ポケットWiFiやWiMAXを専門家が比較しておすすめするサイト

ネトコネ

WiMAX

WiMAXのクレードルは必要ない!メリットと不要な理由を解説!

WiMAXのクレードルは必要ない。メリットと不要な理由

WiMAXを申し込む時は「クレードル」という機器を購入するか選ぶことができます。

クレードルと言われても、あまり聞き慣れない名前なので必要かどうかよくわからないですよね。

わたしも初めてWiMAXを申し込んだ時に、クレードルが必要かどうか悩んだ経験があるのでよくわかります。

 

結論からいうとほとんどの人にとってクレードルは必要ありません。

色々調べた結果わたしは購入しませんでした。

 

この記事ではWiMAXのクレードルのメリットや多くの人にとって必要ない理由を詳しく紹介していきます。

WiMAXのクレードルが必要か悩んでいる方はぜひこの記事をご覧ください。

クレードルとは

クレードルとは?

まずはクレードルとはなにかについてご紹介します。

「クレードル」はモバイルルーターにセットして使うスタンド型の充電機器です。

昔の携帯電話に必ずついていたスタンド型充電器のようなものです。

 

クレードルを使えばモバイルルーターをセットして簡単に充電できます。

またLANポートがついているので、モバイルルーターをLANケーブルで有線接続することが可能です。

 

クレードルはモバイルルーターとセットで使う拡張機器のため、クレードル単品だけ持っていても全く意味がありません。

クレードルはオンラインショップでも販売されているので単品で後から購入することもできますが、WiMAXを申し込む時にセットで申し込むのが一般的です。

クレードルが必要ならWiMAXと一緒に購入しておくといいです。

クレードルのメリット

最初にお話したようにクレードルは多くの人にとって必要ありません。

ただし全くメリットがないわけではありません。

クレードルのメリットをご紹介します。

  • LANケーブルで有線接続できる
  • アクセスポイントとして無線LANが利用できる
  • 充電忘れの防止に役立つ

有線LAN接続ができる

有線LAN接続ができる

クレードルの一番のメリットはLANケーブルを使った有線接続ができるようになることです。

WiMAXのモバイルルーターはモバイル回線による無線通信を前提に設計されているためもともと有線のLANポートがついていません。

クレードルにはLANポートがついているのでWiMAXをクレードルにセットすれば、LANケーブルで有線接続ができるようになります。

 

古いパソコンはWiFi(無線LAN)の機能がついていないものが多く、WiFiではインターネットに接続ができないことも多いです。

そんなWiFiに対応していないパソコンでも、クレードルを使ってLANケーブルで有線接続すればインターネットが使えるようになります。

有線ケーブルで接続したほうがケーブルが保護されて通信が安定するので、WiFiよりも通信速度が速くなるというメリットもあります。

 

ただし最近のWiMAXのモバイルルーターはわざわざLANケーブルを使わなくても、USBで有線接続すればインターネット接続できます。

WiFiが使えない古いパソコンでもUSBポートは必ずついています。

USB接続でモバイルルーターを接続すればインターネットが利用できるので、有線接続するだけなら必ずしもクレードルが必要なわけではありません。

実際わたしは自宅でWiFi機能のついていない古いパソコンを持っていましたが、USBでモバイルルーターを有線接続して使っていました。

関連リンクWiMAXの有線接続方法と注意点を詳しく解説!

ただしPS4など一部の端末はUSBではインターネットに接続できないので、有線接続するならクレードルが必須になります。

関連リンクWiMAXでオンラインゲームやPS4はできる?FPSは厳しい

アクセスポイントとして無線LANを利用できる

アクセスポイントとして無線LANを利用する

モバイルルーターにはアクセスポイント(AP)として使える「APモード」という機能がついていて、クレードルがあればモバイルルーターをアクセスポイントの代わりとして使うことができます。

アクセスポイントはWiFi(無線LAN)を飛ばす無線のスイッチのことです。

 

自宅にある固定回線にクレードルを使ってモバイルルーターを接続すれば、アクセスポイントとして固定回線のWiFiを飛ばすことできるようになります。

 

