ポケットWiFiやWiMAXを専門家が比較しておすすめするサイト

ネトコネ

ポケットWiFi

KING WiFiはおすすめ?特徴やデメリットを徹底解説!

KING WiFiの特徴やデメリットを徹底解説!

KING WiFiは月額料金1,000円で無制限で利用できる激安のポケットWiFiです。

しかし誰でも1,000円で利用できるわけではなく、ある条件を満たす必要があります。

結論からいうと、月額料金が安くなる条件が厳しいことから万人におすすめのポケットWiFiとはいえません。

 

この記事ではKING WiFiの特徴や注意点について詳しく解説しています。

KING WiFiが気になっている方や、無制限で使えるポケットWiFiを探している人はぜひご覧ください。

KING WiFiとは

KING WiFiとは

KING WiFiは「株式会社GLANZ」が運営するレンタルWiFiです。

レンタルWiFiはルーターを購入するのではなくレンタルして利用するポケットWiFiです。

端末をレンタルするので最後に返却する必要がありますが、その分契約期間の縛りがないので気軽に利用することができます。

 

株式会社GLANZは2018年に設立した新しい会社で、KING WiFiの他に「ギガトラWiFi」というポケットWiFIも運営しています。

 

KING WiFiは友達を紹介すると月額料金が割引になるシステムがあり、最安で月額1,000円で利用することも可能です。

KING WiFiの回線は他のレンタルWiFiと同じくソフトバンク回線を使用しています。

そのためソフトバンクユーザー利用できる広いエリアで利用できます。

KING WiFiの公式サイトをみてみる

KING WiFiの料金プラン

KING WiFiの料金プラン

KING WiFiの料金プランにはルーターとSIMをレンタルする「ルータープラン」と、SIMだけレンタルする「SIMプラン」の2種類があります。

  • ルータープラン:ルーターとSIMをレンタルする一般的なプラン
  • SIMプラン:SIMだけをレンタルするプラン

2つのプランの料金をまとめてみました。

ルータープラン SIMプラン
データ量 無制限 無制限
初期費用 3,800円 3,800円
月額料金 5,000円 5,000円
割引後 3,600円 3,400円
契約期間 なし なし

KING WiFiは通常だと月額料金が5,000円と高いですが紹介コードを入力すると月額料金が1,400~1,600円割引になります。

紹介コードはKING WiFiの公式サイトから利用できるので、実質3,400~3,600円で利用できます。

 

SIMプランは月額料金が200円安いので、SIMフリーのモバイルルーターを持っているならSIMプランを選ぶのがおすすめです。

ただ、多くの方はSIMフリーのモバイルルーターを持っていないと思いますので、ルータープランを選ぶことが多いでしょう。

後ほど紹介しますが、月額料金は友達を紹介することでさらに割引になります。

KING WiFiの特徴、メリット

  • 最大割引で月額料金1,000円になる
  • 契約期間の縛りがない
  • 全額返金保証が利用できる

月額料金1,000円で利用できる

月額料金1,000円で利用できる

KING WiFiは条件を満たせばポケットWiFiの中でも最安の月額1,000円で利用することができます。

 

KING WiFiは友達を1人紹介するごとに月額料金が200円安くなる「おともだち割」という仕組みがあります。

おともだち割は最大で13人まで適応されるので、月額料金が最大2,600円割引になります。

紹介人数 月額料金(ルータープラン)
0人 3,600円
1人 3,400円
2人 3,200円
3人 3,000円
4人 2,800円
5人 2,600円
6人 2,400円
7人 2,200円
8人 2,000円
9人 1,800円
10人 1,600円
11人 1,400円
12人 1,200円
13人 1,000円

うまく活用すればルータープランは月額料金1,000円、SIMプランなら月額料金800円で利用できるようになります。

おともだち割は契約中はずっと続くので、長期間利用するほどお得ですね。

 

13人紹介するのはかなりハードルが高いですが、数人紹介しただけでも十分効果があります。

3人紹介すれば月額3,000円で利用できるので、他のポケットWiFiに比べても安くなりますね。

 

ポケットWiFIの利用を考えている友人や知り合いがいるなら、安く利用できる可能性があります。

契約期間の縛りなしで利用できる

KING WiFiはレンタルWiFiなので契約期間の縛りがありません。

従来のポケットWiFiのような解約違約金が発生しないので、気軽に解約することができます。

 

