WiMAX・ポケットWiFiの比較やおすすめを紹介!

ネトコネ

WiMAX

BIGLOBE WiMAXのメリットと知っておきたい2つの注意点

BIGLOBE WiMAXのメリットと注意点

WiMAXは外でも手軽にインターネットができるようになるポケットWiFiです。

WiMAXにはサービスを提供している20以上のプロバイダ(事業者)がありますが、その1つにBIGLOBE WiMAX」があります。

BIGLOBE WiMAX「月額割引」や「キャッシュバック」の特典があり、口座振替で支払いもできる貴重なWiMAXプロバイダです。

メリットも多いですが、支払い方法で料金体系が変わったり、解約する時の違約金が高くなるなどのデメリットもあります。

この記事ではBIGLOBE WiMAXのメリットや公式ホームページではわかりにくいデメリットや注意点を詳しく解説しています。

お得にWiMAXを利用する方法もお伝えしているので、BIGLOBE WiMAXを利用しようか考えている人は、ぜひ一度この記事に目を通してみて見ください。

BIGLOBE WiMAXとは?

BIGLOBE WiMAXとは?

BIGLOBE WiMAXは、ビッグローブ株式会社が運営するモバイルネット回線サービスです。

ビッグローブは1996年と古くからインターネット関連事業を行っていて「So-net」などと同じく知名度の高いインターネットプロバイダです。

WiMAXの他にも光回線のプロバイダや格安SIMのサービスを提供していて、光回線の会員数は第3位となっています。

ビッグローブは元々NECのインターネット部門が分離して子会社となりましたが、NECグループを離れ2017年にKDDIの子会社となりました。

KDDIグループの会社なので、au系のモバイルネット回線であるWiMAXを取り扱っているのは自然な流れですね。

BIGLOBE WiMAXの料金

BIGLOBE WiMAXの料金

BIGLOBE WiMAXは、無制限で利用できる「Flat ツープラス ギガ放題」と、月7Gまで使える「Flat ツープラス」の2つのプランがあります。

さらにBIGLOBEには「月額割引特典」と「キャッシュバック特典」の2つがあり、どちらか好きな方をユーザーが選ぶことができます。

特典によって料金が異なるので「各プランに2つずつ、合計4つの料金体系」があることになります。

  • 「Flat ツープラス ギガ放題」+「月額割引特典」
  • 「Flat ツープラス ギガ放題」+「キャッシュバック特典」
  • 「Flat ツープラス」+「月額割引特典」
  • 「Flat ツープラス」+「キャッシュバック特典」

「Flat ツープラス ギガ放題」の料金

「Flat ツープラス ギガ放題」は月間データ量に制限がなく、無制限で使うことができるプランです。

WiMAXを利用するならデータ使用量を気にせずに無制限で使えるこちらのプランがおすすめです。

「月額割引特典」と「キャッシュバック&月額割引特典」で3年間にかかる金額は変わります。

2つの特典の金額の違いは、下の表のようになります。

月額割引特典 キャッシュバック特典
初期手数料 3,000円 3,000円
初月 0円 0円
1~2ヶ月目 3,345円 3,695円
3~24ヶ月目 4,030円 4,380円
25ヶ月目以降 4,380円 4,380円
キャッシュバック 0円 15,000円
合計金額 150,910円 144,310円

月額割引の方が月額料金は安いですが、実際にかかる合計金額を比較してみると、キャッシュバック特典のほうが6,600円安くなります。

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックが受け取りやすく受け取りも早いので、できるだけ安く使いたい人は「キャッシュバック特典」を選んだほうがお得です。

「Flat ツープラス」の料金

「Flat ツープラス」は月7Gまで利用できるプランです。

スマホと同じように使用量が月7Gを超えると翌月まで128Kbpsの速度制限がかかります。

使いすぎるとすぐに速度制限にかかってしまうので、あまり外ではネットを使わないライトユーザー向けのプランです。

 