ただしAPモードを利用する機会はあまり多くはありません。

モバイルルーターは手元に置くことが前提に設計されているので、無線LANの電波が届く範囲が狭くアクセスポイントとして使うにはあまり向いていません。

もしWiFiを使いたいなら、バッファローなどの家庭用の無線LANルーターを使ったほうがいいでしょう。

実際わたしもWiMAXのモバイルルーターを長年使っていますが、APモードは使ったことがありません。

 

APモードはあまり使いみちがない機能ですが、古いホテルでWiFiがなく有線LANケーブルしかない時に、複数の機器をWiFi接続したい時などに利用できます。

ただ昔と違い、現在はWiFiの設備が整っているので、ほとんどのホテルではWiFiが主流になっています。

荷物を増やしてまで旅行にあえてクレードルを持っていくこともないでしょう。

充電し忘れの予防に役立つ

自宅にクレードルがあるとモバイルWiFiルーターの定位置が決まり、充電していない時に気が付きやすくなります。

モバイルWiFiルーターやスマホに充電ケーブルを挿し忘れて寝てしまい、外出時に充電が切れているのに気づいて困った経験はありませんか?

わたしはバッグにルーターを入れたまま充電をするのを忘れたり、充電ケーブルのそばに置いていたのにケーブルを挿し忘れていて外出時に困った経験が何度かあります。

 

毎日クレードルにモバイルWiFiルーターをセットして習慣化すると充電を忘れなくなります。

「習慣は第二の天性」といいますが、ルーターをクレードルにセットしていないと「いつもと違う」と違和感を感じて自然と気がつくようになります。

モバイルWiFiルーターの定位置がクレードルに上に決まるので「どこに置いたかわからない」といって朝ドタバタするのを防ぐ効果もあります。

WiMAXのクレードルが不要な理由

  • 充電するだけなら必要ない
  • 4,000円程度のお金がかかる
  • 有線LANはほとんど使わない
  • 他の機種では使えない

充電するだけなら特に必要ない

充電するだけなら必要ない

クレードルには充電機能がありますが、モバイルルーターはクレードルがなくても付属のUSBケーブルがあれば充電できます。

 

コンセントで充電する時はUSBケーブルの他にコンセントに挿すための「ACアダプター」が必要になります。

ただスマホを使っている人はすでに「ACアダプター」を持っているはずですし、Amazonなどのネットショップで数百円で買うことができます。

またUSBケーブルをパソコンのUSBポートに差し込めば、コンセントを使わなくても充電することができます。

 

充電するだけならクレードルは特に必要ありません。

4,000円程度の費用が追加でかかる

クレードルを購入すると3,000~4,000円の費用が追加でかかります。

ACアダプターが数百円で買えることを考えると、充電するだけに買うには高すぎます。

 

クレードルの購入方法はWiMAXのキャンペーンによっても少し変わります。

WiMAXはプロバイダによって様々なキャンペーンがありますが、大きく分けて「キャッシュバック」と「月額割引」の2つに分かれています。

キャッシュバック特典の場合、クレードルを購入しても追加費用が発生しませんがキャッシュバック金額が減ることが多いです。

4,000円程度の費用が追加でかかる

キャッシュバックがなく「月額割引」の場合は、オプション品として購入になり、初月に月額料金や初期費用と一緒に代金を支払います。

どちらの場合も3,000~4,000円を支払って充電するためだけにクレードルを買うのはかなり微妙です。

有線LANはあまり使わない

クレードルにはLANポートがついているのでLANケーブルで有線接続が使えます。

WiFiが接続できない古いパソコンでインターネットを使うときには役に立ちますが、現在の端末は無線化が進みWiFiが使えるのが当たり前になっています。

そのため「有線LANが絶対に必要」という機会はほぼありません。

またWiMAXのモバイルルーターは、LANケーブルをわざわざ使わなくてもUSBで有線接続すればインターネットに繋がるのもLANポートが特に必要ない理由の1つです。

 

わたしは「スイッチ」や「ルーター」などのネットワーク機器に設定をして、インターネットに繋がるかテストする時にクレードルとモバイルルーターを使うことがあります。

会社内のネットワークは、基本的に外部の機器を接続しても通信ができないようにフィルタリングの設定されているので、代わりに外に出るモバイルルーターが必要になるからです。

