ポケットWiFiやWiMAXを専門家が比較しておすすめするサイト

ネトコネ

ポケットWiFi

WiMAXを口座振替、クレカなしで利用!プロバイダ3社を徹底比較!

WiMAXを口座振替、クレカなしで利用!プロバイダ3社を徹底比較!

  • WiMAXで口座振替で使いたい
  • クレジットカードを持っていないけどWiMAXを利用したい
  • 口座振替で一番お得なWiMAXプロバイダを知りたい

WiMAXはほとんどのプロバイダで支払い方法はクレジットカードのみです。

しかしクレジットカードを持っていなかったり、クレジットカードを使いたくない方もいるはずです。

そんな方のために、この記事では口座振替で支払いができるWiMAXプロバイダについてまとめました。

口座振替ができるWiMAXプロバイダの料金を比較して、一番お得なプロバイダを紹介しています。

WiMAXを口座振替で使いたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

WiMAXで口座振替できるプロバイダは3社のみ

 

WiMAXの支払い方法はクレジットカードが多く、口座振替ができるWiMAXプロバイダは数が限られています。

現在、WiMAXプロバイダで口座振替ができるのは以下の3社です。

口座振替ができるWiMAXプロバイダ

  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX
  • UQ WiMAX

以前は「So-net WiMAX」でも口座振替ができましたが、現在は新規契約はクレジットカードの支払いのみとなっています。

口座振替は「未払いになった時の端末代や使用料金の請求が面倒」「そもそも申し込む人の数があまり多くはない」という理由から、多くのWiMAXプロバイダはクレジットカード払いのみとなっているようですね。

ただしクレジットカードを持っていない方や使いたくない方もいるので、本家のUQ WiMAXや少数のプロバイダは口座振替で支払いができるようになっています。

WiMAXの口座振替は「BIGLOBE WiMAX」がおすすめ

WiMAXを口座振替するならプロバイダは「BIGLOBE WiMAX」が一番おすすめです。

理由は単純で料金が一番安いからです。

後ほど口座振替ができるWiMAXプロバイダ3社の料金を比較しますが、BIGLOBE WiMAXが実質料金が一番安くなります。

 

Broad WiMAXとUQ WiMAXは口座振替にするとキャンペーン対象外となり料金が高くなります。

BIGLOBE WiMAXは口座振替でも割引キャンペーンが適応されるので、合計金額を比較すると他社よりも安くなります。

BIGLOBE WiAMXがおすすめな理由

  • 料金が一番安い
  • 口座振替でもキャンペーンが適応される
  • キャッシュバックの受け取りが簡単
  • 大手プロバイダなので安心

口座振替ができるWiMAXプロバイダ3社の料金比較

WiMAXで口座振替ができるプロバイダ3社の料金を比較してみました。

プランは無制限で使える「ギガ放題プラン」、契約年数は3年契約で比較しています。

3年間の合計費用 実質月額料金
BIGLOBE WiMAX(キャッシュバック) 144,610円 4,016円
Broad WiMAX 150,483円 4,180円
BIGLOBE WiMAX(月額割引) 151,210円 4,200円
UQ WiMAX 159,312円 4,425円

3年間の合計費用はBIGLOBE WiMAXが一番安くなりますね。

Broad WiMAXはクレジットカード払いなら3社の中で一番安くなりますが、口座振替だとキャンペーンが利用できないので高くなります。

BIGLOBE WiMAXの口座振替の特徴

「BIGLOBE WiMAX」は「キャシュバック」と「月額割引」の2つの特典があり、利用者がどちらか好きな方を選べるようになっています。

BIGLOBE WiAMXの特典は「キャッシュバック」の方が「月額割引」よりも合計6,000円以上安くなるので、キャッシュバックを選択するのがおすすめです。

キャッシュバック 月額割引
事務手数料 3,000円 3,000円
初期費用 5,100円 ※端末代4,800円は実質無料 5,100円 ※端末代4,800円は実質無料
1~2ヶ月目 3,495円 3,145円
3~24ヶ月目 4,180円 3,830円
25~36ヶ月目 4,380円 4,380円
キャッシュバック 15,000円 0円
3年間合計金額 144,610円 15,1210円

※別途、口座振替手数料が月200円かかります。

 

