光回線

ソフトバンク光の特徴と注意点を詳しく解説!【ワイモバイルが割引】

ソフトバンク光の特徴と注意点を詳しく解説!【ワイモバイルが割引】

ソフトバンク光が気になっていませんか?

ソフトバンク光はソフトバンク、ワイモバイルの携帯料金がセット割引になるので、それらの携帯を使っている方におすすめの光回線です。

 

この記事ではソフトバンク光の特徴や注意点を詳しく解説していきます。

申し込む前に知っておきたい注意点やソフトバンク光をお得に申し込む方法も紹介しているので、ソフトバンク光の申込みを検討している方や損をしたくない方はぜひご覧ください。

ソフトバンク光とは

ソフトバンク光はNTTの「フレッツ光」を使った光回線サービス「光コラボレーション」の1つです。

 

光コラボレーションはフレッツ光の光回線と各社の独自のサービスを組み合わせた光回線のことです。

回線自体はNTTのフレッツ光を利用していますが、それに加えて各社独自のサービスがあるのが特徴です。

また回線とプロバイダの料金がセットになっているので、フレッツ光のように回線とプロバイダから別々に料金が請求されることがありません。

 

ソフトバンク光はソフトバンクやワイモバイルの携帯料金がセット割引になるという大きな特徴があります。

そのためソフトバンク、ワイモバイルユーザーにおすすめの光回線です。

ソフトバンク光をみてみる

ソフトバンク光の料金プラン

ソフトバンク光の戸建て、マンションタイプの料金プランは以下のようになります。

戸建て マンション
最大通信速度 1Gbps 1Gbps
初期費用 3,000円 3,000円
工事費 2,000~24,000円
※工事内容によって変わる
2,000~24,000円
※工事内容によって変わる
月額料金 5,200円 3,800円
ひかり電話(オプション) 500円 500円
キャッシュバック 34,000円 34,000円
契約期間 2年 2年

ソフトバンク光の工事費は工事内容によって変わります。

  • 光コンセントなし(立ち会いあり):24,000円
  • 光コンセントあり(立ち会いあり):9,600円
  • 機器送付(立ち会いなし):2,000円

ソフトバンク光では他社から乗り換えた方を対象に、工事費をキャッシュバックするキャンペーンを実施しています。

そのため他社の光回線から切り替えれば工事費は実質無料になります。

ソフトバンク光の解約金

ソフトバンク光には2年の契約期間があり途中で解約すると9,500円の解約金が発生します。

解約金
契約更新月以外 9,500円
契約更新月 無料

ソフトバンク光の特徴・メリット

  • おうち割 光セットで携帯料金が最大1,000円割引
  • 他社からの乗り換えで工事費が無料

おうち割 光セットで携帯料金が最大1,000円割引

ソフトバンク光を利用すると、ソフトバンクとワイモバイルの携帯料金が最大1,000円割引になる「おうち割 光セット」が利用できます。

 

ソフトバンクは「スマホデビュープラン」以外のプランは毎月1,000円割引になります。

ソフトバンク 割引額
メリハリプラン 1,000円
ミニフィットプラン 1,000円
スマホデビュープラン 割引対象外

ワイモバイルの場合、現在の料金プランである「スマホベーシックプラン」を利用している方は毎月500円割引になります。

ワイモバイル 割引額
スマホベーシックプラン S/M/R/L
スマホプラン S
データベーシックプラン L
データプラン L
Pocket WiFi プラン 2
500円
スマホプランM/R 700円
スマホプランL 1,000円
スマホベーシックプランSS 割引対象外

またポケットWiFiなども月額料金が割引になります。

ソフトバンク光1回線につき、最大10人の家族まで携帯料金の割引が適応されるので、家族にソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーが多いほどお得になります。

 

特にワイモバイルの携帯料金が割引になる光回線はソフトバンク光しかありません。

そのためワイモバイルを利用している方はソフトバンク光の利用をおすすめします。

 

おうち割で携帯料金の割引を受けるためには、オプションへの加入が必要になります。

他社からの乗り換えで工事費が無料

ソフトバンク光は他社の光回線やモバイル回線から乗り換えた場合、工事費が実質無料になるキャッシュバックキャンペーンを開催しています。

工事内容 工事費 キャッシュバック
設備、光コンセントなし 24,000円 24,000円
設備、光コンセントあり 9,600円 10,000円
立ち会い不要 2,000円

