ポケットWiFi

Mugen WiFiはおすすめ?特徴とデメリットを徹底解説!

MUGEN WiFiはおすすめ?特徴とデメリットを徹底解説!

Mugen WiFiがおすすめなのか気になっていませんか?

Mugen WiFiは2019年10月にサービスを開始したポケットWiFiです。

長い間新規受付を停止していましたが、2020年9月7日より料金プランが一新してサービスを再開しました。

 

Mugen WiFiの特徴を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 月額料金が3,150円で月100Gまで利用できる
  • ドコモ、au、ソフトバンクの回線に対応
  • 海外でも利用できる

総合的に考えるとMugen WiFIはおすすめできるポケットWiFiの1つです。

しかし良い点ばかりではなく契約前に知っておきたいデメリットもあります。

 

この記事ではMugen WiFiの特徴や注意点について詳しく解説しています。

Mugen WiFiと他社のポケットWiFiの比較もしているので、無制限のポケットWiFiを探している方や、ポケットWiFi選びに悩んでいる方はぜひご覧ください。

Mugen WiFiとは

Mugen WiFiは「株式会社surfave」が2019年10月にサービスを開始したポケットWiFiです。

新しく登場したポケットWiFiなので認知度は低いですが月額3,150円で月100Gまで利用できるお得なポケットWiFiです。

 

サービス内容はクラウドSIMを使ったポケットWiFi(クラウドWiFi)で、2019年3月にサービスを開始した「どんなときもWiFi」を始めとする多くのポケットWiFiとほぼ同じです。

しかし他社のポケットWiFiと比較しても料金が安く設定されているのでおすすめできるポケットWiFiの1つです。

Mugen WiFi公式サイト

Mugen WiFiの料金プラン

Mugen WiFiには「MUGEN アドバンスプラン」と「MUGEN 格安プラン」の2種類のプランがあります。

MUGEN アドバンスプラン MUGEN 格安プラン
データ量 100G 100G
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,880円 3,150円
契約期間 2年 2年
端末 G4 U2s

どちらのプランもデータ量月100Gで、使用している回線やエリアも全く同じです。

2つのプランの違いは利用できる端末で、アドバンスプランは「G4」、格安プランは「U2s」になります。

 

「G4」はモバイルバッテリー機能があり、地図アプリや翻訳機能が内蔵しているので海外で利用する時に役に立つ端末です。

ただし国内でインターネットを使うなら「U2s」で十分です。

 

料金の安さを重視するなら「格安プラン」、海外での利用を考えるなら「アドバンスプラン」を選ぶといいでしょう。

個人的には月額料金が安い「格安プラン」がおすすめです。

現在はG4が在庫不足のため「格安プラン」のみ利用できます。

MUGEN WiFiの海外料金プラン

MUGEN WiFiの海外向け料金プラン

MUGEN WiFiの端末は、クラウドSIM対応で海外に持っていけばそのまま手続きなし利用できます。

海外では1日1Gまで利用でき、1Gを超えると384Kbpsに速度制限されます。

 

海外で利用する時は1日毎に料金がかかり、必要な金額は利用する地域によってかわります。

1日あたりの料金 地域
1,200円 アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア
1,600円 中東、アフリカ、南米

アジアやヨーロッパなどのメジャーな旅行先では1日あたり1,200円、それ以外の地域では1,600円かかります。

料金はそこまで安くはありませんが、手続き不要で利用できるので、短期の海外旅行や海外出張で役に立ちます。

インターネットが必要ない日は電源を切って通信を行わければ料金はかかりません。

 

1日のリセットされるタイミングは日本時間の0時です。

リセットタイミングが現地時間ではないので、使わない時は時差に注意しましょう。

Mugen WiFiの端末

MUGEN WiFiの端末

MUGEN WiFiの端末には「G4」と「U2s」の2種類があります。

料金プランの時にご案内したように選択したプランでどちらの端末を使うかが決まります。

  • MUGEN アドバンスプラン(月額3,880円):G4
  • MUGEN 格安プラン(月額3,150円):U2s

2つの端末のスペックを一覧表にまとめてみました。

端末名 G4 U2s
通信速度(下り) 150Mbps 150Mbps
通信速度(上り) 50Mbps 50Mbps
連続通信時間 12時間 12時間
同時接続台数 最大5台 最大5台
重量 188g 149g
サイズ 136mm × 72.2mm × 12mm 127mm x 65.7mm x 14.2mm
WiFi規格 IEEE802.11b/g/n IEEE802.11b/g/n
機能 モバイルバッテリー機能
翻訳機能
-

