WiMAX・ポケットWiFiの比較やおすすめを紹介!

ネトコネ

ポケットWiFi

FUJI Wifiとは?利用者が特徴と注意点を徹底解説!

FUJI Wifiとは?利用者がメリットとデメリットを徹底解説!

  • 契約期間のないポケットWiFiを探している
  • 2~3ヶ月程度の短い期間だけポケットWifiを使いたい
  • ポケットWiFiの解約金を払いたいない

そんな方にはレンタルポケットWiFiがおすすめです。

レンタルポケットWiFiは、従来のポケットWiFiのように端末を購入するのではなくレンタルしてインターネットを利用できるサービスです。

レンタルなので従来のポケットWiFiのような契約期間の縛りがなく「1ヶ月だけ短期間で使う」といった使い方ができます。

 

この記事では代表的なレンタルポケットWiFi「FUJI WiFi」について、初心者の方にもわかりやすく解説しています。

FUJI WiFiの特徴や注意点を紹介するほか、他社ポケットWiFiとの比較もしていますので、ポケットWiFi選びに悩んでい方はぜひご覧ください。

FUJI WiFiとは

FUJI WiFiとは

FUJI WiFiは株式会社レグルスが運営するレンタルWiFiです。

今では「レンタルWiFi」「民泊WiFi」と呼ばれるサービスが増えてきましたが、FUJI WiFiは2016年10月と初期の頃からサービスを提供しているレンタルポケットWiFiです。

 

サービス開始当初は法人や個人事業主にしかサービスを提供していませんでしたがその後個人向けのサービスを開始しました。

個人向けのサービス開始が開始された時は、あまりの人気で端末が在庫切れになり、入荷待ちとなっていたのが印象的ですね。

 

FUJI WiFIではキャリア回線(ドコモ、au、ソフトバンク)とWiMAX回線を使っていて、選んだプランによって回線が決まります。

FUJI WiFi公式サイト

FUJI WiFiの運営会社レグルスについて

会社名 株式会社レグルス
設立日 2010年9月
本社所在地 〒162-0045
東京都新宿区馬場下町5 早稲田駅前ビル4F
事業内容 人材総合サービス事業
会社の公式サイト https://www.rgls.co.jp/

会社の公式サイトをみればわかりますが、株式会社レグルスはもともとは人材派遣の会社となります。

事業内容を拡大し、通信代理店事業を始め2016年10月からFUJI WiFiのサービスをスタートしました。

FUJI WiFiの料金プラン

FUJI WiFiの料金プラン

FUJI WiFiは料金プランの見直しがあり、月額料金が以前よりもお得になりました。

現在のFUJI WiFiの料金プランは月額データ量や回線ごとに「25G、50G、100G、無制限」の合計5つのプランがあります。

プラン名 月額料金 初期費用
快適!クラウドプラン(無制限) 3,980円 3,000円
100ギガクラウドプラン 3,480円
50ギガプラン 2,980円
25ギガプラン 2,480円
WiMAX2 3,200円

以前は10ギガプランなど全部で8つの料金プランがありましたが、データ量の少ないプランはあまり人気がなかったのか、現在はなくなっています。

FUJI WiFiではキャリア回線とWiMAXの回線を利用することができます。

「WiMAX2+ with au4G LTE」を選ぶとWiMAX回線となり、それ以外はキャリア回線となります。

先払いでお得になる「おまとめプラン」

FUJI WiFiでは2018年8月より、数カ月分の料金を一括で支払うと割引になる「おまとめプラン」という独自のプランができました。

最初にまとめて料金を支払う必要がありますが、月額料金が安くなるので中長期での利用を考えている方はこちらのプランがおすすめです。

プラン名 実質月額料金 初期費用
快適!クラウドプラン(無制限) 3,480円~ 3,000円



100ギガクラウドプラン 2,980円~
50ギガプラン 2,480円~
25ギガプラン 1,980円~

FUJI WiFiは料金プランが多いので、別の記事でも詳しくまとめています。

料金プランの種類や月額料金などを詳しく知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

関連リンクFUJI WiFiの料金プランを3つのプラン毎に詳しく解説!