「Flat ツープラス」の2つの特典の金額の違いは以下のとおりです。

月額割引特典 キャッシュバック特典
初期手数料 3,000円 3,000円
初月 0円 0円
1~24ヶ月目 3,345円 3,695円
24ヶ月目以降 3,695円 3,695円
キャッシュバック 0円 15,000円
合計金額 127,620円 121,020円

「Flat ツープラス」も、「Flat ツープラス ギガ放題」と同じでキャッシュバック特典のほうが6,600円安くなります。

BIGLOBE WiMAXのメリット

  • 口座振替が可能
  • BIGLOBE会員は200円引き
  • 利用開始月は無料
  • Webで解約できる
  • キャッシュバックの受け取りが早い

口座振替が可能

BIGLOBE WiMAXはクレジットカード払いの他に「口座振替」での支払いが可能です。

WiMAXのほとんどのプロバイダは支払い方法がクレジットカード払いしかないので、クレジットカードを持っていない人は契約することができません。

BIGLOBE WiMAXは口座振替で支払いできるので、クレジットカードを持っていない人でもWiMAXを利用することができます。

 

WiMAXプロバイダは20以上ありますが、口座振替ができるプロバイダは3社しかありません。

口座振替ができるWiMAXプロバイダ

  • UQ WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • Broad WiMAX

UQ WiMAXは割引がないので月額料金が高く、Broad WiMAXは口座振替にするとキャンペーンが受けられないので初期費用が2万近くかかってしまいます。

BIGLOBE WiMAXで口座振替を選んだ場合も、特典の割引金額が減ってしまうというデメリットがありますが、他社プロバイダに比べるとキャンペーンがあるので料金は安くなります。

口座振替で支払う場合、BIGLOBE WiMAXはWiMAXプロバイダで一番お得です。

「口座振替でWiMAXを使いたい」という方は、BIGLOBE WiMAXを選ぶのが一番おすすめです。

口座振替にかかる数料

口座振替にした場合、クレジットカード払いにはかからない手数料がいくつか発生します。

まずWiMAXの支払いを口座振替にした場合、毎月200円の手数料がかかります。

この手数料はBIGLOBE WiMAXに限らず、どのWiMAXプロバイダも口座振替にした場合必要です。

 

また初期費用として初期手数料3,000円の他に、端末の受け取りの際に「端末代4,800円」と「代引手数料300円」がかかります。

端末代4800円は月々の金額から割引されるため実質無料となりますが、代引手数料300円は必要です。

また代金引換は現金のみの支払いになるので、端末を受け取る時はあらかじめ現金を準備しておきましょう。

BIGLOBE WiMAXの口座振替にかかる手数料

  • 端末受け取りの際に、代引手数料300円がかかる
  • 端末代金4,800円がかかる(月額料金から割引される)
  • 月額200円の手数料がかかる

BIGLOBE会員は200円引き

BIGLOBE会員は200円引き

BIGLOBE WiMAXの月額料金には、月額200円の「ベーシックコース」が含まれています。

すでに光回線などでBIGLOBEのサービスを利用している方は、このベーシックコースの料金が不要となり月額料金が200円安くなります。

すでにBIGLOBE会員になっている方は、3年間で7200円安くなるのでお得ですね。

BIGLOBE WiMAXとは別にベーシックコースに加入していることになるので、解約時はベーシックコースの解約を同時にしないといけません。

WiMAXと一緒に解約を忘れてしまうと、月額料金がかかるので注意しましょう。

利用開始月は無料

BIGLOBE WiMAXは利用開始月が0円で利用できます。

WiMAXは、初月は日割計算するプロバイダが多いのでお得です。

一ヶ月分まるまる無料になるので、月末よりも月初に契約したほうがお得に利用できます。

Web上で解約、退会できる

BIGLOBE WiMAXは、「Web」か「電話」で解約、退会手続きをすることができます。

電話でのみで解約の受付をしているWiMAXプロバイダも多いですが、月末に近づくほど電話が繋がりにくくなり、解約に時間がかかりがちです。

BIGLOBE WiMAXはWebでいつでも解約手続きができるので簡単です。

 

