ポケットWiFiやWiMAXを専門家が比較しておすすめするサイト

ネトコネ

WiMAX

So-net WiMAXはおすすめ?メリットとデメリットを徹底解説!

So-net WiMAXはおすすめ?メリットとデメリットを徹底解説!

WiMAXプロバイダの一つに「So-net WiMAX」があります。

So-net WiMAXは知名度が高く、月額料金の割引や、オプションが無料で使えるなどのメリットがある人気にプロバイダです。

しかし現在はSo-net WiMAXよりもお得なプロバイダがいくつかあるので、あまりおすすめはできません。

この記事ではネット回線や機器の販売経験を元に、So-net WiMAXのメリットやデメリット、おすすめのWiMAXプロバイダを紹介しています。

So-net WiMAXを申し込みしようか考えている人は、ぜひWiMAXプロバイダ選びの参考にしてください。

So-net WiMAXとは?

So-net WiMAXとは?

「So-net WiMAX」は、SONYグループのソネット株式会社が提供するインターネット回線です。

So-netは昔からADSLや光回線など固定回線のプロバイダを行っています。

知名度が高いので、ほとんどの方が名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。

So-netは固定回線の他に、WiMAXのプロバイダも行っていて、それが「So-net WiMAX」です。

 

WiMAXは、KDDIグループのUQコミュニケーションズが管理、運営しているau系の回線を使ったポケットWiFiです。

WiMAXにも光回線のように複数のプロバイダがあり、それぞれがWiMAXのサービスを提供していています。

「So-ne WiMAX」はそのうちの1つになります。

So-net WiMAXの料金プラン

So-net WiMAXの料金プラン

So-net WiMAXには無制限で利用できる「ギガ放題プラン」と月7Gまで利用できる「通常プラン」があります。

各プランの料金は以下の通りになっています。

プラン ギガ放題プラン(3年) 通常プラン(3年)
月間データ使用量 無制限 7G
事務手数料 3,000円 3,000円
初月 0円 0円
1~36ヶ月目 3,620円 3,020円
37ヶ月目以降 4,379円 3,695円
実質費用(3年間) 133,320円 111,720円
実質月額料金 3,703円 3,103円

WiMAXでは年数に応じて月額料金が変わるプロバイダが多いですが、So-net WiMAXは3年間同じ月額料金となっているためシンプルでわかりやすいです。

月7Gの通常プランは容量がそこまで多くないので、使いすぎるとすぐに128Kbpsに速度制限されてしまいます。

ライトユーザーの人以外は、月間データ量を制限無しで使える「無制限プラン」を選ぶのがおすすめです。

WiMAXを利用する90%以上の人はギガ放題プランを選んでいるというデータもあります。

 

So-net WiMAXはどちらのプランも初月0円で利用できます。

WiMAXは後からプラン変更が可能ですので、迷ったら最初はギガ放題プランを選んでおくといいですよ。

So-net WiMAXのメリット

  • 月額料金が安い
  • 初月無料で利用できる
  • So-netユーザーは200円お得
  • オプションが1年無料
  • 2年10ヶ月以降は機種変更が無料

月額料金が安い

「So-net WiMAX」は、月額料金が割引されているので、本家のUQ WiMAXよりも安い料金でWiMAXを利用することができます。

So-net WiMAXとUQ WiMAXの料金が比較してみた表は以下のようになっています。

So-net WiMAX UQ WiMAX
月間データ使用量 無制限 無制限
事務手数料 3,000円 0円
初月 0円 3,000円
1~2ヶ月目 3,620円 3,696円の日割り
3~24ヶ月目 3,620円 3,696円
25ヶ月目以降 3,620円 4,380円
キャッシュバック 0円 4,380円
実質費用(3年間) 133,320円 159,312円
実質月額料金 3,703円 4,425円