モバイルWiFiルーターは選んだプランで決まる

レンタルWiFiは基本的に自分が使う端末(モバイルWiFiルーター)を、選ぶことができません。

レンタルなのでその時在庫がある端末がランダムで送られてきます。

端末名 対応プラン
G3 快適!クラウドプラン
100Gクラウドプラン
FS030W 50Gプラン
25Gプラン
Speed Wi-Fi NEXT W05 WiMAX2+プラン
Speed Wi-Fi NEXT W04 WiMAX2+プラン

FUJI WiFは以前は端末の種類が多くどの端末が送られてくるのかわかりませんでした。

しかし料金プランの改定があり端末の数が絞られたので、選んだプランで利用する端末も絞られるようになりました。

WiMAX回線以外のプランは、端末が1種類しかないので、プランを選んだ時点で端末が決まります。

 

わたしは「50ギガプラン」で申し込んだので、FS030Wが送られてきました。

モバイルルーターは選べないので注意!

FUJI WiFiの利用エリアについて

FUJI WiFiではプランに応じて「トリプルキャリア」、「ソフトバンク」、「WiMAX」の3種類の回線が利用できます。

回線 プラン名 エリアマップ
LTE(ドコモ、au、ソフトバンク) 快適!クラウドプラン
100Gクラウドプラン
ドコモのエリアマップ
auのエリアマップ
ソフトバンクのエリアマップ
ソフトバンク 50Gプラン
25Gプラン
ソフトバンクのエリアマップ
WiMAX WiMAX2+ WiMAXのエリアマップ

「快適!クラウドプラン」と「100Gクラウドプラン」は、次世代技術「クラウドSIM」を使っているのでドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線を使うことができます。

関連リンククラウドWiFiとは?メリットや注意点をくわしく解説!

 

サービスマップを確認してもらえばわかりますが、回線によって利用する周波数帯が違うため、利用できるエリアにも違いがあります。

特にWiMAXとキャリア回線を比較した場合、都市部ではサービスエリアに違いあまりりませんが、エリア全体をみるとキャリア回線の方がカバー率が高く繋がりやすいです。

またWiMAXは電波の周波数帯の関係で、地下や奥まった室内などで繋がりにくくなる傾向があります。

 

WiMAXは「ハイスピードプラスエリアモード」に切り替えれば、auのLTE回線が使えるようになるので、WiMAXのエリアをカバーできます。

auのLTE回線であれば他のキャリア回線とほとんど変わらないエリアで使うことができます。

ただしハイスピードプラスエリアモードでLTE使用量が月7Gを超えると速度制限にかかるので使いすぎには注意が必要です。

関連リンクハイスピードプラスエリアモードとは?特徴や3つの注意点を解説!

ソフトバンクとWiMAXの周波数帯の違い

ソフトバンクとWiMAXで利用できるエリアが違うのは、利用している周波数帯が違うためです。

主な周波数帯

  • ソフトバンク:2.1GHz、900MHz(プラチナバンド)
  • WiMAX:2.4GHz

どうして電波の周波数帯が違うとエリアが変わるのかというと、それは電波の特性が関係しています。

 

電波は周波数帯が高いと電波が強く(速く)なりますが、減衰が大きく届く距離が短くなります。

反対に周波数帯が低いと電波が弱く(遅く)なりますが、遠くまで届くようになります。

また高周波数帯の電波は直進性が高いので、回り込みが弱く障害物があると届きにくくなります。

関連リンクWiMAXの周波数はいくつ?WiFiやキャリアとの違いは?

各周波数帯の特徴は以下のようになっています。

900MHz

900MHzは「プラチナバンド」と呼ばれる周波数帯です。

周波数が低いので通信速度は遅いですが、電波が遠くまで届きやすく障害物を回り込むことができるので、幅広いエリアで使うことができます。

携帯会社のモバイル回線が、都市部以外の地方や山間部でも繋がりやすいのはこの周波数帯を使っているためです。

2.1GHz

2.1GHzもプラチナバンドと同じく各キャリアが利用している周波数帯です。

2.1GHzは周波数帯が高いため、プラチナバンドに比べて通信速度は高速ですが、障害物に弱く電波が遠くまで届きません。

電波の届く距離の短さを複数の基地局でカバーする必要があるため、基地局が多く設置されている都市部で利用されることの多い周波数帯です。

2.4GHz

WiMAXで利用されている周波数帯です。

2.1GHzよりもさらに高い周波数帯で、通信速度が高速で大量のデータを送信できますが、その分届く距離が短く、障害物に弱くなります。

WiMAXは地下鉄や建物の奥では繋がりにくいことがありますが、これは使っている電波の周波数帯が高いためです。

WiMAXは2.4GHzという高めの周波数帯を使っているので、エリア内であっても場所によっては繋がりにくくなることがあります。

対策として地下に中継機を置いて電波が届かない場所を無くすなどの対応をしています。

FUJI WiFiの通信速度はどれくらい?