BIGLOBE WiMAXをWebで解約する時は、BIGLOBEの公式サイトから可能です。

BIGLOBEの退会・インターネット接続のみ解約の手続き

IDとパスワードを入力してログインすれば退会、解約の手続きができます。

 

BIGLOBEには、サービスを全て終了する「退会」と、インターネット接続サービスだけ終了する「解約」があります。

  • 退会:BIGLOBEのサービスを全て終了(IDもなくなる)
  • 解約:一部のサービスを終了(IDは残る)

どちらでも構いませんが、WiMAX以外にBIGLOBEのサービスを使っていない場合は「退会」を選択すればいいでしょう。

ただしBIGLOBEを退会する場合は25日までに手続きする必要があります。

Web上で解約できる

26日以降に手続きをしても翌月以降の退会となります。

 

退会ではなく、インターネット接続サービスだけ「解約」をする場合は月末まで受付をしています。

BIGLOBE WiMAXには月額200円の「ベーシックコース」が含まれているので、「WiMAX」と「ベーシックコース」の2つの解約を忘れないようにしましょう。

 

BIGLOBE WiMAXを解約する月は、日割り計算されないのでいつ解約手続きをしても料金は変わりません。

面倒でつい先延ばしにしがちですが、どちらにしても早めに解約の手続きをしておいたほうがいいでしょう。

電話でも解約可能

BIGLOBE WiMAXはWeb以外に電話でも解約することができます。

連絡先はこちらです。

BIGLOBE WiMAXの解約時の電話番号

  • 電話番号:0120-827-193(フリーダイヤル)
  • IP電話の場合:03-6631-4602(一般電話)
  • 受付時間:9時~18時(年中無休)

年中無休で営業していますが、当日付けの解約は16時30分までに連絡する必要があります。

電話でも解約可能

月末最終日に解約の電話をする時は時間に気をつけましょう。

 

昼間や夕方は多くの人が電話をかけるので繋がりにくいです。

月末に近づくとさらに繋がりにくくなるので、早めにWebから手続きをしたほうが楽です。

キャッシュバックの受け取りが早くて簡単

BIGLOBE WiMAXはキャッシュバックの受け取りが早く、サービス開始の7ヶ月目にキャッシュバックを受け取ることができます。

高額キャッシュバックが有名なWiMAXプロバイダ「GMOとくとくBB」のキャッシュバック受け取りは11ヶ月後です。

比較してみるとBIGLOBE WiMAXはキャッシュバックを早く受け取ることができますね。

 

キャッシュバックの受け取り方法も簡単です。

BIGLOBE WiMAXはマイページから直接キャッシュバックの受け取り手続きができます。

BIGLOBEのキャッシュバック受け取りの流れ(口座指定)

  1. 受け取り月の1日に案内メールが届く
  2. 2日午後以降にマイページで手続き可能になる
  3. マイページからキャッシュバックを受け取る銀行口座を登録する
  4. 数日後に指定した銀行口座にキャッシュバックされる

GMOとくとくBBの場合、キャッシュバック専用のメールが送られてきてそこから手続きをしなければキャッシュバックを受け取ることができないので、メールを探す必要があります。

BIGLOBE WiMAXも1日に登録したメールアドレスに「口座指定案内メール」が届きますが、そこから直接手続きするわけではないので、キャッシュバックを受け取る月さえ覚えておけば、後はマイページから手続き可能です。

 