So-net WiMAXのほうが本家のUQ WiMAXより、3年間の実質費用が25,000円以上安くなります。

WiMAXのプロバイダは、各社がお得なキャンペーンがを実施しているので、本家のUQ WiMAXよりも料金が安く利用できます。

サービス内容は全く同じなので、できるだけ安いプロバイダを選んだほうがお得になります。

初月無料で利用できる

「So-net WiMAX」は契約開始した初月は0円で利用することができます。

ほとんどのWiMAXプロバイダは、初月は日割り計算されためその分お得に利用できます。

他のWiMAXプロバイダはいつ利用開始をしても日割なので料金にあまり違いはありませんが、So-net WiMAXは月初めに利用を開始したほうがお得です。

So-net WiMAXを利用する時は、月の最初に契約することを意識しておくといいですよ。

So-netユーザーは200円お得

So-netユーザーは200円お得

「So-net WiMAX」の月額料金にはSo-netモバイルコースの月額200円が含まれています。

もしすでに光回線などでSo-net接続コース会員に加入している場合この200円がかかりません。

その分月額料金が安くなるので、So-netの会員なら3年間で合計7,200円お得に利用できます。

So-netのサービスを既に使っている人は、月額料金が安くなるのでおすすめですね。

オプションが1年間無料で使える

オプションが1年間無料で使える

So-net WiMAXは契約時に有料オプションを同時に申し込むと、オプションを1年間無料で使うことができます。

1年間無料になるオプションは以下の3つです。

  • カスペルスキーセキュリティ:月額500円
  • So-net 安心サポート:月額300円
  • So-net くらしのお守りワイド:月額450円

So-net WiMAXを使えば、合計で月額1,250円相当のオプションを1年間無料で使えるのでお得です。

カスペルスキーセキュリティ 月額500円

世界的に有名なカスペルスキーのセキュリティソフトが利用できるようになるオプションです。

Windows、Mac、Androidの端末最大5台までセキュリティソフトをインストールして利用できます。

最大5台までインストールできるのでパソコン、タブレット、スマホなど色々な端末のセキュリティを高めることができます。

ただし、iOS搭載のiPhoneには対応していないので使用することはできません。

So-net 安心サポート 月額300円

「So-net 安心サポート」は、パソコンやプリンタなどの周辺機器の悩みやトラブルに対応してくれる電話サポートサービスです。

「インターネットに突然繋がらなくなった」といった時に電話することで、オペレーターの人が対応してくれます。

電話とリモートサポート(遠隔操作)で悩みを解決してくれるので、パソコンやインターネットにあまり詳しくない人に優しいサービスとなっています。

ただし「So-net 安心サポート」は月1回は無料ですが、2回目以降は料金がかかるので注意しましょう。

So-net くらしのお守りワイド:月額450円

「So-net くらしのお守りワイド」は、「鍵周り」「水回り」「ガラス」などの生活まわりのトラブルを解決してくれるサービスです。

「洗面所の水漏れが発生した」「ガラスが破損してしまった」「玄関のドアが開かなくなった」などのトラブルを解決してくれます。

一見インターネットと関係なさそうなサービスですが、パソコンやスマホなどの機器が破損した時の保険もこのサービスに含まれています。

So-netのネット回線に接続していた機器が破損した場合、保険の対象となります。

機器破損時の最大保険金額

  • パソコン:5万円
  • スマホ、タブレット:3万円
  • モバイルルーター、音楽プレイヤー、ゲーム機:1万円

パソコンなどは購入してしばらくは、メーカーの保証がありますが、保証すでに切れてしまっている場合には有効です。

ただし、保険の適応が受けられるのは購入してから5年以内の機器に限られます。

あまりに古い機器は保険対象外となるので注意しましょう。

2年10ヶ月以降は機種変更が0円

2年10ヶ月以降は機種変更が0円

So-net WiMAXは2年10ヶ月(34ヶ月)以降にルーターの機種変更を無料で行うことができます。

So-net WiMAXでは、ちょうど契約更新が近づいたタイミングになると0円で機種変更できるので、契約を継続したまま、最新端末を使うことができます。

 

同じルーターをずっと使っているとバッテリーの寿命が短くなり、電源の持ちが悪くなってきます。

3年も経つと新しい無線の通信規格がでて通信速度や性能が大きく上がりますが、古い端末のままだと対応していないため使うことができません。

ルーターは最新端末を使ったほうが、快適にインターネットを使うことができます。

 

