ポケットWiFi

ドコモのポケットWiFiは月額料金が高すぎ!無制限プランもなし

ドコモのポケットWiFiは月額料金が高すぎ!無制限プランもなし

  • スマホが速度制限にかかるからポケットWiFiを利用したい
  • タブレットやPCを同時にネットでつなぎたい

このような理由から外に持ち運びできるポケットWiFiは人気を集めています。

ドコモユーザーの方は、ドコモショップで店員さんからドコモのポケットWiFiを勧められたことがあるかもしれません。

「ポケットWiFiは便利そうだし、ドコモユーザーだからドコモのポケットWiFiを使おう」と考えているのであれば少し待って下さい。

実はドコモのポケットWiFiは金額が高いので、ドコモユーザーであってもおすすめできません。

この記事ではドコモのポケットWiFiのメリットやデメリットを詳しく紹介していきます。

他社との比較やおすすめのポケットWiFiの紹介もしているので、ドコモのポケットWiFiを契約する前に一度目を通してください。

ドコモのポケットWiFiの料金プラン

ドコモのポケットWiFiの料金プラン

まずはドコモのポケットWiFiの料金プランをわかりやすく解説していきます。

ドコモのポケットWiFiは公式サイトをみても他社のように合計金額が表示されていません。

基本料金にインターネット接続サービスを追加するなど、色々な料金が組み合わされていることもあり、合計金額が非常にわかりくくなっています。

 

簡単に言うとドコモのポケットWiFiは「基本料金(データプラン+インターネット接続サービス)」に「データパック」を組み合わせて利用します。

ポケットWiFiの場合は基本料金が1400円と、使用するデータ量に応じて「データパック」を契約することで利用できます。

ドコモのポケットWiFiの料金

  • 基本月額料金:1200円
  • インターネット接続サービス:200円
  • データパック:2,900円~

そしてドコモのポケットWiFiには、ドコモユーザと新規ユーザーで2種類の契約方法があります。

ドコモポケットWiFiの2種類の使い方

  • ポケットWiFiだけを利用する場合
  • ドコモユーザーが追加契約する場合

ドコモのポケットWiFiを新規契約する場合

ドコモのポケットWiFiを新規契約する場合

ドコモのポケットWiFiを新規契約して使う場合は「基本料金1,400円」に「データパック」を追加して利用します。

データパックの料金は以下の通りになっています。

データパック名 データ量 月額料金
ベーシックパック(ステップ1) ~1G 2,900円
ベーシックパック(ステップ2) ~3G 4,000円
ベーシックパック(ステップ3) ~5G 5,000円
ベーシックパック(ステップ4) ~20G 7,000円
ウルトラデータLパック 20G 6,000円
ウルトラデータLLパック 30G 8,000円

ベーシックパックは使ったデータ量に応じて金額が増えていくプランです。

5Gを超えると20G定額の「ウルトラデータLパック」のほうが安くなるので、月5G以下であまりネットを使わない人向けのプランです。

安くなるといっても「ウルトラデータLパック」は20Gで月額6,000円かかります。

基本料金1,400円と合わせると20Gで月額7,400円かかってしまうので、お世辞にも安いとはいえません。

ドコモユーザーがポケットWiFiを追加契約する場合

ドコモユーザーがポケットWiFiを追加契約する場合

ドコモユーザーがドコモのポケットWiFiを利用する場合、スマホとポケットWiFiのデータ量をシェアして利用することができます。

データパックのデータ量を他のドコモ端末とシェアして使う場合、月額500円のオプションに加入する必要があります。

ドコモユーザーがポケットWiFiを追加契約する場合

基本料金1,400円とシェアオプション500円で合計1,900円を支払うと、ドコモ端末とポケットWiFiを一緒に使うことができます。

 