キャッシュバックは2日午後以降から手続きができるようになり、BIGLOBEのマイページから振込先の銀行口座を登録すれば、数日で振込されます。

BIGLOBE WiMAXのキャッシュバック受け取りの有効期限はキャッシュバックの受け取りが開始される月の2日から45日間です。

有効期限を過ぎるとキャッシュバックを受け取ることができなくなるので、その点だけ注意しましょう。

BIGLOBE WiMAXのデメリット

  • 解約時の違約金が高い
  • 他に安いプロバイダがある

解約時の違約金が高い

BIGLOBE WiMAXは、他社のWiMAXプロバイダよりも解約金が高くなる可能性があります。

まずWiMAXには、契約更新月以外に解約すると発生する通常の違約金があります。

BIGLOBE WiMAXは3年契約となるため、サービス開始月を0ヶ月目として36ヶ月目の契約更新月以外に解約すると違約金が発生します。

解約時の違約金が高い

利用年数ごとの違約金は以下のようになっています。

BIGLOBE WiMAXの3年契約の解約違約金

  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目:9,000円

違約金は利用年数によって変わっていき、長く使うほど違約金が安くなっていきます。

この解約時の違約金は他のWiMAXプロバイダと同じ金額なので、特別高いわけではありません。

BIGLOBE WiMAXの場合、さらに別の解約金がかかる可能性があります。

2年以内に解約すると残った端末代がかかる

BIGLOBE WiMAXは違約金の他に、2年以内に解約すると端末代金が発生します。

BIGLOBE WiMAXをクレジットカード払いにした場合、端末代はかかりません。

しかし実際は月800円の24回払いで毎月端末代が支払われています。

この端末代金は月額料金に含まれているため、WiMAXを利用中は気にすることが必要はなく、実質無料で利用することができます。

ただし端末代金を払い終える2年以内に解約した場合、残った端末代金が発生し、残額を一括で全て支払わなければいけません。

2年以内に解約すると残った端末代がかかる

仮に1年で解約した場合、残った端末代金9,600円を違約金とは別に支払う必要があります。

1年でBIGLOBE WiMAXを解約すると、違約金19,000円と端末代金9,600円を合わせて合計28,600円支払わないといけません。

 

2年以上利用すれば端末代金はかかりませんから、BIGLOBE WiMAXを利用するなら長期での利用を考えたほうがいいでしょう。

WiMAXのプロバイダは端末代金が無料の場合が多いですが、BIGLOBE WiMAXは「実質無料」です。

解約時の違約金が高い

実際は端末代が分割して支払われているということを覚えておきましょう。

料金が安いプロバイダが他にある

BIGLOBE WiMAXは「月額割引」と「キャッシュバック」の2つのキャンペーンを行っていて、本家の「UQ WiMAX」よりも数万円お得に利用することができます。

しかしBIGLOBE WiMAX以外のWiMAXプロバイダも、各社でそれぞれ独自のキャンペーンを行っています。

WiMAXプロバイダは20以上存在しているため、BIGLOBE WiMAXよりもお得なキャンペーンをしているプロバイダがあります。

BIGLOBE WiMAXのキャンペーンは確かにお得ですが、WiMAXプロバイダ全体で考えると特に料金が安いわけでありません。

 

「BIGLOBE WiMAX」とWiMAXプロバイダでシェアNo1の「GMOとくとくBB」の料金を比較してみました。

両方ともキャッシュバックキャンペーンを行っているプロバイダになります。

BIGLOBE WiMAX GMOとくとくBB
月間データ使用量 無制限 無制限
事務手数料 3,000円 3,000円
初月 0円 3,696円の日割り
1~2ヶ月目 3,695円 3,609円
3~24ヶ月目 4,380円 4,263円
25ヶ月目以降 4,380円 4,263円
キャッシュバック 15,000円 32,050円
実質費用(3年間) 144,310円 123,110円
実質月額料金 4,008円 3,419円

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が多く、BIGLOBE WiMAXより合計2万円以上安くなります。

BIGLOBE WiMAXは初月無料ですが、GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が3万円以上もらえるので実質費用は安くなります。

月額料金もGMOとくとくBBのほうがBIGLOBE WiMAXより安く設定されていますね。

 