ただしルーターを最新端末に機種変更しても、契約内容自体が変わるわけではありません。

So-net WiMAXは、3年以降は月額料金の割引が少なくなり、ギガ放題プランで700円ほど高くなります。

インターネット回線は基本的に、ルーターを機種変更して契約を継続するより、他のWiMAXプロバイダに乗り換えて新規キャンペーンを利用したほうがお得です。

So-net WiMAXのデメリット

料金が安くはない

So-netのデメリットは「料金があまり安くはない」、これに限ります。

So-net WiMAXは、本家のUQ WiMAXより料金は確かに安いですが、現状So-net WiMAXよりも料金が安いお得なプロバイダが他に存在しています。

 

WiMAXは、回線の管理や運営はUQコミュニケーションズが行っていて、どのプロバイダを選んでも、通信速度やエリア、端末の種類に違いはありません。

ですからキャンペーンが充実していて、料金が安いプロバイダを選んだほうがお得になります。

So-net WiMAXの解約金・違約金

So-net WiMAXは3年契約となり、契約更新月以外に解約すると違約金が発生します。

契約更新月は、端末が届いた翌月を1ヶ月目と考えて37ヶ月目となります。

So-net WiMAXの解約金・違約金

WiMAXの解約時の違約金は年数に応じた代わり、利用年数が多いほど金額は安くなります。

So-net WiMAXの解約時の違約金

  • 1年目:19,000円
  • 2年目:14,000円
  • 3年目以降:9,500円

解約はSo-netの公式ページからWeb上で行うことができます。

WiMAXだけを解約する場合は「オプション解約」、So-netの会員自体を解約する場合は「退会」を選びます。

オプション解約だけだと、So-net接続コースなどの月額料金が発生します。

WiMAX以外に光回線などSo-netの他のサービスを利用していないなら「退会」を選びましょう。

月末までに申し込みをすれば、当月に解約となります。

契約更新月以外に解約すると違約金がかかるので、解約を忘れないようにしましょう。

So-net WiMAXと他社との比較

WiMAXには20以上の複数のプロバイダが存在しています。

So-net WiMAXと他社のWiMAXプロバイダを比較してみます。

料金の比較

「So-net WiMAX」と人気のある他社のWiMAXプロバイダ2社を比較してみます。

料金を比較するWiMAXプロバイダ

  • GMOとくとくBB:シェアNo1のWiMAXプロバイダ
  • Broad WiMAX:シェアNo2のWiMAXプロバイダ

「So-net WiMAX」と「GMOとくとくBB」「Broad WiMAX」の3社の3年間の料金を比較してみました。

So-net GMOとくとくBB Broad WiMAX
月間データ使用量 無制限 無制限 無制限
事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
初月 0円 3,696円の日割り 2,726円の日割り
1~2ヶ月目 3,620円 3,609円 2,726円
3~24ヶ月目 3,620円 4,263円 3,411円
25ヶ月目以降 3,620円 4,263円 4,011円
キャッシュバック 0円 32,050円 0円
実質費用(3年間) 133,320円 123,110円 131,626円
実質月額料金 3,703円 3,419円 3656円

GMOとくとくBBはキャッシュバック金額が多く、So-net WiMAXより1万円以上安くなります。

またWiMAXプロバイダの中で3年間の実質費用が一番安いプロバイダでもあります。

「Broad WiMAX」もGMOとくとくBBほどではありませんが、月額料金の割引が多く、So-net WiMAXより実質金額が安くなっています。

わたしもGMOとくとくBBのWiMAXを利用していました。

So-net WiMAXはオプションが1年間無料で使えるので便利ですが、オプションが特に必要ない人も多いですよね。

料金の安さで考えるならSo-net WiMAXよりGMOとくとくBB のほうがお得です。

Broad WiMAXには違約金負担キャンペーンがあり

Broad WiMAXには違約金負担キャンペーンがあり

WiMAXプロバイダの「Broad WiMAX」は他社のポケットWiFiから乗り換えた場合、最大19,000円まで違約金を負担してくれるキャンペーンを実施しています。