FUJI WiFiは実際はどれくらいの通信速度がでるのでしょうか。

手元にあるFS030Wを使って、実際の通信速度を確かめてみました。

場所は実家のある地方の田舎で測定しています。

 

午前中にグーグルのスピードテストで測定した結果は下り「24.8Mbps」でした。

FUJI WiFiの通信速度について

同じ時間にNetFlixが運営するスピードテストサイト「Fast.com」で測定したところ、「16Mbps」となりました。

FUJI WiFiの通信速度について

両者の結果が違うのは測定方法や測定するためのサーバ-の位置が違うためです。

どちらも通信速度10Mbps以上はでています。

10Mbpsあれば快適にインターネットを使えるので、田舎でも問題なく使えますね。

関連リンクネット回線速度の目安はどれくらいが普通?快適な速度をチェックしよう

WiFiの周波数帯でも通信速度は変わる

先程キャリアとWiMAXの回線で周波数帯が違うのでエリアや通信速度が変わるという話をしました。

WiFi(無線LAN)も電波なので同じように周波数帯の違いがあります。

  • 回線(WAN):基地局からルーターまでの電波
  • WiFi(無線LAN):ルーターから端末(スマホやタブレット)までの電波

WiFiには「2.4GHz」と「5GHz」の周波数帯が使われています。

それぞれの特徴は以下の通りです。

2.4GHz

  • 通信速度は遅め
  • 回り込みできるので障害物に強い
  • 電波が遠くまで届く
  • 無線以外にも電子レンジやBluetoothで使われているので電波干渉しやすい

5GHz

  • 通信速度が速い
  • 電波の直進性が強いので障害物に弱い
  • 電波の届く距離が短い
  • WiFi以外ではあまり使われていないので、電波干渉が起こりにくい

基本的にポケットWiFiのWiFiは初期設定では「2.4GHz」に設定されています。

「5GHz」は電波が強いぶん届く距離が短くなりますが、ポケットWiFiは手元に置いておくことがほとんどなので、距離はあまり必要ありません。

そのため「2.4GHz」から、通信速度が速く電波干渉が起こりにくい「5GHz」に変更することで、通信速度が上がることが多いです。

FUJI WiFiの特徴

  • 契約期間の縛りがなく短期の利用もOK
  • プランごとに複数の回線が選べる
  • 短期間の速度制限がない
  • SIMだけレンタルできる
  • 解約がWebから簡単にできる

契約期間の縛りがなく短期の利用もOK

FUJI WiFiはレンタルポケットWiFiなので、従来のポケットWiFiのように「2年」「3年」という契約期間の縛りがありません。

契約期間の縛りがないので、いつでも解約することができます。

もちろん途中解約した時の違約金などもありません。

ポケットWiFiは契約してすぐに解約すると違約金が高くなるので、短期の利用はできません。

 

FUJI WiFiは「途中で解約したくなったけど、違約金がかかるから解約できない」といった心配がありません。

いつでも解約することができるので「数ヶ月だけ使いたい」といった時に気軽に利用することができます。

プランごとに複数の回線が選べる

FUJI WiFiは選んだ料金プランによって、キャリアやWiMAXから好きな回線を選ぶことができます。

回線 プラン名
LTE(ドコモ、au、ソフトバンク) 快適!クラウドプラン
100Gクラウドプラン
ソフトバンク 50ギガプラン
25ギガプラン
WiMAX WiMAX2+

「そんなの当たり前じゃない?」と思うかもしれませんが、レンタルポケットWiFiでは回線が選べない場合が多いんです。

 

例えばレンタルWiFiの「縛りなしWiFi」は、FUJI WiFiと同じように「ソフトバンク」と「WiMAX」の2つの回線を使っていますが、回線の種類や端末を選ぶことができません。