ただし1,900円追加で支払っても、スマホとデータ量をシェアできるだけでデータ量自体が増えるわけではありません。

スマホのデータ量が余っているならいいですが、多くの場合ポケットWiFiを追加したら、よりデータ量の多いデータプランに見直しが必要になるでしょう。

そのため「スマホだとデータ量が足りないから、ポケットWiFiを使いたい」という人には向いていません。

また、スマホのデータ量が余っているなら「テザリングを使えばポケットWiFiはいらないのではないか?」という疑問もあります。

家族とデータ量をシェアすることも可能

家族とデータ量をシェアすることも可能

ドコモのデータプランには一人で利用する「データパック」の他に、家族と一緒にデータ量をシェアできる「シェアパック」があります。

家族にドコモユーザーがいれば「シェアパック」を利用することで、家族のスマホとポケットWiFiのデータ量をシェアすることができます。

シェアパックの月額料金は以下のとおりです。

シェアパック名 データ量 月額料金 パケット繰り越し
ベーシックシェアパック(ステップ1) ~5G 6,500円
ベーシックシェアパック(ステップ2) ~10G 9,000円
ベーシックシェアパック(ステップ3) ~15G 13,500円
ベーシックシェアパック(ステップ4) ~30G 15,000円
ウルトラシェアパック30 30G 13,500円
ウルトラシェアパック50 50G 16,000円
ウルトラシェアパック100 100G 25,000円

「ベーシックシェアパック」は、ベーシックパックと同じで使ったデータ量に応じて金額が増えていくプランです。

10G以上使うと定額30G使える「ウルトラシェアパック30」と値段が同じになります。

定額プランは使わなかったデータ量の繰り越しもできるので10G以上使うなら定額プランを使ったほうがお得です。

 

ただしシェアパックは全体的に金額がかなり高めです。

一番安いベーシックシェアパックを5G以内で使った場合でも、月額8,400円かかります。

 

家族全員がドコモに加入していてそれぞれが個別にデータプランに入っているなら、シェアパックに加入することで通信料金が安くなる可能性があります。

しかしドコモのポケットWiFiを使うために、わざわざシェアパックにデータプランを切り替えるのはおすすめできません。

「元々家族全員でシェアパックを使っていて、データ量が余っているからポケットWiFiを追加する」といった状況でない限りは割高になってしまうでしょう。

ポイント

  • データパック:同一名義の契約。繰越はできない
  • シェアパック:家族とデータ量をシェアできる。繰越も可能

ドコモのポケットWiFiのルーター

ドコモのポケットWiFiのルーター

ドコモのポケットWiFIのルーターは現在「N-01J」の1種類しかありません。

2019年春には最新機種「HW01-L」が追加される予定です。

ドコモのポケットWiFiルーター「N-01J」

ドコモのポケットWiFiルーター「N-01J」

「N-01J」は、2017年に発売されたルーターですが、最大通信速度が下り788Mpbs、上り50Mbpsと高速です。

同じ2017年に発売されたソフトバンクのモバイルWiFiルーター「601HW」が下り最大613Mbpsなので、比較してみても通信速度は早めですね。

ドコモのポケットWiFiルーター「HW01-L」

ドコモのポケットWiFiルーター「HW01-L」

2019年春には最新機種「HW01-L」が発売予定です。

「HW01-L」は最大通信速度が下り1,288Mbps、上り131.3Mbpsとさらに高速になります。

モバイルWiFiルーターの中でも非常に高速な端末です。

ドコモのポケットWiFiは2年間契約すれば端末はかかりませんが、2年以内に解約すると違約金とは別に残った端末代を支払わなければいけません。

2年間使い続けることを考えると契約するなら「HW01-L」が発売してからにしたほうがいいでしょう。

ドコモのポケットWiFiの良い点

  • エリアが広く安定している
  • 通信速度が高速
  • 海外でも使える

エリアが広い

ドコモのポケットWiFiは、通信回線にXi(クロッシィ)と呼ばれるLTE回線を使っています。

ドコモのスマホと同じ携帯通信なので広いエリアで使用でき日本全国どこでも使えます。

LTE回線では、プラチナバンド(700~900MHz)という障害物に強い電波を使っているので、建物の中や地下でもつながりやすいです。

ドコモの回線は基地局が多いので、大手通信業者(ドコモ、au、ソフトバンク)の中でも一番安定していて繋がりやすいという評判もよく耳にします。

恐らくエリアカバー率は一番高いのではないでしょうか。

通信速度が高速

通信速度が高速

ドコモのポケットWiFiは、通信速度が高速です。

現在利用できるモバイルWiFiルーター「N-01J」は2017年に発売された少し古い端末ですが、最大通信速度が下り788Mpbs、上り50MbpsとモバイルWiFiルーターの中でも高速です。