ただし個人で利用する時は、LANケーブルでの有線接続が必要な場面というのはあまりありません。

あえていえば、先に紹介したPS4で有線接続するときくらいでしょうか。

他の機種では使えない

クレードルはそれぞれのモバイルルーターのサイズに合わせて作られているので、別の機種では同じクレードルを使えません。

コネクタの位置も機種毎に違うので、モバイルルーターを切り替える度に別のクレードルを購入する必要があります。

 

昔の携帯電話はキャリアやメーカー毎に充電器の作りが違うので携帯電話の数だけ充電器が必要でした。

クレードルもそれと同じです。

値段が高い割に汎用性がまったくありません。

一応形状が近いモバイルルーターなら対応していないクレードルでも充電はできるようですが、クレードルにドライバがはいっていないので、インターネットには接続できないようです。

関連リンクWiMAXの有線接続方法と注意点を詳しく解説!

WiMAXクレードルの口コミ

良い口コミ

良い口コミのまとめ

  • 電波の受信がよくなる
  • 常に充電してあるので楽
  • 放熱効果がある
  • 有線LANでテレビに接続できる

電波の受信が良くなりました。

ハイスピードモードが使える様になったので、通信制限を気にせず、ネットで映画を見たり動画を見たりしています。

絶対あったほうがいい。

PC使用も兼ねるなら絶対あった方がいいです。

自分はPCに有線で繋いでます。

常に充電してあるので出掛けるときとか楽です。

寝かせて運用するよりは放熱効果があり、安定稼動が期待出来ます。

LANケーブル接続端子があるのでTV等に接続出来て便利です。

良い口コミでは、LANケーブルで有線接続したいのでクレードルを購入している人が多いようです。

悪い口コミ

悪い口コミ

  • ただの置台にしては値段が高い
  • 電波がよくなるわけではない
  • ACアダプタがついていない

別に電波が良くなるわけではない。

ただの置き台としては便利だがそれにしては高い。

値段が値段なだけに、アダプタもセットなんだと思って買ってしまいました。

届いたのはただの置き台だけでした。

悪い口コミは「ただの置き台にしては料金が高い」「ACアダプタがついていない」などの意見が多かったです。

確かにクレードルはLANケーブルで有線接続しないなら必要ないでしょう。

 

口コミではクレードルを使うと「電波がよくなる」「電波は変わらない」という2つの口コミがありました。

クレードルで有線接続にするとLAN(ルーターから端末まで)の通信は無線の時より安定します。

ただしWAN(基地局からルーターまで)の電波は無線のままなのでルーター自体のアンテナや電波の受信強度は変わりません。

クレードルを使うことでLAN側の通信が改善し、通信速度が上がったり通信の安定性が増すことは考えられますが、電波のアンテナ自体が強くなることはないはずです。

 

ただし「WXシリーズ」のクレードルには「Wウイングアンテナ」というアンテナが内蔵されていているので、WiMAXの回線の受信感度が上がる効果があります。

WiMAXのクレードルまとめ

  • クレードルがあればLANケーブルで有線接続できる
  • WiMAXはUSBでも有線接続できる
  • 充電するだけなら特に必要ない

WiMAXのクレードルは「LANケーブルの有線接続が絶対に必要な人」以外必要ありません。

値段もそれなりにしますし、充電するだけなら必要ないのでほとんどの人は購入しなくてもいいでしょう。

一応Amazonなどのネットショップでも後から買うこともできるので、必要になったら購入すればいいでしょう。

 

クレードルはあったらそれなりに便利ですが3,000~4,000円程度のお金がかかることを考えるとコストに見合いません。

 

まだあまりWiFiの普及が進んでいない時代には、パソコンを有線LANでつないだり、ホテルの固定回線をWiFiにしたりできるのでクレードルはそれなりに役に立っていました。

しかし現在は無線通信が発展してどこでもWiFiが使えるようになっているので、モバイルルーターでわざわざLANケーブルの有線接続をするメリットがなくなっています。

それを反映するようにWiMAXの最新ルーターではクレードルが無くなっています。

関連リンクW06はクレードルがない!代用品でLANケーブルの有線接続はできる?

クレードルに新しい機能が追加されない限りはこのままなくなっていくのではないでしょうか。

-WiMAX

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.