縛りなしWiFiは月額3,300円と料金が安いのですが、その分制限が大きくなっています。

FUJI WiFiも利用できる端末は選ぶことができませんが、回線の種類自体はプランによって選択することができます。

 

縛りなしWiFiについては「縛りなしWiFiは安いけど微妙?メリットとデメリットを徹底解説!」で詳しく解説しているのでよかったらご覧ください。

短期間の速度制限がない

FUJI WiFiには短期の速度制限がありません。

WiMAXやワイモバイルは「3日で10G以上」使うと短期の速度制限にかかります。

参考リンクWimaxは速度制限なしで使える?解除の方法は?

ソフトバンク回線を使ったレンタルWiFiの中には「1日2G、3Gを超えると当日中は128Kbpsに速度制限」という短期間の速度制限がある場合もありますが、FUJI WiFiそれもありません。

他にも縛りなしWiFiのように、1日2Gまでといった短期間の速度制限があるポケットWiFiもあります。

  • 1日2~3Gを超えると当日に速度制限
  • 3日間10Gを超えると翌日に速度制限

これはヘビーユーザーが通信帯域を使いすぎて他のユーザーに影響を与えるのを防ぐためです。

FUJI WiFiのクラウドプランやソフトバンク回線を使ったプランには上記のような短期間の速度制限はありません。

短期間の速度制限がないので、その分使用量を気にせずにインターネットを使うことができます。

SIMだけレンタルできる

SIMだけレンタルできる

FUJI WiFiはSIMカードだけレンタルできる「SIMプラン」がある数少ないポケットWiFiです。

プラン名 月額料金 初期費用
200ギガプラン 3,980円 3,000円
100ギガプラン 3,480円
50ギガプラン 2,980円
20ギガプラン 2,480円

SIMプランは、自分でルーターを用意する必要があるので、すでにSIMフリーモバイルWiFiルーターを持っている方向けのプランです。

格安SIMには大容量で使えるプランがないため、格安SIMからの乗り換えにもおすすめですね。

 

以前は「おまとめプラン」にするとSIMプランのほうがルータープランより料金が安かったのですが、料金プランが見直しされた後はルータープランが大幅に安くなったので、料金の違いがなくなっています。

そのため現在はルーターを準備してまで、あえてSIMプランを選ぶようなメリットはなくなりました。

 

またSIMプランに無制限プランはありません。

無制限で使いたい方はルータープランを選びましょう。

解約がWebから簡単にできる

FUJI WiFiの解約は、Webサイト内のマイページから簡単に行なうことができます。

解約がWebから簡単にできる

申込みはWebからできるのに解約は「電話のみ」といったポケットWiFiが結構あるので、手軽にWebで解約できるのはいいですね。

FUJI WiFiの解約はWebのみで、逆に電話では解約はできません。

 

ただ電話だとかけられる時間が限られていたり、電話をしてもつながらないことがあるので、Webでいつでも解約手続きをできるほうが便利です。

FUJI WiFiの注意点

  • 端末の種類が古い
  • 過去に個人情報が流出したことがある
  • 無制限プランは料金が高め

端末の種類が古い

FUJI WiFiの端末はレンタルということもあり、利用できる端末は最新端末ではなく、旧機種の端末になります。

端末名 対応プラン
G3 快適!クラウドプラン
100Gクラウドプラン
FS030W 50Gプラン
25Gプラン
Speed Wi-Fi NEXT W05 WiMAX2+プラン
Speed Wi-Fi NEXT W04 WiMAX2+プラン

ソフトバンクの最新端末「801HW」やWiMAXの最新端末「W06」などはラインナップにはなく、「FS030W」、「W05」、「W04」などの古い端末を利用することになります。

 

旧機種なので最新端末に比べると、最大通信速度などのスペックは高くありません。

最新のモバイルルーターが使いたい方はレンタルポケットWiFi以外を選ぶか、SIMフリーモバイルルーターを自分で購入してSIMプランを利用しましょう。

過去に個人情報が流出したことがある

過去に個人情報が流出したことがある

FUJI WiFiは2017年1月24日のサイトリニューアルのアップデートの際に、システムエラーが発生し、カード決済エラーが発生した方の「氏名・メールアドレスなどが流出したことがあります。

