ポケットWiFi

hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴や注意点を徹底解説!

hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴や注意点を徹底解説!

hi-ho GoGo Wi-Fiは月額3,355円で無制限で使えるポケットWiFiです。

クラウドSIMを使ったポケットWiFiで人気のポケットWiFi「どんなときもWiFi」と非常に近いサービス内容となっています。

 

この記事ではhi-ho GoGo Wi-Fiの「特徴」や「注意点」について詳しく解説していきます。

「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」の比較もしているので、無制限ポケットWiFiを探している方はぜひご覧ください。

hi-ho GoGo Wi-Fiの新規受付停止について

hi-ho GoGo Wi-Fiは新規受付を終了しています。

無制限のポケットWiFiが必要な方は別のポケットWiFiを申し込みしましょう。

今申し込むなら月額3,380円で完全無制限の「どこよりもWiFi」が一番おすすめです。

無制限のポケットWiFiについては「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年最新版】」で詳しくまとめているのでぜひご覧ください。

hi-ho GoGo Wi-Fiとは

hi-ho GoGo Wi-Fiとは

「hi-ho GoGo Wi-Fi」は株式会社ハイホーが2019年11月21日にサービスを開始したポケットWiFiです。

hi-ho GoGo Wi-Fiはサービス開始当初から月額3,355円で完全無制限であることから注目を集めているポケットWiFiです。

 

ハイホーはもともと格安SIMや「hi-ho」という海外向けのレンタルWiFiを展開している会社です。

わたしもハイホーのレンタルWiFiは海外旅行に行った時にお世話になったことがあります。

 

もともとレンタルWiFiを運営している会社なので、国内向けのポケットWiFiを展開するのは自然な流れですね。

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末は、クラウドSIMに対応していて国内だけでなく海外で利用することができます。

hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイト

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プラン

hi-ho GoGo Wi-Fiの料金プランは「通常プラン」とオプションがセットになった「セレクトプラン」があります。

2つのプランの料金をまとめると下の表のようになります。

通常プラン セレクトプラン
データ量 無制限 無制限
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,355円 4,255円
セットオプション なし あり
契約期間 2年 2年

セレクトプランは通常プランより月額料金が900円高くなりますが、最初から複数のオプションがセットになっています。

  • hi-ho GoGo Wi-Fi端末保証(月額500円)
  • 3つのオプションから1つ選択
    1. データバックアップ(月額500円)
    2. お財布サポート(月額500円)
    3. データ復旧(セレクトプランのみ利用可能)
  • 訪問サポート(30%OFF)

セレクトプランを利用すれば月額1,000円相当のオプションが900円で利用でき、さらに訪問サポートが30%OFFになるので複数のオプションを同時に利用するならお得です。

 

ただしその分通常プランよりも月額料金が900円高くなります。

特にオプションが必要ない人は月額料金の安い通常プランを選ぶといいでしょう。

 

どちらのプランを選んでも端末の種類やデータ通信量、契約期間に違いはありません。

「オプションを使うかどうか」でどちらのプランを利用するか選びましょう。

海外の料金プラン

海外の料金プラン

hi-ho GoGo Wi-FiはクラウドSIMで利用できる回線を切り替えることができるため、日本以外に100カ国以上の外国でも利用できます。

海外で利用する場合、料金は1日ごとに発生し日本でかかる基本料金に加えて海外で利用した日数分料金が上乗せされます。

 

海外で利用するときの料金は1日あたり970円か1,600円です。

料金は利用する国によって変わります。

料金 エリア
970円/日 アジア、オセアニア、ヨーロッパ、北米
1600円/日 アジア、オセアニア、中東、中米、南米、南アフリカ

料金はざっくりとした印象ですが、日本人にとってメジャーな旅行先は1日970円、マイナーな旅行先は1日あたり1,600円といった感じです。

 

利用できる国と料金については、hi-ho GoGo Wi-Fiの公式サイトに詳しく記載してあります。

海外で利用する予定のある方は一度料金に目を通しておくといいでしょう。

>>hi-ho GoGo Wi-Fi公式サイト

 

海外の料金プランは決して格安というわけではありませんが、大手携帯会社の海外ローミングサービスに比べれば料金が安くなります。

長期の利用は向いていませんが、短期の海外旅行や出張の際に利用すると便利です。

hi-ho GoGo Wi-Fiの解約金

解約金
0~12ヶ月目 18,000円
13~24ヶ月目 9,500円
25ヶ月目(契約更新月) 0円
26ヶ月目以降 9,500円

hi-ho GoGo Wi-Fiは契約更新月以外に解約すると1年目は18,000円、2年目以降は9,500円の解約金がかかります。

解約金の料金はWiMAXと全く同じなので、一般的な金額といえます。

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末

GlocalMe U2s

U2s(D1)