「G4」と「U2s」のスペックを比較してみると「通信速度」、「通信時間」、「接続台数」に違いはありません。

 

大きな違いは「G4」には「モバイルバッテリー機能」や「翻訳機能」など海外旅行で役立つ機能ついている点です。

スマホに給電でき3900mAHのバッテリーを内蔵しているので、iPhoneXを1回フル充電することができます。

モバイルバッテリーのか割に使えるので旅行中にスマホの電池が少なくなってきた時に便利ですね。

 

またG4は「Googleマップ」や世界最大の旅行コミュニティサイト「TripAdvisor(トリップアドバイザー)」を使うことができるので、万が一スマホが使えなくなっても目的地や宿泊先などを探すことができます。

Mugen WiFiの特徴・メリット

  • 短期の速度制限なしで無制限使える
  • 月額料金3,150円と安い
  • 3つのキャリア回線をすべて利用できる
  • 最短即日発送してくれる
  • 海外でも利用できる
  • 30日おためし返金保証がある

短期の速度制限がない

MUGEN WiFiは他社のポケットWiFiのような短期の速度制限がありません。

ポケットWiFiは無制限で使えるサービスでも、ヘビーユーザー使いすぎを防ぐために短期の速度制限があることが多いです。

レンタルWiFiの「縛りなしWiFi」や「SPACEWiFi」は1日2Gを超えると速度制限にかかりますし、WiMAXやワイモバイルは3日間で10Gを超えると翌日に速度制限にかかります。

WiMAXやワイモバイルは速度制限がゆるいので制限後も1Mbpsの速度がでるのでYoutubeの標準動画を視聴することができます。

関連リンクWiMAXは速度制限なしで使える?解除の方法は?

WiMAXの速度制限を詳しく解説!【3日間10G】

WiMAXに速度制限があるか知りたい WiMAXは無制限って聞いたけど本当? WiMAXの速度制限の対処方法ってある? ポケットWiFiを選ぶ上で、気になるポイントが「速度制限」です。 どんなに高速で ...

続きを見る

しかしそれ以外の速度制限はほぼインターネットが使い物にならなくなります。

 

Mugen WiFiは月100Gまでの上限はありますが、短期の速度制限がないので短期間で多くのデータ量を使うことができます。

月額料金が3,150円と格安

Mugen WiFiの「MUGEN 格安プラン」は、月額料金が3150円と格安です。

他のクラウドWiFiの月100Gのプランと比較しても料金は一番安くなっています。

ポケットWiFi 月額料金
Mugen WiFi 3,150円
どこよりもWiFi 3,180円
ポケットモバイルCloud 3,280円

後発のサービスということもあり、月額料金は他のポケットWiFiより安くなるように設定しています。

2年の契約期間の縛りがありますが、月額料金が安いので、ポケットWiFiを長期利用する人におすすめできます。

3年目以降はいつでも解約できる

2年目以降はいつでも解約できる

Mugen WiFiは3年目(25ヶ月目)以降は契約期間の縛りがなくなり、いつでも違約金なしで解約できます。

ポケットWiFiの契約は契約更新月に解約しないと自動更新されることが多いので、うっかり解約し忘れると解約違約金を支払わないといけなくなります。

 

Mugen WiFiは契約期間があるのは最初の2年目だけで、あとは自分の好きなタイミングで解約することができます

契約更新月を気にする必要がないので他社の契約期間のあるポケットWiFiより使いやすいです。

3つのキャリア回線をすべて利用できる

Mugen WiFiは「ドコモ」、「au」、「ソフトバンク」3社のモバイル回線をすべて使うことができます。

一般的なポケットWiFiは契約した1つの会社の回線しか使えませんが、Mugen WiFiはクラウドSIMを使うことで複数の回線を利用することができます。

Mugen WiFiはSIMデータをクラウドサーバーで管理しているので、ポケットWiFiを使う場所の「電波強度」や「通信状態」から適切な回線を自動的に判断して、SIMデータを書き換えてインターネットに接続してくれます。