お詫びとお知らせ 個人情報(氏名・メールアドレス)の流出について|FUJI WiFiの公式サイト

この際、クレジットカードの番号や暗証番号などは流出していません。

その後はシステムの見直しやメンテンナンスの運用時間の見直しにより、同じような不備は発生していないようです。

無制限プランは料金が高め

FUJI WiFiの無制限プラン(快適!クラウドプラン)は無制限で利用できますが、月額料金が3,980円とやや高めです。

同じクラウドSIMを使ったポケットWiFiの「どんなときもWiFi」や「MUGEN WiFi」と比較しても料金は高めです。

  • FUJI WiFi:月額3,980円
  • どんなときもWiFi:月額3,480円
  • MUGEN WiFi:月額3,280円

FUJI WiFiの無制限プランはおまとめプラン12ヶ月を利用すれば月額料金3,480円まで安くなります。

ただし最初にまとめて4万円以上支払う必要があるため、契約時の負担が大きくなります。

無制限プランを選ぶなら、他のクラウドWiFiも検討してみたほうがいいでしょう。

FUJI WiFiの解約方法と手続き

FUJI WiFiの解約はWebサイトのマイページから行うことができます。

FUJI WiFiの解約方法と手続き

当月の解約手続きは12日までに行う必要があります。

13日以降に解約連絡をした場合は翌月の解約となるので、連絡は早めに行いましょう。

解約連絡をしたら、解約月の翌月3日までにレンタル一式を返却する必要があります。

その際の返却時の送料は利用者の負担となります。

 

もし期日までにレンタルした端末を返却しなかったり、端末が故障していた場合は弁済金が発生します。

プラン 弁済金
ルータープラン 端末本体:20,000円
SIMカード:4,000円
USBケーブル:200円
SIMプラン SIMカード:4,000円
SIMカードケース一式:800円

弁済金はオプションの「安心サポート」に加入することで減額されます。

その分毎月オプション代が発生するので、壊してしまうのが心配な方だけ加入しましょう。

FUJI WiFiではプラン変更も可能に

FUJI WiFiは以前はプラン変更ができず、一度解約してから別プランを申し込みする必要がありました。

それがサイトのアップデートによって、マイページから簡単にプラン変更できるようになりました。

FUJI WiFiではプラン変更も可能に

プラン変更には手数料1,500円がかかりますが、いままではプラン変更する度に契約事務手数料3,000円かかっていたので、半額の手数料で別プランに切り替えることができます。

ただしプラン変更といっても「解約と新規契約を同時に行う」ため、レンタルしている端末は一度返却する必要があります。

FUJI WiFiではプラン変更も可能に

返却の手間はありますが、手続きが簡単になり手数料も安くなったので、以前に比べるとより手軽にプラン変更できるようになりました。

FUJI WiFiはソフトバンクとWiMAXどちらがおすすめ?

FUJI WiFiはプランによって、キャリア回線とWiMAX回線を選ぶことができます。

それぞれの回線を比較すると以下のようになります。

回線 トリプルキャリア ソフトバンク回線 WiMAX回線
データ量 100G、無制限 25G、50G 無制限
月額料金 無制限:3,980円
100G:3,480円
25G:2,480円
50G:2,980円
3,200円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps 758Mbps
ルーター G3 FS030W W05
W04

FUJI WiFiのクラウドプランがおすすめな人

  • 100G以上の大容量で使いたい人
  • クラウドWiFiを期間なしで使いたい人
  • 海外でも使いたい人

100G以上の大容量で使いたい方はクラウドプランがおすすめです。

特に無制限プランは、完全無制限で使えるため、速度制限を気にすることなく利用できます。

またクラウドWiFiは、2年間の契約期間があることが多いですがFUJI WiFiは契約期間がありません。

契約期間の縛りなしでクラウドWiFiを使いたい方にもFUJI WiFiはおすすめできます。

 