初期費用がかかるためあまり短い期間だと実質月額料金が高くなってしまいますが、1年だけ利用したい方や、契約期間を気にせずにポケットWiFiを使いたい方におすすめです。

3週間以内の解約なら全額返金保証があり

3週間以内の解約なら全額返金保証があり

KING WiFiは3週間以内に解約すれば全額返金保証が受けられます。

レンタルWiFiは端末を購入するのではなく、レンタルするので従来のポケットWiFiのような「クーリングオフ制度」が利用できません。

しかしKING WiFiは個別に返金保証を用意しているので安心して利用できます。

 

全額返金保証を利用した場合、返金処理手数料1,000円がかかりますが、それでも割安で解約できます。

KING WiFiの全額返金保証を利用するための条件は以下のようになっています。

  • 発送日から3週間以内に返却して、返送時のお問い合わせ番号を知らせること
  • KING WiFiの利用が初めてであること
  • 紹介コードの申込みであること
  • キングシールドの併用はできない

キングシールド(保証オプション)との併用ができないというのは、キングシールドの保証を受けた後は全額返金保証ができないという意味です。

これは悪質な利用を防止するためです。

例えば、「端末が紛失した」と嘘をついて新しい端末を受け取って、その後全額返金保証で解約するとルーターだけ受け取ることができてしまいますからね。

 

全額返金保証があるので、実際の環境で通信速度や電波が心配という方も安心して利用できます。

KING WiFiのデメリット、注意点

  • 完全無制限ではない
  • 紹介コードを入力しないと月額料金が高い
  • 保証オプションが初月加入必須
  • SIMプランでSMを送信すると賠償金が発生する

完全無制限ではない

KING WiFiは通信制限のない「無制限」となっていますが、実際は無制限ではなく使いすぎると速度制限にかかります。

これは回線側(ソフトバンク)の判断で使いすぎのユーザーに速度制限が実施されるためです。

 

KING WiFi公式サイトのQ&Aにも、使いすぎると速度制限にかかると記載されています。

1日〇GBまでといった縛りもなく、原則としてはデータ利用量の上限はありません。ただし通信品質およびネットワーク利用の公平性確保のために一定期間に大量の通信をご利用される一部のお客様に対して通信速度の制御を実施いたします。
通信速度の制御が実施されますと128kbpsへと低速化になり、データ通信量のリセットは毎月1日で御座います。

サービス開始したばかりの頃は利用者が少なかったので300G程度利用しても速度制限にかかることはなかったようですが、現在は利用者も増えたため100G程度で速度制限にかかるようです。

 

速度制限後は翌月まで128Kbpsまで通信速度が低下するのでインターネットはほぼ使い物にならなくなります。

無制限だからとガンガンと通信しているといきなり通信制限にかかって使えなくなる可能性があるので注意しましょう。

 

完全無制限のポケットWiFiを使いたいならクラウドSIMを使った「クラウドWiFi」を選んだほうがいいです。

紹介コードを入力しないと月額料金が高い

KING WiFiは紹介コードを入力しないと月額料金5,000円とかなり割高です。

月額料金5,000円は、他社のポケットWiFIに比べても高いため申込時には必ず紹介コードを入力しましょう。

 

「友人の紹介がないから紹介コードがわからない」という方も安心してください。

友人の紹介がなくても,公式サイトから紹介コードがわかるようになっています。

 

申込時に注文時に表示される「紹介コードがない方はこちら」をクリックすると、紹介コードが表示されます。

申し込み時には紹介コードを忘れずに必ず入力しましょう。

2つのオプションが初月加入必須

KING WiFiは保証オプションのキングシールド(月額600円)とウィルスセキュリティ(月額500円)の初月加入必須となっています。

ウィルスセキュリティは初月無料ですが、キングシールドは初月から月額料金が発生します。

事務手数料3,800円とキングシールド600円を合わせると、初期費用は合計4,400円になります。

金額
事務手数料 3,800円
キングシールド 600円
ウィルスセキュリティ 0円
※2ヶ月目以降500円
合計 4,400円

またオプションは翌月以降解約できますが、万が一解約を忘れてしまうと毎月1,100円ずつ料金が追加で発生します。

オプションは必要ないと考えている人は、端末が届いたら忘れないうちに早めに解約しておきましょう。

 