実際に使っているとソフトバンク回線に繋がることが多いようですが、別の回線も使うことができるのでソフトバンク回線しか使えないポケットWiFiよりも利用エリアが広くなります。

 

複数の回線が使えるので以下のような方におすすめできます。

  • 山間部や地方に住んでいる人
  • 出張や旅行が多い人
  • 登山やアウトドアで山間部に行く人

最短即日発送してくれる

Mugen WiFiは平日16時までに申し込みをすれば即日発送してくれます。

最短即日発送に対応しているので、申込みをしてすぐに端末を受け取ることができます。

Mugen WiFiの端末発送

  • 平日16時までの申込みで即日発送
  • 土日祝日は発送なし。翌営業日の発送

即日発送は13時や11時までの受付のポケットWiFiが多いですが、MUGEN WiFiは16時までなら即日発送してくれるので時間に余裕があります。

 

即日発送すれば最短翌日には端末を受け取ることができます。

引っ越しや出張などで急ぎでポケットWiFiが必要な時に便利ですね。

海外でも利用できる

海外でも利用できる

Mugen WiFiはクラウドSIMを使って複数の回線が利用できるので海外でも利用できます。

1日あたりの料金 地域
1,200円 アジア、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア
1,600円 中東、アフリカ、南米

料金は1日毎にかかるのであまり安くはありませんが、携帯各社の海外ローミングよりは料金が安いので短期の海外出張や海外旅行で利用すると活躍します。

長期利用する場合は、料金が高くなってしまうので、現地でSIMを購入するか海外向けレンタルWifiを使ったほうがいいですね。

 

端末の電源をOFFにして通信をしなければ料金はかかりません。

不要な時は電源を切っておいてもしもの時だけ利用するという手もあります。

また「G4」はモバイルバッテリーのかわりにスマホを充電できるので、スマホのバッテリーが切れそうな時にに便利です。

30日おためし返金保証がある

30日おためし返金保証がある

MUGEN WiFiは「30日おためし返金保証」があり、30日以内であれば違約金なしで解約することができます。

30日以内なら解約できるのでMUGEN WiFiをはじめて利用する方でも安心して申し込みすることができます。

  • 2年契約なので、いきなり利用するのは不安がある
  • 実際の環境でインターネットを試してみたい
  • 通信速度や電波の状態を知りたい

といった方におすすめですね。

 

30日おためし返金保証は期間内なら解約できますが、処理手数料などが発生します。

30日おためし返金保証のポイント

  • 返金処理手数料として1,000円かかる
  • 契約事務手数料は返金されない
  • 返品送料は利用者が負担する
  • 箱の破損や説明書の欠品がある場合は20,000円かかる

違約金や月額料金がかからないので安心できますが別途手数料などの費用がかかる点は覚えておきましょう。

Mugen WiFiの注意点・デメリット

  • 初月が日割りではない
  • 24ヶ月以内に解約すると端末は返却する
  • 端末が在庫切れになっていることがある

初月が日割りではない

Mugen WiFiは初月の月額料金が日割りではありません。

いつ契約しても1ヶ月分の月額料金がかかるので、月半ばで契約すると少し損をしてしまいます。

 

「前のポケットWiFiを解約したから、すぐに新しいポケットWiFiが使いたい」といった急いでいる時に契約すると少し割高になります。

 

Mugen WiFiは申込時に翌月からの契約も選ぶことができます。

翌月からの契約を選ぶと翌月の1日に合わせて端末を発送してくれます。

余裕のある人は翌月から利用するを選んだほうがお得ですね。

24ヶ月以内に解約すると端末は返却が必要

Mugen WiFiは24ヶ月以内に解約すると、利用している端末を返却する必要があります。

 