キャッシュバックには受け取り手続きが必要ですが、BIGLOBE WiMAXのキャッシュバックは6ヶ月後に受け取ることができ、手続きも簡単です。

BIGLOBEは口座振替で支払った場合、端末受け取りの際に代金引換で「端末代4,800円+代引手数料300円」が必要です。

端末代4,800円分は最初に代引で支払う必要がありますが、月額料金から24ヶ月間200円割引されて相殺されているため、実質無料になります。

2年以内に途中で解約しなければ、初期費用は代引手数料の300円だけとなります。

クレジットカードのときと違い初期費用がかかる点に注意しましょう。

BIGLOBE WiMAXに関してはこちらの記事も参考してください。

>>BIGLOBE WiMAXのメリットと知っておきたい2つの注意点

Broad WiMAXの口座振替の特徴

「Broad WiMAX」は月額料金の割引が高いことで人気のプロバイダです。

料金が安く、WiMAXの中でシェアNo2のプロバイダです。

Broad WiMAX
事務手数料 3,000円
初期費用 18,857円
1~2ヶ月目 2,726円
3~24ヶ月目 3,411円
25~36ヶ月目 4,011円
キャッシュバック 0円
3年間合計金額 150,483円

※別途、口座振替手数料が月200円かかります。

 

月額料金は3社の中で一番安いですが、口座振替にした場合初期費用18,857円がかかります。

Broad WiMAXは支払い方法がクレジットカードだと「初期費用無料キャンペーン」が適応されるので初期費用はかかりません。

しかし口座振替はキャンペーン対象外となるので、契約時に2万近くの初期費用を支払う必要があります。

 

クレジットカード払いの場合は3社の中で一番料金が安くなりますが、口座振替の場合は初期費用があるので、BIGLOBE WiMAXより高くなります。

月額料金は安いですが初期費用がかなり高いので、契約時の負担が大きくあまりおすすめできません。

Broad WiMAXについてはこちらの記事で詳しくまとめてあります。

>>Broad WiMAXの利用前に知るべきメリットと4つのデメリット

UQ WiMAXの口座振替の特徴

「UQ WiMAX」は、WiMAXの回線を取り扱う「UQコミュニケーションズ」が運営するWiMAXです。

WiMAXの本家なので、クレジットカードと口座振替で支払いが可能です。

しかし料金は決して安くはありません。

UQ WiMAX
事務手数料 3,000円
初期費用 0円
1~2ヶ月目 3,696円
3~36ヶ月目 4,380円
キャッシュバック 0円
3年間合計金額 15,9312円

※口座振込手数料は無料

 

UQ WiMAXは13,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っていますが、クレジットカードのみ対象となります。

口座振替だとキャンペーン対象外となるので、キャッシュバックは受け取れません。

他のWiMAXプロバイダは口座振込手数料として月200円かかりますが、UQ WiMAXは口座振込手数料が無料です。

しかしキャッシュバックがなく月額料金の割引も少ないので、口座振込手数料が無料になっても合計金額は3社の中で一番高くなります。

口座振替で2年契約ができるにはUQ WiMAXだけ

UQ WiMAXは3年契約の他に2年契約も可能です。

2年契約で口座振替ができるのはUQ WiMAXだけです。

以前はBIGLOBE WiMAXにも2年契約がありましたが、現在は3年契約のみとなりました。

 

UQ WiMAXは2年契約の場合も月額料金は3年プランと同じです。

UQ WiMAX(2年契約)
事務手数料 3,000円
初期費用 0円
1~2ヶ月目 3,696円
3~24ヶ月目 4,380円
キャッシュバック 0円
2年間合計金額 106,752円

※口座振込手数料は無料

 

UQ WiMAXは2年契約だと、キャッシュバックキャンペーンが対象外となるデメリットがあります。

しかし口座振替は元々キャンペーン対象外なので、クレジットカードで2年契約するよりはデメリットは少ないです。

WiMAXは3年契約が主流となっているので、2年契約できるプロバイダ自体がほとんどありません。

料金が安いとはいえませんが、「2年契約で口座振替がしたい」という方はUQ WiMAXを利用しましょう。

WiMAXの口座振替手数料について

WiMAXを口座振替にした場合、毎月口座振替手数料がかかります。

各WiMAXプロバイダの口座振替手数料を比較してみました。

プロバイダ名 口座振替手数料
BIGLOBE WiMAX 200円
Broad WiMAX 200円
UQ WiMAX 無料

UQ WiMAXのみ口座振替手数料がかからず無料です。

 

しかし元々の月額料金が高いので、口座振替手数料を加えてもUQ WiMAXの料金が一番高くなります。

口座振替手数料を加えた料金をまとめると以下のようになります。

3年間の合計費用 3年間の口座振替手数料 合計金額
BIGLOBE WiMAX(キャッシュバック) 144,610円 7,200円 151,810円
Broad WiMAX 150,483円 7,200円 157,683円
BIGLOBE WiMAX(月額割引) 151,210円 7,200円 158,410円
UQ WiMAX 159,312円 0円 159,312円

