ポケットWiFi

THE WiFiの特徴や注意点を詳しく解説!【1日4G月額3,480円】

THE WiFiは使える?特徴と注意点を詳しく解説!

THE WiFi(ザ ワイファイ)は月額3,480円で1日4Gまで利用できるポケットWiFiです。

 

この記事ではTHE WiFiの特徴や注意点を詳しく解説し、他社のポケットWiFiと比較しておすすめできるかどうか紹介します。

THE WiFiが気になっている人や無制限のポケットWiFiを探している方はぜひご覧ください。

THE WiFi(ザ ワイファイ)とは

THE WiFi(ザ ワイファイ)は、2019年3月4日より新しくサービスを開始したポケットWiFiです。

加藤浩次さんが力士の格好をして出演しているCMを観たことのある人もいるかと思います。

月額3,480円で1日4Gまで利用できるポケットWiFiで、クラウドSIMに対応したモバイルルーターを使っているので複数の回線を利用できるのが大きな特徴です。

同じクラウドSIMを使ったポケットWiFi(クラウドWiFi)には「ギガWiFi」や「hi-ho Let's WiFi」、「ポケットモバイルCloud」があります。

関連リンククラウドWiFiとは?メリットや注意点をくわしく解説!

クラウドWiFiとは?メリットや注意点をくわしく解説!

クラウドWiFiをご存知ですか? 最近ポケットWiFiは、クラウドSIMを使った「クラウドWiFi」が勢いを増しています。 クラウドWiFiってなに? どんなメリットがあるの? 注意する点はある? こ ...

続きを見る

THE WiFi公式サイト

THE WiFiの運営会社について

THE WiFiの運営会社は格安SIM「スマモバ」を運営している「スマートモバイルコミュニケーションズ」です。

ポケットWiFiは、スタートしたばかりのベンチャー企業がサービスを提供していることが多いですが、THE WiFiは知名度の高い会社が運営しているサービスなので安心できますね。

THE WiFiの料金プラン

THE WiFiには「ライトプラン」と「通常プラン」の2つの料金プランがあります。

ライトプラン 通常プラン
データ量 1日4G(月124G) 1日4G(月124G)
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,480円 1~3ヶ月目:3,480円
4ヶ月目~:3,842円
WiFiスポット 利用できない 利用できる
契約期間 2年 2年

THE WiFIはもともと無制限プランを提供していましたが、通信速度の低下が何度か低下していたこともあり2020年8月26日より1日4Gまでのデータ量の制限が設けられました。

 

どちらのプランもデータ量は1日4Gまで契約期間は2年になります。

ライトプランと通常プランの違いは「WiFiスポット」が使えるかどうかです。

通常プランは追加で全国15万ヶ所のWiFiスポットが使い放題になります。

 

しかし、通常プランは4ヶ月目以降は月額料金3,842円に高くなるので、WiFiスポットをあまり使わない方は月額3,480円のライトプランを選んだほうがいいでしょう。

THE WiFiの端末

U2s(D1)

製品名 U2s
メーカー GlocalMe
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 151g
サイズ 127 x 65.7 x 14.2mm
連続通信時間 12時間
バッテリー 3,500mAh
同時接続台数 最大5台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

THE WiFiの端末はクラウドSIMに対応したモバイルルーター「U2s」です。

非ディスプレイ型で、電源を入れるだけで使える非常にシンプルな端末です。

 

「どんなときもWiFi」や「Mugen WiFi」など他の多くのクラウドWiFiで採用されている最も普及している端末です。

最大通信速度150Mbpsと決して速くはありませんが、シンプルな構造で故障しにくく、多くのクラウドWiFiで使われているので安心して利用できます。

THE WiFiの特徴

  • 無制限で短期の速度制限もなし
  • 2年目以降はいつでも解約できる
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線に対応
  • アジア17ヶ国で安く使える
  • 全国15,000ヶ所のWiFiスポットが利用できる

無制限で短期の速度制限もなし

ポイント

2020年8月26日より「1日4G」の速度制限が追加されて無制限ではなくなりました。

1日4Gでは足りないという方は1日7Gまで利用できる「hi-ho Let's WiFi」をご利用ください。

THE WiFiは容量無制限で利用できるので、月のデータ量を気にせずにインターネットを利用できます。

 

また無制限のポケットWiFiによくある短期の速度制限もありません。

ポケットWiFiは使いすぎを防ぐために、無制限であっても実際は短期の速度制限があるサービスが多いです。

THE WiFiはクラウドSIMでSIMデータをクラウドサーバーで管理しているので、簡単にSIMデータを入れ替えることができます。

そのため端末のSIMカードを直接入れ替えなくても、サーバー上のSIMデータを入れ替えることで、回線側の速度制限を回避することができます。

2年目以降はいつでも解約できる

THE WiFiは最初に2年の契約期間がありますが、これは「最低利用期間」なので契約は自動更新されません。

そのため2年目以降はいつでも解約できます。

契約更新
THE WiFi なし
ギガWiFi 自動更新
ポケットモバイルCloud 自動更新

一般的なポケットWiFiは、スマホと同じように契約更新月に解約しないと自動更新されるため、解約金無しで解約できるチャンスが少ないです。

契約更新月にうっかり解約し忘れると、長期間利用していたとしても、解約金がかかってしまいます。

 