もし端末を返却しないと「契約月残数×1,600円」の端末違約金が発生します。

例えば12ヶ月目で解約して端末を返却しない場合は、19,200円の端末違約金が解約違約金とは別に発生します。

端末を返却すれば2年以内の解約であっても端末代はかかりません。

 

25ヶ月以上利用すれば端末は返却する必要がなく自分のものになるので、2年以上利用したほうがお得です。

端末が人気で在庫切れになっていることがある

端末が人気で在庫切れになっていることがある

在庫状況のお知らせ|Mugen WiFi

Mugen WiFiは人気が高まっているためか端末が在庫切れになっていることがあります。

即日発送に対応していますが、在庫がない場合は申し込んでも翌日配送になることがあります。

 

注文が殺到する時期は在庫切れになることもあるので、申込みは早めにしたほうがいいでしょう。

Mugen WiFiとどこよりもWiFiの比較

Mugen WiFiと同じクラウドWiFiのどこよりもWiFiと比較してみます。

MUGEN WiFi(格安プラン) どこよりもWiFi
月間データ容量 100G 100G
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,150円 3,180円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
回線 LTE(au、ドコモ、ソフトバンク) LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
端末 U2s、U3(10月より) U2s、U3
初月料金 1ヶ月分 日割り
端末保証 500円 400円
端末 レンタル(2年目以降返却不要 レンタル(要返却)
契約期間 2年(自動更新なし 2年(自動更新)
  • Mugen WiFiのほうが月額料金が30円安い
  • どこよりもWiFiは初月が日割りになる
  • どこよりもWiFiは端末保証が100円安い
  • Mugen WiFiは2年以上利用すると端末が手に入る
  • Mugen WiFiは契約期間の自動更新がない

どちらもクラウドSIMを使ったポケットWiFiで「3つのキャリア回線を利用できる」「海外で利用できる」といった点は同じです。

また利用できる端末も同じで通信速度に違いもありません。

 

月額料金はMugen WiFiのほうが30円だけ安くなりますが、初月料金が日割りにならないので月の途中で契約するならどこよりもWiFiのほうがお得です。

どこよりもWiFiは利用開始日を選ぶことができるので、自分の好きなタイミングで契約できるのも良い点です。

また端末保証もどこよりもWiFiのほうが100円安いので、端末保証をつけるならどこよりもWiFiのほうがおすすめです。

 

Mugen WiFiは契約期間が最低利用期間である点と、契約終了後に端末が手にところが良い点です。

どちらもサービス内容に大きな違いはないので月の途中で契約するならどこよりもWiFi、翌月から利用するならMugen WiFiを選ぶといいでしょう。

Mugen WiFiをみてみる

どこよりもWiFiをみてみる

どこよりもWiFiの特徴や注意点を詳しく紹介!

「どこよりもWiFi」は月額3,180円で月100Gまで使えるポケットWiFiです。 クラウドSIMを使っているため複数の回線が利用可能で「U3」という最新端末が利用できる数少ないポケットWiFiです ...

続きを見る

MUGEN WiFiまとめ

  • 月額3,150円で月100G利用できる
  • 3つのキャリア回線に対応
  • 海外でもそのまま利用できる
  • 30日返金保証がある

MUGEN WiFiは2019年10月にサービスを開始したクラウドSIMを使ったポケットWiFi(クラウドWiFi)です。

クラウドWiFiの中でも料金が安く月額3,150円で月100Gまで利用できます。

 

現在は新型コロナウィルスの影響もありポケットWiFiは月100Gまでのサービスがほとんどです。

その中でもMugen WiFiは月額料金が安くおすすめできるポケットWiFiです。

人気が高く在庫不足になることが多いので、検討している方は速めに申し込むことをおすすめします。

Mugen WiFiをみてみる

無制限や大容量のポケットWiFiは「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年最新版】」でも詳しく解説しています。

無制限、大容量のポケットWiFiを探している人はこちらの記事もあわせてご覧ください。

無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年9月最新版】

「無制限ポケットWiFiはどれが一番いいのか」悩んでいませんか? 無制限で使えるポケットWiFiはここ最近増えてきましたが、多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。   この記事では ...

続きを見る

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