WiMAXはサービスエリアや通信速度、端末などはどのプロバイダも同じですが、各社でキャンペーンが大きく違い料金が変わってきます。

ポケットWiFiのサービス内容は同じなので、できるだけ割引の多いキャンペーンをしているプロバイダを選んだほうが得です。

現状もっともお得なキャンペーンをやっているWiMAXプロバイダは、シェアNo1の「GMOとくとくBB 」です。

WiMAXのお得な申込み方法

BIGLOBE WiMAXのメリットとデメリットを紹介していきました。

BIGLOBE WiMAXは口座振替払いならお得ですが、クレジットカード払いだと他に安いWiMAXプロバイダがあります。

ここでは損をしないためのWiMAXのお得な申込み方法と申込みの流れを紹介します。

WiMAXのサービスエリアを確認する

WiMAXのサービスエリアを確認する

自分の住んでいる地域でWiMAXが利用できるか、WiMAXのサービスエリアを確認してみましょう。

WiMAXのサービスエリアは、回線を管理するUQコミュニケーションズの「UQ WiMAX」から確認できます。

>>WiMAXのサービスエリア

利用できるエリアは、色付きで表示されます。

住所を入力することで、詳細な電波状態も確認できるので、自宅や職場の住所の電波状態を確認しましょう。

関連記事:WiMAXのエリア範囲と確認方法を解説!

WiMAXにはお試しサービスもあり

エリア判定が「○」なら電波は大丈夫なので申込みをしましょう。

「△」だったり、電波状態が心配な人はWiMAXをお試しで使うこともできます。

UQ WiMAXの「Try WiMAX」というサービスを使えば、15日間無料でWiMAXのモバイルWiFiルーターをレンタルできるので、実際の環境で試してみることができます。

Try WiMAXの詳しい内容と注意点はこちらの記事を参考にしてください。

関連記事:Try WiMAXの7つの注意点 !15日間無料レンタルの前に確認!

最新端末を選ぶ

最新端末を選ぶ

WiMAXのルーターには色々な種類がありますが、契約期間があり数年使うことを考えると最新の端末を選ぶのがおすすめです。

WiMAXの最新端末

  • モバイルWiFiルーター:「W06」
  • ホームルーター:「L02」

「W06」はWiMAXの最新モバイルWiFiルーターです。

下り最大通信速度が1Gbpsを超えている非常に高速なルーターです。

持ち運びできるポケットWiFiなら「W06」を選びましょう。

 

「L02」は自宅で固定回線のかわりとして使うホームルーターです。

モバイルWiFiiルーターより遠くまで電波が届くので家族など複数の人数で使うのにおすすめです。

しかし持ち運びができないので家の外では使うことはできません。

ホームルーターは、家の外ではインターネットをあまり利用せず、主に自宅でインターネットを使う人におすすめです。

家の中でも外でも使うポケットWiFiを使いたい人は「W06」を選んだほうがいいでしょう。

キャンペーンがお得なプロバイダを選ぶ

シェアNo1でキャンペーンがお得な「GMOとくとくBB」

WiMAXプロバイダで一番おすすめは「GMOとくとくBB 」です。

GMOとくとくBBはシェアNo1で信頼性の高いWiMAXプロバイダです。

高額なキャッシュバックがあり、実質料金が他社WiMAXプロバイダより安いことで有名です。

実際クレジットカード払いの場合、BIGLOBE WiMAXよりも2万円以上料金が安く利用できます。

 

WiMAXはどのプロバイダも、回線元がUQコミュニケーションズとなり回線自体のサービス内容に違いは全くありません。

ですから一番充実しているキャンペーンをしているWiMAXプロバイダを選んだほうがお得になります。

「GMOとくとくBB」は20以上あるWiMAXプロバイダの中で一番お得なキャンペーンを行っています。

プロバイダ選びに悩んだら「GMOとくとくBB 」を選びましょう。

BIGLOBE WiMAXまとめ

BIGLOBE WiMAXは「WiMAXを口座振替で使いたい人」におすすめです。

口座振替ができるWiMAXプロバイダの中で料金が安く一番お得に利用することができます。

クレジットカード払いにした場合は、他に安いWiMAXプロバイダがあるのでそちらを選んだほうがいいでしょう。

WiMAXプロバイダの中でキャンペーンが一番お得で、シェアNo1の「GMOとくとくBB 」がおすすめです。

WiMAX選びの参考になれば幸いです。

-WiMAX

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.