製品名 GlocalMe U2s
メーカー uCloudlink
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 151g
サイズ 127 x 65.7 x 14.2mm
連続通信時間 12時間
バッテリー 3,500mAh
同時接続台数 最大5台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末はuCloudlink社の「U2s」です。

クラウドWiFiで一番使われている定番のモバイルルーターで、長期間使われていて実績があるので安心感して利用できます。

 

ディスプレイがないシンプルなモバイルルーターなので、細かいデータ量を画面から直接確認できませんが、hi-ho GoGo Wi-Fiは無制限で使えるのでそこまで気にする必要はないでしょう。

 

最大通信速度150Mbpsとあまり速くはありませんが、ネット回線は10Mbpsあれば快適に利用できます。

利用する環境にもよりますがU2sは実測値で10~20Mbps程度の速度はでるので、通信速度についても問題ありません。

関連リンクネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

ネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

インターネット回線を選ぶ時に重要になるのが「回線速度」です。 光回線、WiMAX、ポケットWiFiなど様々なインターネット回線では「業界最速!」「下り最大〇〇Mbps」など、自社サービスの回線速度の速 ...

続きを見る

hi-ho GoGo Wi-Fiの特徴、メリット

  • 月額料金が安い
  • 完全無制限で利用できる
  • トリプルキャリアの回線が利用できる
  • 海外でも利用できる

月額料金が3,355円と安い

hi-ho GoGo Wi-Fiは月額料金が3,355円と非常に安いポケットWiFIです。

無制限で利用できるポケットWiFIは月額3,680円のサービスが多いので、3,300円代で利用できるhi-ho GoGo Wi-Fiはお得です。

ポケットWiFi 月額料金
hi-ho GoGo Wi-Fi 3,355円
どんなときもWiFi 3,480円
SAKURAWiFi 3,680円

hi-ho GoGo Wi-Fiと同じ端末を使っている人気のポケットWiFi「どんなときもWiFi」と比較しても、月額料金は100円ほど安いです。

他社に比べて、月額料金が安いのは非常によい点です。

完全無制限で利用できる

hi-ho GoGo Wi-Fiは完全無制限で利用できる数少ないポケットWiFiです。

多くのポケットWIFiは月間データ通信量が無制限であっても「1日3G」や「3日間10G」といった短期間の速度制限があります。

 

また無制限プランでも実際は100G程度利用すると速度制限にかかるポケットWiFiも多いです。

hi-ho GoGo Wi-FiはクラウドSIMを使っているため、クラウド上でSIMデータを自動的に入れ替えることができます。

複数のSIMデータを合う買うことができるので回線側の速度制限を回避することができます。

 

速度制限を気にせずインターネットを利用できるので、高画質の動画をよく観る方やたくさんのアプリをダウンロードしてデータ量を多く使う方におすすめです。

トリプルキャリアの回線が使える

hi-ho GoGo Wi-Fiは大手携帯電話会社「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の回線をすべて利用することができます。

3つの回線を使っているので、他のポケットWiFiよりも安定した通信ができます。

 

普通のポケットWiFiはモバイルルーターにSIMをいれて利用するので、どこか1つの携帯会社の回線しか利用できません。

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末はSIMカードの中にデータがはいっておらず、かわりにクラウド上でSIMデータを管理しています。

クラウド上にSIMがあるため複数の回線からその時に繋がりやすい最適な回線を自動で選んで利用できます。

 

実際はソフトバンク回線に繋がること多いようですが、他の回線も利用できます。

電波が繋がりやすいので、地方や田舎に住んでいる方や旅行やアウトドアが趣味で電波が繋がりにくい場所に行く時に役立ちます。

海外で利用できる

海外で利用できる

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末「U2s」は、クラウドSIMを利用しているので、海外でもそのまま利用できます。

海外で利用する際の手続きなども不要なので、忙しくて時間が取れない時もモバイルルーターひとつでインターネットが使えるので便利です。

海外で使うと1日ごとに料金が発生しますが電源を切っておけば料金は発生しないので、必要ないときは電源をオフにしておくといいでしょう。

 