BIGLOBE WiMAXのほうが7,000円以上安くなります。

口座振替手数料が無料であってもUQ WiMAXをあえて選ぶ必要はないでしょう。

WiMAXの口座振替の注意点

口座振替には審査が必要

WiMAXで口座振替をする場合、申込み時に審査が必要になります。

よほどのことがなければ落ちることはないですが、審査をして「支払能力がない」と判断されてしまうと、審査が落ちる可能性はあります。

例えば、過去にクレジットカードの支払いを滞納してカードが停止になった方は、信用情報機関にその履歴が数年は残ります。

審査時に信用情報機関の情報を参照して、支払能力がないと判断されて審査に落ちる可能性はあります。

口座振替に審査がある理由

クレジットカードの場合、カード会社がお金を立て替えて後日利用者に請求を行いますが、口座振替は利用者の口座から直接引き落としをします。

もし端末代や利用料金が未払いになった場合、クレジットカードの支払いであれば、会社はお金をクレジットカード会社から受け取ることができますが、口座振替の場合、自分たちで委託会社などに依頼をするなどして、お金を回収しなければいけません。

会社からすれば口座振替はクレジットカードよりもリスクが高く、手間もかかるので、事前に過去に滞納がないかなどを調べて、ある程度支払能力があるかを審査します。

クレジットカードの場合は、クレジットカード会社によって事前に審査されているため、審査はありません。

端末が届くまで時間がかかる

口座振替はクレジットカードに比べると、端末が届くまでに少し時間がかかります。

WiMAXを口座振替で利用する場合の流れは以下のようになっています。

  • 口座振替の手続をする
  • 支払い方法を確定する(3~10日)
  • 支払い方法が確定後に、端末を発送

口座振替の場合、手続きをして支払い方法が確定するまでは数日間は端末が発送されません。

端末の即日発送を行っているプロバイダもありますが、口座振替の場合は支払い方法が確定する時間が必要なので、即日発送はできないと考えておきましょう。

支払い方法が確定する日数はBIGLOBE WiAMXの場合で7~10日程度となっています。

ただし「申込書を返送した後」と記載があるので、郵送の日数も含めている可能性が高いです。

口座振替の手続は「申込書を郵送する」か「Webで申し込み」の2種類があるので、Webで申し込みをすれば、もう少し早く手続きできそうです。

早めに手続をしたい人はWebで申し込みをしたほうが時間短縮になります。

ただし以下に該当する方はWebでの手続きはできません。

  • 20歳未満の方
  • 家族名義の口座を利用する方

上記のケースにあてはまる方は、申込書から口座振替の手続を行いましょう。

WiMAXは口座振替よりもクレジットカードの方がお得

WiMAXはクレジットカード払いのみのプロバイダが多く、キャンペーンもクレジットカード払いのほうが充実しています。

口座振替ができるプロバイダであっても、口座振替はキャンペーン対象外となったり、口座振替手数料がかかるなどのデメリットがあります。

 

もし「クレジットカードを持っていないから口座振替の支払いを考えている」のであれば、先にクレジットカードを作ったほうがいいかもしれません。

入会費、年会費無料のクレジットカードであれば、維持費は一切かかりませんし、クレジットカードは1枚持っていればインターネットで買物をするときにも便利です。

「クレジットカードを絶対に使いたくない」という方でなければ、WiMAXの申込みに合わせて1枚クレジットカードを作ることを検討してみるといいでしょう。

クレジットカード払いならWiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめ

もし口座振替ではなくクレジットカードで支払いをするなら、WiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBはシェアNo1のWiMAXプロバイダで、料金が最安で利用できます。

BIGLOBE WiMAXの口座振替と、GMOとくとくBBのクレジットカードの料金を比較してみます。

GMOとくとくBB(クレジットカード) BIGLOBE WiMAX(口座振替)
事務手数料 3,000円 3,000円
初期費用 0円 5,100円 ※端末代4,800円は実質無料
1~2ヶ月目 2,170円 3,495円
3~24ヶ月目 3,480円 4,180円
25~36ヶ月目 3,480円 4,380円
キャッシュバック 0円 15,000円
口座振替手数料 0円 200円
3年間合計金額 125,660円 151,810円

BIGLOBE WiMAXに比べると、GMOとくとくBBのほうが2万5,000円以上安くなります。

シェアNo1のプロバイダですので安心感がありますし、何より料金が安いです。

クレジットカードでの支払いを考えているなら、WiMAXプロバイダは「GMOとくとくBB」を選ぶといいですよ。

>>GMOとくとくBBの月額割引特典をみてみる

WiMAXの口座振替まとめ

WiMAXで口座振替を選ぶなら「BIGLOBE WiMAX」が一番おすすめです。

BIGLOBE WiMAXがおすすめな理由

  • 料金が一番安い
  • 口座振替でもキャンペーンが適応される
  • キャッシュバックの受け取りが簡単
  • 大手プロバイダなので安心

他のWiMAXプロバイダはキャンペーンが適応外となるのでおすすめできません。

WiMAXで口座振替をするならBIGLOBE WiMAXを選びましょう。

-ポケットWiFi

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.