 

2019年春に発売される最新機種「HW01-L」は最大通信速度が下り1,288Mbps、上り131.3Mbpsとさらに高速になります。

光回線の下り最大通信速度が1Gbpsなので、ポケットWiFiにもかかわらず固定回線よりも高速な通信が可能です。

有線のほうがノイズが入らず通信が安定するため実測値は無線より速いでしょうが、ここまで高速なら無線でも十分な実効速度が期待できます。

エリアの広さや安定性、通信速度に関してはさすがドコモ回線といったところですね。

「海外パケ・ホーダイ」で海外でも利用可能

海外でも使える

ドコモのポケットWiFiは「海外パケ・ホーダイ」が利用できるので、海外に持っていけばそのままインターネットが利用できます。

海外パケ・ホーダイで海外でも利用可能

海外で使った場合別途料金がかかり、「24.4Mまでは1日1,980円」、それ以上は「1日2,980円」となります。

1ヶ月ではなく「1日の金額」なので注意して下さい。

グーグルマップで目的地を表示したりすると24.4Mはすぐに超えてしまいますから、1日2,980円かかると考えておいたほうがいいです。

10日の旅行だと3万円近くの金額が追加でかかることになります。

そのまま海外でもインターネットが使えるのは便利ですが、金額が高すぎるのでおすすめできません。

海外で安くインターネットを使いたいなら、海外旅行向けのポケットWiFiレンタルサービスを利用したほうがいいでしょう。

ドコモのポケットWiFiがおすすめできない理由

ドコモのポケットWiFiは、エリアの広さや安定性、高速な通信速度などスペック自体はとても高いです。

しかしドコモのポケットWiFiがおすすめできない致命的な理由があります。

それは以下の2つです。

  • 無制限プランがない
  • 料金が高すぎる

無制限プランがない

無制限プランがない

ドコモのポケットWiFiには無制限プランがありません。

ドコモのポケットWiFiはスマホと同じ仕組みでデータパックを使っていることもあり、どのプランでも月のデータ量に上限があります。

月間データ通信量を超えると、翌月末まで128Kbpsの速度制限にかかり、ほとんど使い物にならなくなります。

メモ

ドコモのポケットWiFiは「追加で1,000円支払うことでデータ量1Gを追加」できます。

お金さえあれば実質無制限で使えますが現実的ではありません。

無制限ならデータ量をいちいち気にしなくていいので、快適にインターネットを使えます。

「スマホがすぐに速度制限にかかるから容量を気にせずに使いたい」という理由でポケットWiFiを使う人も多いです。

実際、無制限プランがあるポケットWiFiの一つ「WiMAX」では、90%以上の人が無制限で使えるプランを選んでいます。

無制限プランがない

ポケットWiFiを快適に使うなら、データ使用量を気にしなくていい無制限プランの方が断然おすすめです。

一人暮らしの方であれば無制限のポケットWiFiを使えば、自宅の固定回線のかわりとして使えるので通信費の節約にもなります。

実際わたしは家に固定回線を引かずに、ポケットWiFiでノートパソコン、スマホ、タブレットを使っています。

他社と比べて料金が高すぎる

ドコモのポケットWiFiがおすすめできない一番の理由は料金が高すぎることです。

主要なポケットWiFiの通常プランの月額料金を比べてみると下の表のようになります。

ポケットWiFi データ量 月額料金
ドコモ 5G 6,400円
au 7G 3,696円
ソフトバンク 7G 3,696円
ワイモバイル 7G 3,696円
WiMAX(UQ WiMAX) 7G 3,696円

ドコモ以外のポケットWiFiはどこも月7Gで月額料金も横並びです。

しかしドコモのポケットWiFiだけは5Gしか使えないのに、他社のポケットWiFiに比べて3,000円近く高くなっています。

データ量が多くなるとさらに割高に

次に各社のポケットWiFiを一番大きなデータプランで比較してみます。

ポケットWiFi データ量 月額料金
ドコモ 30G 9,400円
au 無制限 4,380円
ソフトバンク 7G(無制限なし) 3,696円
ワイモバイル 無制限 4,380円
WiMAX(UQ WiMAX) 無制限 4,380円

