WiMAX・ポケットWiFiの比較やおすすめを紹介!

ネトコネ

WiMAX

WiMAXのエリア範囲と確認方法を解説!

WiMAXのエリア範囲と確認方法を解説!

WiMAXを使うならまず使えるエリアを確認することが大事です。

WiMAXは無制限で使える便利なポケットWiFiですが、どこでも使えるわけではありません。

当たり前ですが、エリア外だと全く使うことができません。

 

WiMAXで快適にインターネットを使うなら必ず事前にサービスエリアを確認して準備しておきましょう。

今回はWiMAXのエリア範囲の確認方法や、エリア判定後の流れをわかりやすく紹介します。

WiMAXのエリアを確認する方法

WiMAXのエリアを確認する方法

WiMAXのエリアは「UQ WiMAX」の公式サイトから簡単に確認することができます。

WiMAXのエリアマップ

「UQ WiMAX」のサイトでエリア確認する理由は、WiMAX回線はKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が管理運営しているからです。

WiMAXには20以上のプロバイダがあり料金やサービスに違いがありますが、利用できるエリアはどこで契約しても変わりません。

格安スマホがドコモ、au、ソフトバンクの回線を使っているのと同じですね。

どのプロバイダを選ぶ場合でもWiMAXのエリアは本家「UQ WiMAX」の公式サイトから確認しましょう。

WiMAXサービスエリア2つの確認方法

WiMAXのサービスエリアには2つの確認方法があります。

  • サービスエリアマップ:地図上でWiMAXのエリアを確認できる
  • ピンポイントエリア判定:住所を直接入力してエリアの詳細な情報を確認できる

サービスエリアマップ

サービスエリアマップでは、地図上からWiMAXのエリアを調べることができます。

WiMAXのエリア内は色付きで表示されます。

サービスエリアマップ

自分の住んでいるエリアがWiMAXの範囲内かどうか視覚的に調べることができるのでわかりやすいです。

ただしサービスエリアマップはWiMAXのエリア内かどうか確認するだけで、細かい電波の強弱などはわかりません。

ピンポイントエリア判定

WiMAXは一部の地域で使えないこともあるため、サービスエリアマップの地図上で自分の住んでいる地域がエリア内でも「ピンポイントエリア判定」を使って調べることをおすすめします。

