(オプション) 500円
※3年間無料
500円
※2年間無料
キャッシュバック 最大61,000円 最大20,000円
契約期間 2~3年 2~3年

工事費は分割払いとなりますが、月額料金の割引で相殺されて0円になるため実質無料となります。

 

auひかりには複数のプロバイダがあり、月額料金やキャッシュバック金額はプロバイダによって変わります。

そのためauひかりを申し込む時はプロバイダ選びが重要になります。

後からご案内しますが、au光のプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめです。

auひかりの解約金

auひかりの解約金は契約プランによりかわります。

プラン 解約金
戸建て ずっとギガ得プラン(3年) 15,000円
ギガ得プラン(2年) 9,500円
マンション お得プランA 7,000円
お得プラン 9,500円

戸建てプランは3年契約と2年契約があり、それぞれ解約金が変わります。

またマンションプランは、住んでいるマンションによって解約金が変わります。

 

どのプランも契約満了の翌月から2ヶ月間は解約金なしで解約できます。

auひかりの特徴・メリット

  • auユーザーは月額料金が最大1,000円割引
  • 光回線は高速で安定している

auユーザーは月額料金が最大1,000円割引

auひかりをauユーザーが利用すると、「auスマートバリュー」で携帯料金が割引になります。

割引される金額は料金プランによって変わり、最大1,000円が割引されます。

料金プラン データ量 ドコモ光セット割
データMAX 4G
データMAX 5G
無制限 1,000円
ピタットプラン 4G
ピタットプラン 5G
1G超~7G 500円
~1Gまで 割引対象外

セット割はauを利用している家族みんなに適応されるので、auの携帯電話を利用している家族が多いほど、割引額が大きくなりお得になります。

 

auスマートバリューを利用するには光回線とオプションのひかり電話に加入する必要がありますが、ひかり電話は最大3年間無料で利用できますし、無料期間が終わった後も、1人でもauスマートバリューが適応されればひかり電話が実質無料になるので利用したほうがお得です。

光回線は通信速度が高速で安定している

光回線は通信速度が速く、通信が安定しているのが特徴です。

これは基地局から利用者の自宅まで光ケーブル(有線)を利用しているためです。

 

ポケットWiFiなどの無線通信は電波を利用しているので、電波干渉を受けて通信速度が低下したり、建物の構造上繋がりにくくなることがあります。

昔に比べれば無線通信も高速化が進み通信がだいぶ安定してきていますが、有線を使った光回線に比べると、通信速度や安定性はまだ及びません。

 

光回線は無線に比べて通信が安定しやすく通信速度も無線に比べて高速なので、4Kや8Kなどの高画質動画を視聴したりオンラインゲームをする時に役立ちます。

auひかりの注意点・デメリット

  • 一部利用できないエリアがある
  • auユーザー以外はセット割がないので月額料金が高くなる
  • 開通まで2週間~1ヶ月程度かかる
  • プロバイダ選びを間違えると損をする

一部利用できないエリアがある

auひかりは全国で利用できるわけではなく、一部のエリアでは利用できません。

具体的には関西と中部エリアは戸建てタイプのサービスの提供をしていません。

auひかりの戸建てタイプが利用できないエリア

関西エリア

大阪府、滋賀県、京都府、兵庫県、奈良県、和歌山県

中部エリア

岐阜県、愛知県、静岡県、三重県

auひかりを提供するKDDIグループは関西電力グループの「eo光」と業務提携をしており、中部電力系列の「コミュファ光」を子会社化しています。

そのため「eo光」が提供されている関西エリアと「コミュファ光」が提供されている中部エリアでは戸建てタイプの提供はしていません。

 