Broad WiMAX違約金負担キャンペーン対象のポケットWiFi

  • 他社WiMAXプロバイダ
  • ソフトバンクエアー
  • ワイモバイル

上記のネット回線を使っている場合、キャンペーンを使ってBroad WiMAXに切り替えれば、違約金を負担してくれます。

WiMAXの違約金は最大19,000円なので、他社WiMAXからの乗り換えは違約金の負担なしで行えます。

契約更新月に解約を忘れてしまった人や、月額料金が高いWiMAXプロバイダを使っている人は、こちらのキャンペーンを使えば、違約金を支払わずに乗り換えできるのでお得です。

Broad WiMAXは月額料金が安く人気も高いので、契約更新月以外で切り替えを考えている人におすすめです。

WiMAXのお得な申込み方法と流れ

WiMAXで損をしないためにWiMAXのお得な申込み方法と流れをご紹介します。

この方法で申し込みをすればWiMAXをお得に契約することができます。

プロバイダを選ぶ

まずはプロバイダを選びます。

So-net WiMAXはオプションが1年間無料になるのが魅力ですが、オプションを使わない人にはあまり意味がありません。

料金の安さで選ぶなら「GMOとくとくBB 」、すでに他社でポケットWiFiを使っていて違約金が発生する場合は違約金負担の「Broad WiMAX」がおすすめです。

エリアを確認する

エリアを確認する

プロバイダが決まったら、WiMAXを使う地域がサービスエリア内か確認するため通信エリアを調べます。

WiMAXのサービスエリアは「UQ WiMAX」の公式サイトから確認できます。

>>WiMAXのサービスエリア

エリア内でも場所によっては電波が弱いこともあるので、ピンポイントエリア判定で直接自宅の住所を入力するのがおすすめです。

関連記事:WiMAXのエリア範囲と確認方法を解説!

エリア判定は「○」「△」「✕」などで表示されます。

「○」であれば問題ありませんが、「△」だったリ、電波に不安がある人は、UQ WiMAXの「Try WiMAX」を利用してみるといいでしょう。

「Try WiMAX」は、WiMAX機器を15日間無料レンタルできるサービスです。

関連記事:Try WiMAXの7つの注意点 !15日間無料レンタルの前に確認!

端末を選ぶ

端末を選ぶ

WiMAXの端末は一番最新の端末を選びましょう。

最新端末のほうが性能が高いので、通信速度が速く機能が充実しています。

 

現在のWiMAXの最新端末は「W06」です。

最大通信速度が1,237Mbpsと非常に高速で、アンテナ機能が向上して「W05」よりも受信速度が20%以上向上しています。

端末は最新端末の「W06」を選べばまず間違いありません。

プランを選ぶ

プランを選ぶ

プランは月間データ量制限なしで使える「ギガ放題プラン」を選ぶのがおすすめです。

ネット回線をあまり使わないライトユーザーであれば、月7Gで足りるかもしれませんが、多くの人がポケットWiFiを利用するのは、無制限で快適にインターネットを使いたいからですよね。

WiMAXを利用している人の93%はギガ放題プランを選んでいるという統計結果もあります。

 

どのWiMAXプロバイダでも最初の月はギガ放題プランも通常プランと同じ金額で利用できます。

最初はギガ放題で申し込みをしておいても金額的に損はしないので、迷ったらギガ放題プランで申し込みをしておきましょう。

WiMAXは翌月のプラン変更も簡単にできるので、「翌月はあまり使わないな」と思ったら、通常プランへの切り替えもできます。

So-net WiMAXのまとめ

So-net WiMAXは月額1,250円相当のオプションが1年間無料で利用できるのが最大のメリットです。

しかし、オプションが必要ない人や利用する機会のない人にとっては必要のないサービスです。

すでにSo-netの光回線を使ってる人は月額料金が200円安くなるのでお得にですが、それ以外に人にはあまりおすすめできません。

料金の安さで選ぶなら、人気の高いWiMAXプロバイダの「GMOとくとくBB 」や「Broad WiMAX」を選ぶのがおすすめです。

So-net WiMAXを申し込もうか悩んでいた人はぜひ参考にしてくださいね。

-WiMAX

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.