THE WiFiは2年間利用すればいつでも解約できるので、契約が自動更新になるポケットWiFiと比べると解約時のリスクが少なく、使いやすいです。

ドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応

THE WiFiは「ドコモ」「au」「ソフトバンク」のモバイル回線全てに対応しています。

 

一般的なポケットWiFiは、契約した回線のSIMカードを挿して本体に使うので、1つの回線しか使えません。

しかしTHE WiFiはクラウドSIMを使って、SIMデータをクラウドサーバー上で管理しています。

おかげで簡単にSIMデータを入れ替えることできるため、複数の回線を利用できます。

 

クラウドSIMは、エリアの電波状態をチェックして自動的に適切な回線に切り替わる仕組みになっています。

ただし3つに回線が使えると言っても実際使ってみると、クラウドWiFiはソフトバンク回線に繋がることが多いです。

 

またどのキャリアも人口カバー率が非常に高いので、キャリア回線を使ったポケットWiFiと比較すると、繋がりやすさに大きな違いを感じにくいですね。

アジア17ヶ国で安く使える

アジア17ヶ国で安く使える

THE WiFiの端末「U2s」は、クラウドSIMを使ってるためルーターを持っていけば、世界132カ国でそのままインターネットが利用できます。

THE WiFiを海外で利用する場合「1Gあたり1,250円」の料金が発生します。

ただし、アジア17ヶ国は料金が安く「1Gあたり850円」で利用できます。

1Gあたりの料金
アジア17ヶ国 850円
それ以外の国 1,250円

料金が安く利用できるのは以下の17ヶ国です。

料金が安いアジア17ヶ国

中国 台湾 韓国 香港 マカオ シンガポール インドネシア タイ フィリピン マレーシア ベトナム インド ミャンマー モンゴル ラオス カンボジア バングラデシュ

クラウドWiFiを海外で利用する場合1Gあたり1,000円以上かかることが多いので、上記の国で利用するなら、THE WiFiは他社よりも割安で利用できます。

そのためアジアによく旅行に行く人におすすめです。

全国15,000ヶ所のWiFiスポットが使い放題

THE WiFiは通常プランを申し込むと、全国15,000ヶ所のWiFiスポットが使い放題になります。

公共施設や駅、カフェや飲食店などWiFiスポットがある場所でインターネットに接続できます。

  • スターバックスコーヒー
  • マクドナルド
  • 喫茶室ルノアール
  • ヨドバシカメラ
  • auショップ
  • ドン・キホーテ
  • マツモトキヨシ
  • ビックカメラ

WiFiスポットへの接続は「エコネクト」という専用アプリを利用します。

通常プランに申し込むと専用の「ユーザーID」と「パスワード」が発行されるので、それを使いログインします。

 

エコネクトをインストールしておけば自動的にWiFiスポットに接続してくれるので、SSIDを探してパスワードを入れる必要がなく便利です。

利用できるWiFiスポットはエコネクトの公式サイトやアプリから確認できるので気になる方はチェックしてみてください。

エコネクトのWiFiスポット

エコネクトは、THE WiFiの通常プランを申し込まなくても、月額398円で全WiFiスポットが利用できます。

WiFiスポットを頻繁に使わない人は、ライトプランに申し込んで必要な月だけエコネクトを利用するという使い方もできます。

THE WiFiの注意点

  • 海外で利用すると1G毎に料金がかかる
  • 5Gのアップグレード内容が微妙
  • 端末はレンタルなので返却が必要

海外の利用は1G毎に料金がかかる

先にも話したように、THE WiFiは他のクラウドWiFiと同じように海外で利用でき、1日毎に料金が発生します。

注意したいのは、THE WiFiは「1日3Gまで」利用でき、1G使うたびに料金が増えていく点です。

クラウドWiFiは1日のデータ量の上限が「1日1Gまで」に設定されている事が多いので、1日あたりにかかる料金が決まっていますが、THE WiFiの場合3Gまでは1G毎に料金がかかるので、使いすぎると料金が高額になる可能性があります。

1Gあたりの料金 1日3Gの料金
850円 2,550円
1,250円 3,750円

例えば1Gあたり1,250円の国で3G使った場合、1日で3,750円の料金が発生します。

これはTHE WiFiの月額料金よりも高い金額です。

 

