ポケットWiFi

NOMAD SIM(ノマドシム)は微妙?特徴や注意点を詳しく解説!

OMAD SIM(ノマドシム)は微妙?特徴や注意点を詳しく解説!

NOMAD SIMは、大容量のSIMカードをレンタルできるサービスです。

SNSで話題になっているのでどんなサービスか気になっている方も多いのではないでしょうか。

 

結論からいうと、NOMAD SIMはサービスは悪くはないですが、他に料金が安いサービスがあるので特別おすすめではありません。

この記事ではNOMAD SIMの特徴や注意点をまとめて、他社のネットサービスと比較しています。

NOMAD SIMが気になっている方や大容量のSIMカードを探している方はぜひご覧ください。

NOMAD SIM(ノマドシム)とは

NOMAD SIM(ノマドシム)は、「株式会社Nomad Works」が2019年7月よりサービスを開始したSIMカードをレンタルできるサービスです。

「月額3,600円で100G」「月額4,200円で300G」まで利用できる大容量のSIMサービスです。

無料でポケットWiFiをレンタルできるので、手元にモバイルルーターがなくてもポケットWiFiとして利用することもできます。

回線はソフトバンクを利用しています。

NOMAD SIM公式サイト

NOMAD SIMの料金プラン

NOMAD SIMには3つの料金プランがあります。

料金プラン 月間データ量 月額料金
MINI 20G 2,600円
BASIC 100G 3,600円
PRO 300G 4,200円
事務手数料 3,000円

事務手数料は一律3,000円で、月額料金も変わらないのでシンプルでわかりやすい料金体系になっています。

サービス開始当初は「BASIC」と「PRO」の2つのプランでしたが、2020年4月に20Gまで利用できる「MINI」が追加されました。

NOMAD SIMの特徴・メリット

契約期間なしで解約金がかからない

NOMAD SIMは契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約金がかかりません。

スマホやポケットWiFiはユーザーの囲い込みのために2~3年の契約期間があるのが一般的です。

契約期間があると途中で解約すると解約金がかかってしまうため、解約金が0円になる「契約更新月」以外は解約しにくくなっています。

 

NOMAD SIMは契約期間がないので、解約金を気にせずに自分の好きなタイミングで解約できます。

「短期間だけ使いたい」という時にも役立ちますね。

契約期間がないので、「契約更新月に解約し忘れて契約が自動更新される」というリスクも避けることができます。

端末が無料でレンタルできる

NOMAD SIMは2020年2月からSIMだけでなくモバイルルーターも無料でレンタルできるようになりました。

一般的にはSIMだけレンタルするプランよりも、モバイルルーターをレンタルするプランのほうが料金が高くなることが多いですが、NOMAD SIMは料金も変わりません。

 

モバイルルーターもSIMカードと一緒にレンタルできるので、モバイルルーターを持っていなかった人はいちいちモバイルルーターを購入しなくても気軽にポケットWiFiを利用できるようになりました。

NOMAD SIMの注意点・デメリット

月額料金が高い

NOMAD SIMは最大300Gと大容量ですが、300Gで月額料金4,200円と料金は高めです。

月額料金
NOMAD SIM(300G) 4,200円
ポケットモバイルCloud(無制限) 3,250円
クラウドWiFi東京(無制限) 3,380円

ポケットWiFiは月額料金3,500円以下で無制限で使えるポケットWiFiが増えているので、NOMAD SIMは他社と比べると月額料金が割高です。

 

100Gプランも同じソフトバンク回線を使っている「FUJI WiFi」のほうが月額料金は安くなります。

月額料金
NOMAD SIM(100G) 3,600円
FUJI WiFi(100G) 3,280円
FUJI WiFi(SIMプラン100G) 2,980円

NOMAD SIMは大容量で使えますが、月額料金は安くありません。

他に料金が安いポケットWiFiやSIMサービスがあるので、費用を抑えたいなら他社のネットサービスを使ったほうがお得です。

NOMAD SIMの端末

NOMAD SIMは、2020年2月からSIMだけでなくルーターを無料でレンタルすることができるようになりました。

レンタルできるのは「JT101」という端末になります。

JT101

製品名 JT101
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 90g
サイズ 92 x 58 x 13mm
連続通信時間 8時間
バッテリー 2,700mAh
同時接続台数 最大10台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

「JT101」は小型でコンパクトな端末です。

ソフトバンク回線のポケットWiFiは富士ソフト社の「FS030W」が使われることが多く「JT101」はあまり見かけない端末です。

NOMAD SIM以外では「どこよりもWiFi」の20Gプランで使われています。

 