ピンポイントエリア判定を使えば、住所を入力してその地域がWiMAXのエリア内かどうか「○」「✕」「△」で判定してくれます。

ピンポイントエリア判定

ピンポイントエリア判定はサービスエリアマップよりも詳細なエリア情報がわかるので、WiMAXのエリアを確認する時はこちらを利用しましょう。

ただしLTEのエリアを調べることはできません。

WiMAXの3つのエリア

UQ WiMAXのサイトでは、WiMAXで使用できる3つの回線のエリアを確認することができます。

WiMAXの3つのエリア

  • WiMAX:WiMAXの旧回線
  • WiMAX2+:現在のWiMAX回線
  • LTE:auの4G/LTE回線

WiMAXのエリアを調べる時は「WiMAX2+」のエリアマップを確認しましょう。

WiMAXとWiMAX2+、2つの回線があるのでどちらのエリアを調べたらいいのか悩むかもしれませんが、WiMAXは以前使われていた旧回線です。

WiMAXはWiMAX2+に移行していて、現在WiMAXを契約する場合、「WiMAX2+」のサービスエリアを使うことになります。

WiMAXのエリアを確認する手順

WiMAXのエリアを「ピンポイントエリア判定」で確認する手順を解説します。

まず「UQ WiMAX」の公式サイトにアクセスします。

WiMAXのエリアマップ

画面が表示されると最初はサービスエリアマップが表示されています。

隣りにある「ピンポイントエリア判定」のボタンをクリックします。

WiMAXのエリアを確認する手順

回線は現在使用されている「WiMAX2+」を選択しましょう。

最後に住所を直接入力するか住所リストから住所を調べれば、結果を確認できます。

自宅など番地まで住所がわかるのであれば、直接住所を入力したほうが早いですね。

WiMAXのエリアを確認する手順

エリア判定の結果は「○」「○~△」「△」「✕」で表示されます。

「○」であれば問題ありませんが、「○~△」「△」の場合は、電波が少し弱い場合があります。

WiMAXのエリア判定について

「○」の場合

ピンポイントエリア判定の結果が「○」の場合は、基本的に問題なく利用できます。

安くてお得なプロバイダを選んで契約しましょう。

WiMAXは契約期間が決まっているので解約すると違約金がかかりますが、プロバイダによってはキャンセルが可能です。

WiMAXプロバイダの「GMOとくとくBB」であれば「○」判定の場合、申込み後20日間はキャンセルできます。

GMOとくとくBBのキャンセル

「GMOとくとくBB」は高額キャッシュバックがあるのでWiMAXの中で実質料金が最安で利用でき、最もおすすめのプロバイダです。

「△」の場合

「○~△」「△」など判定結果に「△」がある場合、電波が弱いためアンテナが2本しか立たず少し繋がりにくいことがあります。

「○~△」の場合は問題ないことが多いですが、近くに「△」のエリアがあることも多く、近所で使うと繋がりにくくなる可能性があります。

判定結果に「△」がある場合、WiMAXが無料レンタルできる「Try WiMAXを」を利用することをおすすめします。

「✕」の場合

エリア判定結果が「✕」だった場合、WiMAXのエリア外なので利用することができません。

WiMAXでも、auの4G/LTE回線が使えますが月7Gまでしか使うことができないのでおすすめできません。

エリア外の場合、残念ですがWiMAX以外のポケットWiFiや固定回線の利用を検討しましょう。

事前に試したいなら「Try WiMAX」を利用しよう

事前に試したいなら「Try WiMAX」を利用しよう

エリア判定の結果がわかっても、電波や通信速度に不安がある人は「Try WiMAX」を利用しましょう。

「Try WiMAX」はUQ WiMAXが行っているサービスで、申込みから15日間無料でWiMAX端末をレンタルできます。

 

実際の環境でWiMAXを使うことができるので

  • 室内でも電波が届くのか?
  • 近くに電波が届きにくい場所はあるか?
  • 通信速度はどれくらいか?
  • オンラインゲームを快適にプレイできるか?

など気になる点を自分で調べることができます。

エリア判定結果が「○」なら必要ないかもしれませんが、「△」の場合は、一度Try WiMAXを利用することをおすすめします。

 

Try WiMAXの細かい注意点を別の記事で紹介しているので、よかったら参考にして下さい。

Try WiMAXの関連記事:Try WiMAXの7つの注意点 !15日間無料レンタルの前に確認!

メモ

「Try WiMAX」にはUQ WiMAXのチラシがついていますが、そこからWiMAXを申し込むと特典が少ないため結果的に損をしてしまいます。

お得にWiMAXを契約したい人は、キャンペーンがお得なプロバイダを利用しましょう。

au 4G/LTE回線のエリアは広いが無制限ではない

au 4G/LTE回線のエリアは広いが無制限ではない

WiMAXがエリア外の場合でも、ハイスピードプラスエリアモードにすることによってauの「4G/LTE回線」を使うことができます。

キャリア回線なので範囲が広くスマホと同じエリアで利用でき、WiMAXが届かない場所でもネットを使うことが可能です。

ハイスピードプラスエリアモードを利用するには1,005円の追加料金が必要ですが、WiMAXを3年契約した場合は無料で利用できます。

しかしハイスピードプラスエリアモードは月7Gまでしか使うことができません。

月7Gを超えると無制限で使えるギガ放題プランであっても、速度制限にかかってしまいます。

Wimaxは速度制限なしで使える?解除の方法は?

