ポケットWiFi

200Kbpsは遅い?どれくらいのことができる?

200Kbpsは遅い?どれくらいのことができる?

格安SIMは月間データ量を超えると200Kbpsに速度制限されるサービスが多いです。

速度制限後の200Kbpsでどれくらいのことができるか気になる方も多いのではないでしょうか。

 

この記事では200Kbpsでどれくらいのことができるのか詳しく解説しています。

200Kbpsでできることやできないことを知りたい方はぜひご覧ください。

200Kbpsの単位について

まず最初に200Kbpsの単位にはどういった意味があるのかをご紹介します。

単位の意味がわかれば200Kbpsでどれくらいのことができるのかわかるようになるので、ご存じない方はお読みください。

bps(ビーピーエス)とは

ネット回線の通信速度は「bps(ビーピーエス)」という単位で表します。

bpsは「bit per second(ビット・パー・セカンド)」の略で、1秒間にどれくらいのデータ量(bit)を送ることができるかを示しています。

bitは「0」と「1」の2進数で表されるデータの最小単位です。

 

bitはデータの最小単位なので、bpsでそのまま表すと桁数がとんでもないことになってしまいます。

そこで1,000倍ごとにK(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)などの単位がつけられて表されるのが一般的です。

倍数
1Kbps=1,000bps 1000倍
1Mbps=1,000Kbps 1000倍の2乗
1Gbps=1,000Mbps 1000倍の3乗

例えば200Kbpsは2,000bpsと同じ数値で1bpsの2,000倍の通信速度を表しています。

Byte(バイト)とは

ネットの通信速度は「bps(ビーピーエス)」で表しますが、データ量は「Byte(バイト)」で表します。

スマホに保存した写真などのデータをみてみると「3MB」といった数値が表示されますが、このBが「Byte(バイト)」の略です。

 

Byteもbitと同じデータ量の単位で「1Byte=8bit」になります。

つまり3MBは24Mbitと同じということです。

 

通信速度とデータ量で使われている単位が違うので少しややこしいですが「1Byte=8bit」と覚えておきましょう。

ポイント

どうして「8bit=1Byte」となっているのかというと、半角英数字を表すのに必要なデータ量が8bitだからです。

半角英数字1文字のデータ量を1Byteとして表しているわけです。

日本語はひらがな以外に漢字やカタカナがあるので、アルファベットよりデータ量が多く1Byteでは足りません。

そのため日本語は1文字2Byteになっています。

日本語が半角ではなく全角になるのもbit数の関係です。

200Kbpsでできること

次に200Kbpsでできることについて詳しく解説していきます。

200Kbpsでは以下のことが可能です。

  • LINEやメールなどのテキストベースのやりとり
  • 音声通話
  • 地図のナビ
  • ソロプレイのオンラインゲーム

先にご案内したように「8bit=1Byte」なので、200Kbpsは1秒間に25KBの通信ができます。

時間 データ量
1秒間 25KB
1分間(60秒) 1.5MB
1時間(60分) 90MB

1時間あたり約90MBのデータが利用できるので、通信量がそれ以下なら問題なく利用できます。

メールやLINEなどテキストベースのやりとりは可能

メールやSMS、LINEのメッセージのやりとりなど文字が中心の通信は、データをほとんど使わないので200Kbpsでも十分利用できます。

日本語は1文字あたり2Byteしか使いませんから、単純計算で1万字でも20KB程度しか必要ないことになります。

 

テキストベースのやりとりは、文字数が多くなっても200Kbpsあれば問題なく利用できます。

音声通話も可能

LINEやSkypeなどの音声通話もテキスト同様にあまりデータ量を使いません。

音声通話 データ量(1分)
LINE 300KB
Skype 550KB

200Kbpsあれば1分あたり1.5MBまでのデータに対応できるので、音声通話に関しても十分利用できます。

 

ただしビデオ通話はリアルタイムで動画を送るためデータ量が一気に増えてしまいます。

ビデオ通話 データ量(1分)
LINE 5.1MB
Skype 6.2MB

1分あたり1.5MBしかやりとりできない200Kbpsだとデータ通信量が足りなくなり、画面がカクついたり止まってしまいます。

 

ビデオ通話は基本的に音声データを優先して送瑠葉作られているので通話は途切れにくいですが、途中で通話が途切れてしまう可能性がないとはいえません。

通信速度200Kbpsのときはビデオ通話はあまり利用しないほうがいいでしょう。

地図アプリのナビは利用可能

Googleマップなどの地図アプリを使ったナビの利用は200Kbpsでも可能です。

ナビ自体はGPSをもとに目的地を検索してルートを表示するだけなのでデータ量はあまり必要としません。

200Kbpsだと検索に少し時間がかかりますが、一度ナビを設定してしまえば後は普通に利用できます。

 