1日のデータ量が多く使えるのは便利ですが、1G使うたびに料金が加算されていくため、海外で利用する時は、データ量の使いすぎに注意が必要です。

不要なときは電源をOFFにして使いすぎないように注意しましょう。

5Gのアップグレード対応が微妙

THE WiFiの公式サイトをみると「5Gアップグレード対応予定」と大きく載っているので、期待している人もいるかと思います。

ただしそのアップグレードの内容を詳しくみてみると、かなり微妙なことがわかります。

当社にて5G対応の環境が整い次第、THE WiFiを24か月以上ご利用のお客様を対象に、5G対応端末への機種変更時の切り替え手数料の3,000円(税抜)を免除いたします。

まずこの5Gアップグレードのサービスは、THE WiFiを2年間利用しないと使えません。

そして2年後に利用しても、3,000円分の機種変更手数料が無料になるだけです。

 

2年後にはほぼすべてのポケットWiFiが「5G」に対応しているでしょうから、他社のポケットWiFiに乗り換えても「5G」にアップグレードできます。

それならTHE WiFiで機種変更するよりも、新規申し込みのキャンペーンが充実している他社のポケットWiFiに申し込んだほうがお得です。

 

「5Gアップグレード対応」といっていますが、実際は機種変更手数料が無料になるだけのサービスなので、あまり大きな期待をしないほうがいいです。

端末はレンタルなので返却が必要

THE WiFiの端末はレンタル品なので、解約後は端末の返却が必要です。

解約後に端末を返却しない場合、レンタル機器損害賠償金として12,000円が発生するので注意しましょう。

 

クラウドWiFiは端末をレンタルするサービスが多いですが、端末の返却が必要ないポケットWiFiもあります。

解約後の端末
THE WiFi 返却
Mugen WiFi 2年間利用すれば返却不要
hi-ho GoGo Wi-Fi 返却不要

手元に残った端末は、SIMカードだけ契約すればモバイルルーターとして再利用できます。

U2sは海外のSIMカードを挿せば海外でも利用できるため、海外旅行でも使えます。

 

契約終了後に端末が欲しい人は、レンタルではなく端末が手にはいるポケットWiFiを選んだほうがいいでしょう。

THE WiFiと他社ポケットWiFiの比較

次に「THE WiFi」と「どんなときもWiFi」を比較していきます。

どんなときもWiFiは、クラウドSIMを使ったポケットWiFiの先駆けとも言えるサービスです。

 

THE WiFiとどんなときもWiFiの比較は以下のようになります。

THE WiFi どんなときもWiFi
月間データ容量 1日4G 無制限
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,480円(ライトプラン) 1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目~:3,980円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
端末 U2s D1(U2s)
回線 LTE(au、ドコモ、ソフトバンク) LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
速度制限 なし なし
契約期間 2年(更新なし) 2年(自動更新)
支払い方法 クレジットカード クレジットカード、口座振替
端末の利用方法 レンタル レンタル

2つのサービスを比較すると以下のことがわかります。

  • 端末や回線エリア、通信速度、契約期間はすべて同じ
  • 月額料金は同じ
  • THE WiFiは2年目以降はいつでも解約できる
  • どんなときもWiFiは口座振替可能

2つともクラウドWiFiで端末も同じなので、回線エリア、通信速度などは同じです。

料金に関しては月額料金は同じですが、THE WiFiは初期費用が無料なので、その分合計費用が安くなります。

またどんなときもWiFiは契約が2年間の自動更新ですが、THE WiFiは最低利用期間が2年なので、2年目以降はいつでも解約できます。

 

サービスは似ていますが、料金や契約期間などを考えると総合的にTHE WiFiのほうがどんなときもWiFiよりおすすめです。

THE WiFi公式サイト

どんなときもWiFiは通信障害が発生して新規受付を停止しており、10月31日でサービスを終了します。

現在申し込みするならどTHE WiFiを利用することをおすすめします。

THE WiFiのまとめ

  • 月額3,480円で1日4Gまで利用できる
  • 2年目以降はいつでも解約できる
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線に対応
  • アジア17ヶ国で安く使える
  • 全国15,000ヶ所のWiFiスポットが利用できる

THE WiFiは、月額3,480円で1日4Gまで利用できるポケットWiFiです。

3つの回線が使えるクラウドWiFiで、2年間利用すればいつでも解約できます。

 

新型コロナウィルスの影響で月100G以上利用できるポケットWiFiは数が少なくなっています。

大容量のポケットWiFiを探している方はTHE WiFiの利用を検討してみてはどうでしょうか。

THE WiFiをくわしくみてみる

無制限のポケットWiFiは「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年最新版】」でも詳しく解説しています。

ポケットWiFiを探している人はこちらの記事もあわせてご覧ください。

無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年9月最新版】

「無制限ポケットWiFiはどれが一番いいのか」悩んでいませんか? 無制限で使えるポケットWiFiはここ最近増えてきましたが、多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。   この記事では ...

続きを見る

 

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