「au」「ワイモバイル」「WiMAX」の3社は無制限で使えるプランが存在します。

ソフトバンクのポケットWiFiはワイモバイルと同じ回線なのですが、なぜか無制限プランがありません。

そのためデータ量と月額料金は先に紹介した表と同じです。

注目したいのはドコモは30Gまでしか使えないのに、他社の無制限プランより月額料金が5,000円以上高い点です。

単純計算してみても月額料金だけで年間6万円以上、2年契約で12万円以上の損することになります。

30Gで月額料金が9,400円かかるのは、他社のポケットWiFiと比較してみても明らかに高すぎです。

例外的にドコモのポケットWiFiが安くなるケース

金額が高すぎるドコモのポケットWiFiですが、例外的に金額が安くなる場合があります。

それは現在ドコモのスマホをベーシックパックで「5Gまで」利用していて、ポケットWiFiを別に使いたい場合です。

月額5,000円のベーシックパック(~5G)を、月額6,000円の「ウルトラデータLパック(20G)」に切り替えることで、追加料金1,000円で15G使うことができます。

これにポケットWiFiの基本料金1,900円を追加すると、合計2,900円で15GのポケットWiFiを持つことができます。

  • ポケットWiFiの基本料金:1,900円
  • プラン変更:1,000円

合計2,900円

これならソフトバンクなどの月7GのポケットWiFiを別で持つよりもトータルの費用は安くなります。

ただし無制限で使えるわけではないので、ネットを余り使わないライトユーザー向けです。

 

またこの場合でも、ドコモのスマホを一番安いデータプラン(2,900円)にして、無制限プランのあるポケットWiFiを使ったほうが安くなります。

ポイント

  • ウルトラデータLパック(6,000円)+ポケットWiFiの基本料金(1,900円)=7,900円
  • ベーシックパック(2,900円)+無制限ポケットWiFi(4,380円)=7,280円

元々大手キャリアの通信費は高めです。

ドコモを含む大手3キャリアは政府から「通信費が高すぎるから安くするように」と言われているくらいです。

低価格な格安スマホが人気なのもそのためでしょう。

ポケットWiFiに関しても大手キャリアは料金が高めですが、ドコモのポケットWiFiはその中でもずば抜けて高いです。

ドコモのポケットWiFiと他社のポケットWiFiを比較

ドコモのポケットWiFiと無制限プランがある主要なポケットWiFiを比較してみます。

ポケットWiFi データ量 速度制限 制限後の速度 月額料金
ドコモ 30G 容量超過 128Kbps 9,400円
au 無制限 3日間で10G 1Mbps 4,380円
ワイモバイル 無制限 3日間で10G 1Mbps 4,380円
WiMAX(UQ WiMAX) 無制限 3日間で10G
1Mbps 4,380円

比較してみるとドコモのポケットWiFiは高すぎる上に、無制限プランがないため問題外となります。

 

ドコモ以外の無制限で使えるポケットWiFiは、月のデータ量の制限はありませんが「短期間の速度制限」が存在します。

3社とも内容は同じで「直近3日間で10Gを超えると翌日の夜に1Mbpsに速度制限される」という内容です。

ポケットWiFiは、ヘビーユーザーが帯域を専有するのを防ぐために短期間の速度制限が必ず存在します。

完全無制限で使えるポケットWiFiはありません。

ですから、速度制限の条件がゆるいポケットWiFiを選択する必要があります。

 

無制限が使える3社は速度制限が「3日間で10G」とかなり緩めです。

速度制限にかかっても翌日の夜の間だけなので昼間は普通に使えますし、速度制限後も1Mbpsの速度がでるので、Youtubeの標準動画を観ることができます。

普通に使うのであれば速度制限にかかっても全く問題ありません。

 