FS030Wと比べると連続通信時間は8時間と短いですが、JT101のほうが小型で軽量なので持ち運びするときにバッグやポケットにいれていても邪魔になりません。

最大通信速度は150Mbpsと変わらないので、通信速度に違いはありません。

NOMAD SIMと他社の比較

FUJI WiFiとの比較

NOMAD SIMと「FUJI WiFi」を比較します。

FUJI WiFiは国内向けのレンタルWiFiを早くから開始しているポケットWiFiです。

NOMAD SIMと同じようにソフトバンク回線を利用していて、契約期間の縛りがないのが特徴です。

 

2つのポケットWiFiを比較して表にまとめると以下のようになります。

NOMAD SIM FUJI WiFi
月間データ容量 20G、100G、300G 25G、50G、100G、無制限
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 20G:2,600円
100G:3,600円
300G:4,200円
25G:2,480円
50G:2,980円
100G:3,280円
無制限:3,980円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
端末 JT101 FS030W
回線 ソフトバンク ソフトバンク
速度制限 データ量を超えると制限 データ量を超えると制限
契約期間 なし なし
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
端末の利用方法 レンタル レンタル
  • 回線や端末の最大通信速度は同じ
  • すべてのプランでFUJI WiFiの方が月額料金が安い

回線の種類やエリア、端末のスペックはどちらも違いはありませんが、料金はFUJI WiFiのほうが安いのでお得です。

SIMプランの比較

FUJI WiFiにはSIMだけレンタルする「SIMプラン」もあります。

SIMプランは最大200Gまで利用でき、モバイルルーターがない分、ルータープランよりも月額料金が安くなっています。

 

NOMAD SIMとFUJI WiFiのSIMプランの料金を比較すると以下のようになります。

データ量 NOMAD SIM FUJI WiFi(SIMプラン)
20G 2,600円 1,980円
100G 3,600円 2,980円
200G - 3,480円
300G 4,200円 -

FUJI WiFiのSIMプランは最大200Gまでしかありませんが、NOMAD SIMの月額料金と比較すると圧倒的に安いことが分かると思います。

総合的にFUJI WiFiのほうがおすすめ

2つのサービスは、同じソフトバンク回線を使っていて、端末の性能にも違いがありません。

「ルータープラン」と「SIMプラン」どちらのプランもNOMAD SIMより料金が安いことを考えると、FUJI WiFiのほうがNOMAD SIMよりおすすめです。

FUJI WiFiをみてみる

クラウドWiFi東京との比較

次にNOMAD SIMと「クラウドWiFi東京」を比較します。

クラウドWiFi東京は、次世代技術「クラウドSIM」を使ったクラウドWiFiで、複数の回線を使えるのが特徴です。

クラウドWiFiは2年契約のサービスがほとんどですが、クラウドWiFi東京は契約期間の縛りがないのが大きな特徴です。

 

NOMAD SIMの「PRO(300G)プラン」とクラウドWiFi東京を比較すると以下のようになります。

NOMAD SIM クラウドWiFi東京
月間データ容量 300G 無制限
初期費用 3,000円 3,980円
月額料金 4,200円 3,380円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
端末 JT101 U2s
回線 ソフトバンク LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
速度制限 データ量を超えると制限 なし
契約期間 なし なし
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
端末の利用方法 レンタル レンタル
  • クラウドWiFi東京の方が月額料金が820円安い
  • クラウドWiFi東京は無制限で利用できる
  • クラウドWiFi東京は複数のモバイル回線が利用できる

クラウドWiFI東京はNOMAD SIMより初期費用が980円高いですが、月額料金が820円安いので2ヶ月利用すればNOMAD SIMよりも安くなります。

またNOMAD SIMと違い無制限で利用できます。

総合的に考えるとNOMAD SIMよりクラウドWiFi東京のほうがおすすめです。

クラウドWiFi東京をみてみる

注意

クラウドWiFi東京は現在新規受付を停止しています。

コロナウィルスの影響により端末の在庫不足になり、多くのポケットWiFiは新規受付を停止しています。

すぐにポケットWiFiが必要な方は別のポケットWiFiを申し込みしましょう。

今申し込むなら月額料金が安い「ポケットモバイルCloud」が一番おすすめです。

申し込みできる無制限のポケットWiFiについては「クラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】」を参考にしてください。

NOMAD SIMまとめ

  • 契約期間の縛りなし
  • 300Gの大容量が使える
  • ルーターが無料でレンタルできる
  • 月額料金は安いわけではない

NOMAD SIMは契約期間の縛り無しで大容量のSIMが使えるレンタルSIMサービスです。

ただし月額料金が他社のサービスに比べて安いわけではありません。

 

比較のときに紹介したようにNOMAD SIMとサービス内容が同じで料金が安いサービスが他にあります。

今のところあえて「NOMAD SIM」を選ぶ理由は見当たらないので、通信費を抑えたいなら他社のサービスを利用するのがおすすめです。

NOMAD SIM公式サイト

無制限で利用できるポケットWiFiは「クラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】」でも詳しく紹介しています。

お得な無制限WiFiを探している方はこちらの記事もあわせてご覧ください。

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