普段はWiMAXを使っていて、旅行などでWiMAXが届かないエリアで一時的に利用するなら便利ですが、WiMAXのエリア外で利用するのはおすすめできません。

WiMAXのメリットは安く無制限で利用できる点にあります。

WiMAXを契約して4G/LTE回線をメインに使うと7Gまでしか使えないのでおすすめできません。

WiMAXが繋がらないエリアについて

WiMAXのエリアは、主要都市では人口カバー率99%以上となり日本全国で利用することができます。

人が多く住んでいる地域では繋がりやすいですが反面、人家の少ない田舎や人の住んでいない山間部では繋がりにくい印象を受けます。

沖縄や北海道、人口が少ない地方ではカバーできていないエリアも多いです。

実際、車で田舎の山の中に入った時にWiMAXの電波をみてみると、アンテナが立っていないことが結構あります。

これは基地局からの電波が周りの高い山などの障害物に遮られてしまうためです。

同じように都会であっても、地下や奥まった室内では電波が届かないことがあります。

WiMAXが繋がらない8つの原因と具体的な対処方法

WiMAXのエリアがLTEより狭い理由

WiMAXが4G/LTE回線よりエリアが狭い理由は、電波の周波数帯が関係しています。

電波は周波数帯が高くなると強くなりますが、その分減衰しやすくなり届く距離が短くなります。

さらに周波数帯が高いほど、電波が直線的になるため回り込みに弱く、障害物に弱くなるという特徴があります。

WiMAXはLTEに比べると周波数帯が高いため、電波は強いですが届くエリアが短くなってしまいます。

  • LTE:700~900Mbps
  • WiMAX:2.5GHz

そのため、基地局との間にビルや山などの高い障害物がある場所や地下などは電波が届きにくくなります。

しかし悪いことばかりではありません。

その分WiMAXの電波は強いので、高速な通信が可能です。

  • au 4G/LTE:最大75Mbps
  • WiMAX:最大758Mbps

最大通信速度758Mbpsと4G/LTEの10倍以上になります。

WiMAXにエリア改善の希望を出すことも可能

WiMAXは電波の関係上、LTEに比べると電波の届く範囲が短くなります。

そのためWiMAXは色々な電波改善のための対策をしています。

都心部でも地下など一部で繋がりにくい部分がありますが、室内や地下などの電波が届きにくい場所には中継機や子機を置いて電波が届くようにしています。

WiMAXにエリア改善の希望を出すことも可能

地方で現在エリア外になっている場所でも、基地局を増やすなどして徐々に電波が届くようにしています。

WiMAXの最新エリアの拡大情報はUQ WiMAXの「WiMAXのエリア拡充情報」で調べることができるので気になる人はチェックしてみるといいでしょう。

またWiMAXではエリアや電波状況について要望を受付する「エリア改善要望受付フォーム」を設置しています。

受付した意見や要望はデータ集計していて、問い合わせが多い地域はエリア拡充の対象になりやすくなるようです。

WiMAXのエリア判定がエリア外だった場合は、要望を出すことで電波やエリア状況が改善する可能性があります。

WiMAXを使いたい人は要望を出しておくといいでしょう。

WiMAXのエリア確認後にお得に申し込む方法

エリアを確認したらWiMAXの申込みをしましょう。

WiMAXを申し込む時は「プロバイダ」と「プラン」、「利用する端末」選びが大切になります。

それぞれのおすすめを順番に紹介していきます。

WiMAXのお得なプロバイダ

WiMAXのお得なプロバイダ

先にも述べましたがWiMAXは本家「UQ WiMAX」で申し込むよりも、プロバイダを使って申し込んだほうがお得です。

エリアを確認したら、キャンペーンがお得なプロバイダを選んで申し込みをしましょう。

プロバイダは家電量販店やケーブルテレビなど20以上ありますが、一番おすすめは「GMOとくとくBB 」です。

WiMAXプロバイダの中でキャッシュバックが最も高額なのでWiMAXを一番安く利用できます。

 

エリア判定が「○」の場合、20日以内ならキャンセルも可能なので安心して申し込むことができるのも良い点です。

安い料金でお得にWiMAXを使いたい人は「GMOとくとくBB 」で申し込みましょう。

おすすめのプラン

おすすめのプラン

WiMAXのプランには2種類あります。

  • 通常プラン:月7Gまで
  • ギガ放題プラン:月間無制限

おすすめは無制限で使える「ギガ放題プラン」です。

通常プランは月7Gまでしか使えないので、動画をよく見る人はすぐに速度制限にかかり128Kbpsに速度が低下します。

128Kbpsになると文字以外の動画や画像の表示はかなり厳しくなるので、使用量を気にせずに使える無制限プランのほうがおすすめです。

 

料金も月数百円しか違いません。

WiMAXは月ごとにプラン変更することもできるので、あまりネットを使わない月は通常プランに切り替えることもできます。

WiMAXのギガ放題とは?月額最安プランはどこ?

WiMAX端末は「W05」がおすすめ

WiMAX端末は「W05」がおすすめ

WiMAX端末はモバイルWiFiルーター「W05 」がおすすめです。

最大通信速度758Mbpsと高速通信が可能なルーターです。

 

WiMAXには「Wシリーズ」と「WXシリーズ」があり、それぞれ特徴があります。

  • W05:通信速度が早い
  • WX05:バッテリーの持ちが長い

長時間使いたいなら最新機種の「WX05」もおすすめです。

WiMAXがエリア外だった場合

WiMAXのエリア判定が「✕」だった場合は、仕方ないので他社のポケットWiFiを利用しましょう。

WiMAXが使えない時におすすめの無制限で利用できるポケットWiFiを紹介します。

無制限で使えるレンタルポケットWiFi「SAKURAWiFi」

無制限で使えるレンタルポケットWiFi「SAKURAWiFi」

SAKURAWiFi 」はモバイルWiFiルーターをレンタルできるサービスで、ソフトバンク回線を無制限で利用できます。

本家ソフトバンクのポケットWiFiには無制限プランがないので、こちらを使ったほうがいいですね。

月額3,680円と安めで、レンタルなので契約期間の縛りもなくいつでも解約することが可能です。

デメリットもいくつかありますが、WiMAX以外で利用するならおすすめできます。

  • WiMAXのほうが安い
  • 初期費用が高め(8960円+保証500円)
  • レンタルなので返却する必要がある(送料負担)
  • 故障、紛失時の費用が高い
  • 今後値上げの可能性がある

クーポンコード【sakura-mugen】を利用すれば月額3680円となります。

クーポンコードは公式サイトの「よくある質問」の下に書いてあるので事前に確認しておきましょう。

SAKURAWiFiの詳細はこちら

WiMAXのエリアまとめ

WiMAXのエリアマップはどのプロバイダでも、UQ WiMAXの公式サイトから確認できます。

WiMAXのエリアマップ

「ピンポイントエリア判定」で住所を入力して、WiMAX2+が使えるか確認しましょう。

エリア判定後の流れは以下の通りです。

  • ○なら「GMOとくとくBB 」でWiMAXを申し込む
  • △があるなら「Try WiMAX」を試して実際に電波が届くか試してみる
  • ✕なら「SAKURAWiFi 」など他社の無制限ポケットWiFiを利用する

WiMAXは価格が安く通信速度も速い優れたポケットWiFiですが、エリア外だとどうしようもありません。

WiMAXを申し込むなら、事前にしっかりとエリア確認をしておきましょう。

-WiMAX

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.