料金は携帯会社の海外ローミングよりは安いですが、激安というわけではありません。

長期で利用する場合は、1日あたりの料金が安い海外用のレンタルWiFiをレンタルするといいでしょう。

ハイホーは海外用のレンタルWiFIも取り扱っています。

hi-ho GoGo Wi-Fiの注意点、デメリット

  • 2年間の契約期間の縛りがある
  • 端末の性能はそこまで高くない

2年間の契約期間の縛りがある

hi-ho GoGo Wi-Fiは2年間の契約期間があるので2年以内に解約すると違約金が発生します。

解約金
0~12ヶ月目 18,000円
13~24ヶ月目 9,500円
25ヶ月目(契約更新月) 0円
26ヶ月目以降 9,500円

契約更新月以外に解約すると1年目は18,000円、2年目以降は9,500円の解約金がかかります。

そのため2年以内の短期での利用を考えている方や、契約更新月に解約できない方には向いていません。

 

hi-ho GoGo Wi-Fiは契約期間がありますが、そのかわり契約期間のないレンタルWiFiより月額料金が安くなっています。

長期利用すれば総合的にはお得になるのでhi-ho GoGo Wi-Fiは2年間の利用を前提に申し込みましょう。

端末の性能はそこまで高くない

端末の性能はそこまで高くない

hi-ho GoGo Wi-Fiの端末「U2s」はクラウドSIMに対応した端末ですが端末の性能自体はそこまで高くありません。

最大通信速度は150Mbpsと決して速くはないですし、WiFiの通信規格も「11n」までで最新の通信規格には対応していません。

 

国内で利用できるモバイルルーターは最大通信速度が1Gbps近いかそれ以上のスペックがあります。

例えばWiMAXの端末「W06」は最大通信速度1,237Mbpsと非常に高速となっています。

 

もちろん最大通信速度はあくまで理論値です。

最大通信速度が速くても実際の通信速度にそこまで違いはありません。

またネット回線は実効速度で10Mbps程度あれば快適に利用できるのでそこまでの通信速度が必要かと言われると疑問です。

 

ただし今後5Gの導入で通信速度が大幅に向上することを考えると、端末自体のスペックが高いに越したことないというのもまた事実です。

hi-ho GoGo Wi-Fiと他社ポケットWiFiとの比較

hi-ho GoGo Wi-Fiと他社ポケットWiFiとの比較

「hi-ho GoGo Wi-Fi」の特徴を理解していただけましたでしょうか。

 

次にhi-ho GoGo Wi-Fiと他社のポケットWiFiを詳しく比較していきましょう。

比較するのは同じクラウドSIMを利用した人気のポケットWiFi「どんなときもWiFi」です。

「hi-ho GoGo Wi-Fi」と「どんなときもWiFi」は同じクラウドSIMを使ったポケットWiFiということもあり、サービス内容が非常に似通っています。

 

hi-ho GoGo Wi-FiとどんなときもWiFiの比較表は以下のようになります。

hi-ho GoGo Wi-Fi どんなときもWiFi
月間データ容量 完全無制限 完全無制限
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 3,355円 1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目~:3,980円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
端末 U2s D1(U2s)
回線 LTE(au、ドコモ、ソフトバンク) LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
速度制限 なし なし
契約期間 2年 2年
端末の利用方法 端末代金無料 レンタル

比較すると2つのポケットWiFiは「端末」や「回線エリア」、「回線速度」、「契約期間」などは全て同じです。

唯一違うのが月額料金で、hi-ho GoGo Wi-Fiのほうが月額料金が125円安くなっています。

 

2年目以降はどんなときもWiFiは500円値上がりしますが、hi-ho GoGo Wi-Fiは料金が変わりません。

またhi-ho GoGo Wi-Fiは契約終了後に端末が自分のものになるというメリットもあります。

 

hi-ho GoGo Wi-FiはどんなときもWiFiより少し後にサービスを開始したためサービス内容はほぼ同じですが「どんなときもWiFi」より料金が安くなっています。

どんなときもWiFiのほうが知名度が高いですが、hi-ho GoGo Wi-Fiのほうが月額料金が安いので、総合的に考えてhi-ho GoGo Wi-Fiのほうがおすすめです。

hi-ho GoGo Wi-Fiをみてみる

hi-ho GoGo Wi-Fiのまとめ

  • 月額3,355円で完全無制限
  • トリプルキャリア対応でエリアが広い
  • 海外でもそのまま利用できる
  • 2年間の契約期間がある

「hi-ho GoGo Wi-Fi」はどんなときもWiFiと同じクラウドSIMを使ったポケットWiFi(クラウドWiFi)です。

そのため通信エリアや通信速度などのサービス内容はどんなときもWiFiとほぼ同じです。

 

hi-ho GoGo Wi-FiはどんなときもWiFiと同じように2年の契約期間の縛りがありますが、完全無制限で使える上に月額料金が安いのでおすすめできるポケットWiFiです。

長期で完全無制限のポケットWiFiを使う方におすすめです。

hi-ho GoGo Wi-Fiをみてみる

無制限のポケットWiFiは「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年最新版】」でも詳しく比較して了解しています。

無制限ポケットWiFiを探している方はあわせてご覧ください。

無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年12月最新版】

「無制限ポケットWiFiはどれが一番いいのか」悩んでいませんか? 無制限で使えるポケットWiFiはここ最近増えてきましたが、多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。   この記事では ...

続きを見る

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