ただし関西エリアと中部エリアでも、マンションタイプは申し込みできます。

またお住まいのマンションによっても申し込みできない可能性があります。

 

auひかりが利用できるかどうかはau光やプロバイダのサイトから簡単に調べることができます。

auひかりを申し込む前にまずは自分のお住まいがを利用できるか確認してみましょう。

auひかりのエリアを確認する

auひかりが利用できないエリアにお住まいの場合は他の光回線を申し込みましょう。

開通まで2週間~1ヶ月ほどかかる

auひかりは新規契約の場合、申し込んでからケーブルの引き込み作業などが必要になるので開通まで2週間程度かかります。

3月や8月などの混雑する時期には1ヶ月程度時間がかかることもあります。

 

auひかりに限らず光回線全般にいえることですが、開通作業が必要になるので申し込んでもすぐに使えるわけではありません。

すぐにインターネットが使いたい方はポケットWiFiやホームルーターも検討してみましょう。

関連リンク無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年8月最新版】

無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年12月最新版】

「無制限ポケットWiFiはどれが一番いいのか」悩んでいませんか? 無制限で使えるポケットWiFiはここ最近増えてきましたが、多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。   この記事では ...

続きを見る

プロバイダ選びを間違えると損をする

光回線などのインターネットを利用するにはau光と一緒に申し込む「プロバイダ」を選ぶ必要があります。

どのプロバイダを選んでも利用できる回線は同じですが、プロバイダによってサービス内容や料金プラン、キャッシュバック金額が違うためプロバイダ選びを間違えると損をしてしまいます。

 

お得なプロバイダについては次に詳しく紹介するので参考にしてください。

auひかりのプロバイダはどこがおすすめ?

光回線を利用する時は「回線」と、回線を提供する「プロバイダ」を選ぶ必要があります。

au光には全部で8つのプロバイダがあり、選んだプロバイダによって月額料金割引やキャッシュバック金額が変わります。

 

auひかりの回線自体のサービスはどのプロバイダを選んでも同じなので、一番特典の多いプロバイダから申し込んだほうがお得です。

au光のプロバイダを総合的に比較すると「GMOとくとくBB」を選ぶのが一番おすすめになります。

auひかりのプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

GMOとくとくBBの特典は「月額料金割引」と「キャッシュバック特典」の2種類があります。

またキャッシュバック特典はWiFiルーターを受け取るかでキャッシュバック金額が変わります。

月額料金 キャッシュバック
キャッシュバック 戸建て
4,900~5,100円
61,000円
54,000円
(WiFiルーター込み)
マンション
3,800~4,100円
51,000円
44,000円
(WiFiルーター込み)
月額割引 戸建て
4,000円
20,000円
マンション
2,600~2,850円
5,000円

どちらの特典も実質費用はほぼ同じですがキャッシュバック特典の方がわずかにお得になります。

 

また戸建てタイプは工事費の分割払いが60ヶ月(5年)かかります。

そのため37ヶ月目以降の月額料金が安いキャッシュバック特典の方が総合的にお得になります。

月額料金
キャッシュバック 4,900円
月額割引 5,400円

auひかりを契約する時はGMOとくとくBBのキャッシュバック特典を選べば間違いありません。

au光(GMO)をみてみる

auひかりまとめ

  • auユーザーは携帯料金が最大1,000円割引
  • 家族にauユーザーが多いほどお得になる
  • プロバイダはGMOとくとくBBがおすすめ

auひかりはauスマートバリューでauの携帯料金が1人最大1,000円割引になるので、auユーザーにおすすめの光回線です。

auスマートバリューに加入すると月額料金の割引以外にも「ルーターの無料レンタル」「5Gプランの無料利用ができる」といった特典がありお得です。

auを利用している方はauひかりが一番オススメの光回線です。

 

auひかりのプロバイダは「GMOとくとくBB」がキャッシュバック金額が多く、実質費用が格安になるのでおすすめです。

au光(GMO)をみてみる

auひかりは一部のエリアでは利用できないので、au光のエリア外だった場合は他の光回線を選びましょう。

 

auユーザーであればauスマートバリューで携帯料金が割引になる「So-net光」がおすすめです。

So-netはソニーグループですがKDDIと提携しているのでauスマートバリューを利用できます。

 

So-netひかりはフレッツ光が使えるエリアならどこでも利用できるので、auひかりが使えないエリアでも利用可能です。

So-net光をみてみる

auユーザーでauひかりが利用できないエリアにお住まいの方は「So-net光」を検討してみてください。

-光回線

© 2020 ネトコネ