ドコモ以外の無制限が使えるポケットWiFiは、月額料金や速度制限の内容はほとんど同じで横並びですが、一番おすすめなのは「WiMAX」です。

上記のWiMAXの料金は本家「UQ WiMAX」の金額ですが、お得なキャンペーンを使えば、上記の金額からさらに数万円安く利用することができるからです。

ポケットWiFiは、キャンペーンを利用してWiMAXを使うのが一番お得で安く利用できます。

ポケットWiFiで一番お得なWiMAXの利用方法

それでは、お得にWiMAXを使う方法をご紹介します。

ポケットWiFiを無制限で安く使いたい人は参考にして下さい。

WiMAXのエリアを確認する

WiMAXのエリアを確認する

まずは自宅や職場でWiMAXが使えるかどうか、エリアマップを確認してみましょう。

当たり前ですがエリア外だとWiMAXを使うことができませんからね。

WiMAXのサービスエリアは、UQ WiMAXの公式サイトから確認することができます。

>>WiMAXのサービスエリアを確認する

「ピンポイントエリア判定」で住所を直接入力すれば、「○」「△」「✕」でWiMAXの電波が入るかどうか確認することができます。

WiMAXのエリアを確認する

サービスエリアの詳しい確認方法はこちらの記事にも具体的に記載してあるので、よかったら参考にして下さい。

>>WiMAXのエリア範囲と確認方法を解説!

WiMAXは無料の15日間お試しサービスもあり

実際に電波が届くか試したい方はUQ WiMAXの「Try WiMAX」を利用してみるといいでしょう。

「Try WiMAX」は15日間無料でWiMAXのルーターをレンタルできるサービスです。

 

こちらの記事で「Try WiMAX」利用する際の注意点をまとめてあります。

>>Try WiMAXの7つの注意点 !15日間無料レンタルの前に確認!

利用する際は一度目を通しておくといいですよ。

WiMAXは本家ではなくプロバイダを必ず利用する

WiMAXは本家ではなくプロバイダを必ず利用する

「WiMAX」は、KDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が管理運営を行っているネット回線です。

WiMAXは本家「UQ WiMAX」以外にも、「so-net」や「BIGLOBE」、「GMOとくとくBB」などの様々な「プロバイダ」と呼ばれる通信事業者がサービスを提供しています。

auも「WiMAX」の回線を使っているプロバイダの一つです。

 

WiMAXは、本家「UQ WiMAX」で契約するよりもプロバイダを利用したほうが得をする仕組みになっています。

それぞれのプロバイダが独自のキャンペーンを行っているので、本家UQ WiMAXよりも数万円お得に利用できるんです。

回線元は同じなので、エリアや通信速度はどのプロバイダを選んでも全く同じです。

ですからWiMAXを利用する時は、一番お得なキャンペーンをしているプロバイダを選ぶことが重要になってきます。

WiMAXで一番キャンペーンがお得なプロバイダ

それではWiMAXで一番キャンペーンがお得なプロバイダはどこでしょうか?

一番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB 」です。

キャッシュバック金額がWiMAXプロバイダの中で一番高いので、本家UQ WiMAXよりも大幅に安くポケットWiFiを使うことができます。

UQ WiMAXとGMOとくとくBBの料金を比較してみると下の表のようになります。

UQ WiMAX GMOとくとくBB
契約手数料 3,000円 3,000円
月額料金(端末発送月) 3,696円の日割り 3,609円の日割り
月額料金(1~2ヶ月目) 3,696円 3,609円
月額料金(3ヶ月目以降) 4,380円 4,263円
キャッシュバック金額 商品券1万円 30,000円以上(端末で異なる)

「GMOとくとくBB」は「UQ WiMAX」よりも月額料金が安く、さらにキャッシュバックが3万円以上あるのでUQ WiMAXよりも数万円お得に利用できます。

 

キャッシュバック金額が高いのでドコモのポケットWiFiと比較した場合だと2年間で15万以上得をします。

また20日以内なら解約金不要で解約することもできるため「Try WiMAX」を利用しなくても安心して利用することができます。

ポケットWiFi選びに悩んだらWiMAXの「GMOとくとくBB 」を選べば間違いありません。

まとめ:ドコモのポケットWiFiはおすすめできない

ドコモのポケットWiFiは「通信エリアが広い」「通信速度が速い」というメリットがありますが、無制限プランがなく、なにより金額が高すぎます。

他社のポケットWiFiに比べて、15万円以上損をするので全くおすすめできません。

ドコモのポケットWiFiの利用を検討している人は、別のポケットWiFiの利用も考えてみるといいですよ。

 

ポケットWiFiを安く利用するならau系列のネット回線「WiMAX」が一番おすすめです。

WiMAXのプロバイダは「GMOとくとくBB 」を選ぶといいですよ。

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