また違約金、撤去費用、端末代金の残債も最大10万円まで負担してくれる「安心乗り換えキャンペーン」も実施しているので、契約期間中であってもソフトバンク光に乗り換えしやすくなっています。

 

光回線には「フレッツ光」から乗り換える「転用」と、他の光コラボレーションから乗り換える「事業者変更」があります。

  • 転用:フレッツ光から乗り換えること
  • 事業者変更:他の光コラボレーションから乗り換えること

転用や事業者変更の場合は、キャッシュバックキャンペーンの対象外になります。

ただし転用や事業者変更の場合はすでに光回線の工事が終わっているので工事費はそもそもかかりません。

 

例えば「auひかり」からソフトバンク光に乗り換えた場合は、工事が必要となりキャンペーンの対象になりますが「ドコモ光」からソフトバンク光に乗り換えた場合は「事業者変更」になるので工事は必要ありません。

ソフトバンク光の注意点・デメリット

  • 乗り換えでない場合は工事費がかかる
  • おうち割 光セットはオプションの加入が必要
  • IPv6を使うには光BBプラス(有料)が必要

乗り換えでない場合は工事費がかかる

ソフトバンク光は工事費がキャッシュバックされる乗り換えキャンペーンを実施していますが、これは他社回線からソフトバンク光に乗り換えた方が対象となります。

今までインターネットを利用していなかった新規契約者の方はキャンペーンの対象外となり、工事費がそのままかかるので注意しましょう。

またソフトバンクエアーやソフトバンクADSLなどのソフトバンクのサービスを既に利用している方も乗り換えキャンペーンの対象外となります。

 

ソフトバンク光の工事費は工事内容によってかわりますが、今までインターネットを利用していない人は、屋外と屋内工事が必要になるでしょうから24,000円の工事費がかかります。

  • 屋外工事あり:24,000円
  • 屋内工事のみ:9,600円
  • 機器送付(立ち会い不要):2,000円

乗り換え時の工事費負担や違約金負担のキャンペーンがあるため、ソフトバンク光を利用するなら他社から乗り換えたほうが工事費の負担がかからずお得です。

「おうち割 光セット」の利用にはオプションの加入が必要

ソフトバンク光の大きな特徴として、ソフトバンクとワイモバイルの携帯料金が割引になる点があります。

ただし「おうち割 光セット」を利用するには条件があり、「おうち割 光セットオプション(月額500円)」への加入が必要です。

 

「おうち割 光セットオプション」は複数のオプションをまとめてセットにしたものです。

  • 光BBユニットレンタル
  • 「Wi-Fiマルチパック」または「Wi-Fi地デジパック」
  • 「ホワイト光電話」、「BBフォン」または「光電話(N)およびBBフォン」

おうち割 光セットを利用すれば携帯料金が最低500円は割引になるのでオプションに加入して損をすることはありません。

ただし割引分が相殺されてしまうので月額料金の割引

高速化技術「IPv6」を使うには光BBプラス(有料)が必要

光回線の高速化技術に「IPv6(IPv4 over IPv6 )」というサービスがあります。

通信速度が速くなるので利用したいサービスですが、IPv6は利用できる回線と利用できない回線があります。

 

ソフトバンク光はIPv6を利用できますが、利用するためには有料オプションの「光BBユニット」が必要です。

ソフトバンクやワイモバイルを利用している方は「おうち割 光セットオプション」に光BBユニットが含まれているので、実質無料でIPv6を利用できますが、それ以外の方は追加オプションの光BBユニット(月額467円)を契約しないといけません。

 

ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザー以外はIPv6を利用するために、月額467円が追加でかかるのでその分月額料金が割高になります。

 

光回線の中にはNURO光のようにIPv6を無料で利用できるサービスもあります。

ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザー以外はIPv6が利用できる他社の光回線を使ったほうがいいでしょう。

関連リンクNURO光の特徴と注意点を詳しく解説!【2Gbpsの高速光回線】

NURO光の特徴と注意点を詳しく解説!【2Gbpsの高速光回線】

NURO光は最大通信速度2Gbpsで利用できる光回線です。 他社に比べて月額料金が安く通信速度が速いのでおすすめの光回線です。   この記事ではNURO光の特徴や注意点を詳しく解説していきま ...