KING WiFiはオプションの解約をするために公式サイトの「お問い合わせフォーム」から連絡する必要があります。

Web上からは解約できないので少し面倒ですが、必ず連絡を入れましょう。

SIMプランでSMSを送信すると賠償金5,000円が発生する

SIMプランでレンタルしたSIIMカードで、SMS(ショートメッセージ)を送信すると5,000円の賠償金が発生します。

これは運営会社がSMSの契約をしていないため、回線側から賠償金がかかるためです。

モバイルルーターにSIMカードを挿すならあまり気にする必要はありませんが、スマホやタブレットにSIMカードを挿して利用する時はうっかり送信しないように注意しましょう。

 

賠償金が発生するのはSMSを送信したときだけで、受信した際は発生しないので安心してください。

KING WiFiと他社ポケットWiFiの比較

KING WiFiと他社ポケットWiFiの比較

KING WiFiと他社のポケットWiFiを比較してみます。

比較するのは人気のレンタルWiFi「どんなときもWiFi」です。

どんなときもWiFiはクラウドSIMを使ったポケットWiFiで以下のような特徴があります。

  • 月額3,480円で完全無制限
  • トリプルキャリア対応
  • 海外でも利用できる

KING WiFiとどんなときもWiFiを比較して表にまとめてみました。

KING WiFi(ルータープラン) どんなときもWiFi
月間データ容量 無制限
※100G程度で速度制限になる可能性あり
完全無制限
初期費用 4,400円
保証オプション600円込み
3,000円
月額料金 3,600円
※紹介コード利用
1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目~:3,980円
最大通信速度 612Mbps(602HW) 150Mbps
回線 ソフトバンク LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
速度制限 なし なし
契約期間 なし 2年
端末の利用方法 レンタル レンタル

初期費用や月額料金などの料金面はKING WiFiよりもどんなときもWiFiのほうが安いです。

ただしKING WiFiはおともだち割で月額料金が200円ずつ安くなるというメリットがあります。

1人紹介があれば月額料金が3,400円になるのでどんなときもWiFiよりも月額料金が安くなります。

 

どちらも無制限で利用できますが、どんなときもWiFiは速度制限がない「完全無制限」なのに対して、KING WiFiは100Gを超えたあたりで速度制限にかかる可能性があります。

また利用できる回線もどんなときもWiFiは3つのキャリアを利用できますが、KING WiFiはソフトバンク回線のみとなります。

どんなときもWiFiは2年の契約期間の縛りがありますが、長期で利用するならKING WiFiよりおすすめです。

 

KING WiFiの大きな特徴は「おともだち割」による月額料金の割引制度です。

おともだり割が受けられるなら「KING WiFi」、受けられないなら「どんなときもWiFi」のほうがおすすめです。

KING WiFiをみてみる

どんなときもWiFiをみてみる

KING WiFiまとめ

  • 月額料金1000円で利用できるレンタルWiFi
  • ただし友達の紹介が13人必要
  • 完全無制限ではないので注意

KING WiFiは友達を紹介するごとに月額料金がどんどん安くなる面白い仕組みのポケットWiFiです。

13人の友人を紹介すれば月額料金1,000円で利用することも可能です。

 

実際に月額料金1,000円になるのはかなりハードルが高いでしょうが、2~3人紹介しただけでも月額3,000円程度で利用できるようになるのでお得です。

紹介できる知り合いがいれば利用してもいいでしょう。

 

逆に紹介する友人がいない場合は、あまりメリットがありません。

完全無制限ではなく100G程度で速度制限にかかるので、おともだち割を利用しないなら完全無制限で月額料金が安いどんなときもWiFiのほうがおすすめです。

KING WiFiをみてみる

どんなときもWiFiをみてみる

また「どんなときもWiFi」以外にも完全無制限で利用できるポケットWiFi(クラウドWiFi)が登場しています。

おすすめのクラウドWiFiについては「クラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】」で詳しく紹介しているので無制限のポケットWiFiを探している方はあわせてご覧ください。

-ポケットWiFi

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.