クラウドWiFiは、海外に持っていけば手続き無しでそのまま海外でも利用できます。

そのため海外旅行や出張に行く方にもおすすめできます。

FUJI WiFiのソフトバンク回線がおすすめな人

  • データ量が月50G以下の人
  • WiMAXのエリア外の人
  • 短期間の速度制限を避けたい人

FUJI WiFiはソフトバンク回線を使ったプランが豊富です。

WiMAXは無制限プランしかないので、データ量をあまり使わない方はソフトバンク回線のプランを選ぶのがおすすめです。

FUJI WiFiの50G以下のプランは、WiMAX(月額3,200円)よりも安いので、「月50Gで十分」という方ならソフトバンク回線を選ぶといいでしょう。

おまとめプランを利用すればさらに安く利用できます。

 

わたしもFUJI WiFiは50Gプランを利用しています。

WiMAXと比較するとソフトバンクの方が利用できるエリアが広いです。

そのためWiMAXがエリア外の方や、出張や旅行で地方によく行く方、アウトドアが趣味の方などもエリアが広いソフトバンク回線がおすすめです。

FUJI WiFiのWiMAX回線がおすすめな人

  • 安い料金で無制限で使いたい人
  • 通信速度が速い回線を使いたい人
  • 3日間で10Gも使わない人

FUJI WiFiのWiMAXプランは月額3,200円で月のデータ量が無制限で利用できます。

クラウドSIMの無制限プラン(快適!クラウドプラン)が月額3,980円なので、700円安く利用できます。

 

WiMAXのエリア内の方で、無制限でポケットWiFiを使いたい方におすすめです。

利用する端末は選べませんが、通信速度はWiMAXの方がキャリア回線より速くなります。

FUJI WiFiと他社のレンタルポケットWiFiの比較

次にFUJI WiFiと他社のポケットWiFiを比較します。

FUJI WiFiの無制限プランと「縛りなしWiFi」と「どんなときもWiFi」を比較してみました。

FUJI WiFi 縛りなしWiFi どんなときもWiFi
初期費用 3,000円 0円 3,000円
月額料金 WiMAX:3,200円
クラウドプラン:3,980円
3,200円 3,480円
回線 WiMAX、ドコモ、au、ソフトバンク WiMAX、ソフトバンク ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間 なし なし 2年
速度制限 WiMAX:3日で10G WiMAX:3日で10G
ソフトバンク:1日2G
なし

縛りなしWiFiは月額3,200円、どんなときもWiFiは月額3,480円でLTE回線を無制限で利用できます。

縛りなしWiFiは初期費用もかからず月額料金も安いですが「回線を選ぶことができない」、「どちらの回線も短期の速度制限がある」というデメリットがあります。

縛りなしWiFiは自分で回線を選べないので、WiMAX回線を使いたいなら、FUJI WiFiを選んだほうが確実です。

縛りなしWiFiは、「縛りなしWiFiは安いけど微妙?メリットとデメリットを徹底解説!」で詳しく解説しているので良かったら参考にしてください。

 

どんなときもWiFiは2019年3月に登場した新しいクラウドSIMを使ったポケットWiFiです。

2年の契約期間がありますが、月額3,480円とFUJI WiFiのクラウドプランより500円安くなっています。

 

FUJI WiFiもおまとめプラン12ヶ月を利用すれば同じ月額料金になりますが、契約時に先払いする必要があるので負担が大きいです。

2年間の契約期間を気にしない方であれば、無制限で使えるどんなときもWiFiがおすすめですね。

どんなときもWiFiは「どんなときもWiFiの評判は?7つのメリットと4つのデメリットを徹底紹介!」で詳しく解説しています。

 

FUJI WiFiは他社のレンタルポケットWiFiと比べてプランが豊富で、使いたいデータ量や回線に応じてプランを選択できるのが強みですね。

FUJI WiFiまとめ

FUJI WiFiはキャリア回線とWiMAX回線が利用できるレンタルWiFiです。

  • 契約期間がないので違約金がない
  • 短期間で利用可能
  • おまとめプランで割引が受けられる

などの特徴があります。

 

FUJI WiFiは契約期間がないので、気軽に利用できるのが一番の魅力です。

WiMAXとソフトバンク回線が利用できるので、使ったことのない回線を試してみるのにもおすすめですね。

FUJI WiFi公式サイト

無制限で使えるおすすめのクラウドWiFiについてはこちらの記事でも紹介しています。

関連リンククラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】

無制限のポケットWiFiを探している方には役立つと思いますので、よろしければあわせてご覧ください。

-ポケットWiFi

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.