続きを見る

ソフトバンク光をお得に申し込む方法

次にソフトバンク光の申込みを考えている方のために、ソフトバンク光をお得に申し込み方法をご紹介します。

といってもやり方は非常に簡単でソフトバンク光の公式サイトではなく「販売代理店」を通して申し込むだけです。

 

ソフトバンク光は公式のキャンペーンに加えて販売代理店が独自のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

販売代理店から申し込めば、ソフトバンク光と販売代理店の2つのキャンペーンを一緒に利用できるので、よりお得にソフトバンク光を利用できます。

 

ソフトバンク光を申し込むならソフトバンク正規販売代理店の「S&Nパートナーズ」から申し込むのが一番おすすめです。

  • 新規契約でキャッシュバックが34,000円
  • 転用、事業者変更はキャッシュバック15,000円
  • 2ヶ月後にはキャッシュバックが受け取れる

「S&Nパートナーズ」から申し込むだけで、公式の乗り換えキャンペーンに加えて、2ヶ月後に34,000円の高額キャッシュバックを受け取ることができるので非常にお得です。

ソフトバンク光を公式サイトで申し込むと損をしてしまうので、高額キャッシュバック金額がもらえる「S&Nパートナーズ」から申し込むのがおすすめです。

ソフトバンク光をみてみる

ソフトバンク光まとめ

  • ソフトバンク、ワイモバイルユーザーは割引になる
  • 乗り換えキャンペーンで工事費が無料
  • 最大10万円まで解約金や端末代金を負担してくれる
  • IPv6を利用するには「光BBユニット」が必要

ソフトバンク光はソフトバンクとワイモバイルの携帯料金が割引になるので、ソフトバンクユーザーとワイモバイルユーザーにおすすめの光回線です。

特にワイモバイルが割引になる光回線はソフトバンク光しかないので、ワイモバイルユーザーにおすすめできます。

ソフトバンク光をみてみる

デメリットとしてはソフトバンクとワイモバイルユーザー以外は割引がなく、IPv6を利用するために「光BBユニットレンタル(月額467円)」の加入が必要になるので月額料金が割高になる点です。

ソフトバンク、ワイモバイルユーザーでない方はソフトバンク光を選ぶメリットがあまりないため、他社の光回線を契約するのがおすすめです。

 

ソフトバンク光と同じように携帯3社は光回線と携帯料金のセット割を展開しています。

そのためドコモユーザーなら「ドコモ光」、auユーザーなら「auひかり」がおすすめです。

ドコモ光の特徴と注意点を契約者が詳しく解説【おすすめのプロバイダは?】

ドコモ光が気になっていませんか?   光回線は種類が多いので「どれを選べばいいかわからない」と悩んでいる方も多いと思います。 ドコモ光はドコモの携帯を使っているとセット割引になるので、ドコモ ...

続きを見る

auひかりの特徴や注意点を詳しく解説!

auひかりがお得かどうか気になっていませんか?   光回線は種類が多いので「どれを選べばいいかわからない」と悩んでいる方も多いと思います。 auひかりはauの携帯料金がセット割引になるのでa ...

続きを見る

それ以外のスマホを利用している方は、利用できるエリアが限られますが月額料金が安く通信速度が2Gbpsと高速な「NURO光」がおすすめです。

NURO光はソフトバンクの割引もあるので、ソフトバンクユーザーにはソフトバンク光よりもおすすめ光回線です。

関連リンクNURO光の特徴と注意点を詳しく解説!【2Gbpsの高速光回線】

NURO光の特徴と注意点を詳しく解説!【2Gbpsの高速光回線】

NURO光は最大通信速度2Gbpsで利用できる光回線です。 他社に比べて月額料金が安く通信速度が速いのでおすすめの光回線です。   この記事ではNURO光の特徴や注意点を詳しく解説していきま ...

続きを見る

-光回線

© 2020 ネトコネ