ただしナビは利用できますが地図の読み込みに時間がかかるので、地図の拡大をしてしまうと表示するまでにかなり時間がかかります。

200Kbpsで地図アプリを利用する時は、拡大縮小はあまり利用しないか、目的地の地図データをあらかじめダウンロードしておくなどの対策が必要になります。

ソロプレイのゲームアプリなら利用可能

スマホのゲームアプリなどのオンラインゲームは、インストールした後はダウンロードしたデータでゲームを動かすことが多いので、リアルタイムで必要なデータ量はあまり多くありません。

 

実際に200Kbpsの速度制限中に3Dグラフィックのゲームアプリを試してみましたが、普通に遊ぶことができました。

データ量の多い3Dグラフィックのゲームでも遊べたのでモンストやパズドラ、ツムツムなどの2D系のゲームも問題なく遊べるでしょう。

 

ただしPUBGなどのFPSや他のプレイヤーと遊ぶゲームは、リアルタイムでデータ通信が必要になるので、タイムラグが発生したり、途中で通信が途切れてしまう可能性があります。

マルチプレイも途中で通信が途切れてしまう可能性があるので、200Kbpsで遊ぶならデータ通信が頻繁に発生しないソロプレイができるゲームに限られます。

 

ただしゲームアプリはデータ量が多いので200Kbpsだとインストールはできないと考えたほうがいいです。

ゲームアプリを遊ぶ時は、WiFi環境で予めアプリをダウンロードしておく必要があるでしょう。

200Kbpsでできないこと

画像の表示に時間がかかる

画像は文字に比べてデータ量が多いので通信速度200Kbpsだと読み込みに時間がかかります。

画像の多いサイトでも時間をかければ表示することができますが、1つのページを開くのにかなり時間がかかるので、色々なサイトに飛んで何ページも開くのは厳しいです。

オンラインショップで目当ての商品を探したり、インスタグラムなど画像中心のサイトを見て回るのは200Kbpsでは難しいでしょう。

 

サイトの他にも、LINEやツイッターなどで画像を表示するにも時間がかかります。

スマホで撮影した写真は3MB程度あるので、LINEで送られてきた写真を表示するには、通信速度200Kbpsだと2分程度かかかる計算になります。

動画の視聴は厳しい

動画は画像以上にデータ量が多いので、200Kbpsだと視聴するのは厳しいです。

 

Youtubeの1時間に必要なデータ量の目安は以下のようになります。

通信量(1時間) 200Kbps
144p 120MB ×
240p 168MB ×
360p 324MB ×
480p(SD画質) 612MB ×
720p 1G ×
1080p 2G ×

200Kbpsは1時間あたり90MBのデータ通信ができる計算になりますが、Youtubeは低画質動画でも1時間に120MBのデータ量が必要なので通信速度が足りていません。

一応最低画質の144pだとギリギリ動画を視聴できますが最初の読み込みに時間がかかりますし、広告が表示されるとそこで止まってしまいます。

 

最初に広告が表示される動画も多いので、200kbpsだと止まってしまって視聴できない可能性が高いです。

 

Youtube以外の動画サービスでも必要なデータ量はあまり変わりません。

200Kbpsで動画を視聴するのはかなり厳しいと考えたほうがいいでしょう。

 

通信速度が1Mbpsまで上がればYoutubeの標準画質が視聴できるようになります。

標準画質はスマートテレビなどの大きな画面で観ると粗く感じますが、スマホで観る分には十分です。

スマホで動画を視聴したいなら通信速度は1Mbps以上あったほうがいいでしょう。

関連リンク1Mbpsはどれくらい使える?遅いのかを徹底解説!

1Mbpsはどれくらい使える?遅いのかを徹底解説!

通信速度1Mbpsでどれくらいのことができるのか気になっていませんか。 WiMAXは3日間で10Gを超えると通信速度が1Mbpsに速度制限されますが、数字だけだと「具体的にどれくらい使えるのか」イメー ...

続きを見る

大きなデータのダウンロードはできない

通信速度200Kbpsだと1GBを超える大きなデータのダウンロードは時間がかかりすぎるので厳しいです。

200Kbpsは1時間あたり約90MBのデータ通信ができますが、2GBのゲームアプリをインストールしようとするとダウンロードが完了するまで約22時間以上かかる計算になります。

夜寝ている間にインストールしようとしても、ダウンロードが半分も終わりません。

 

データのダウンロードは通信速度の速さが大きく影響するため、200Kbpsだと大きなデータのダウンロードは不可能です。

ゲームアプリのインストールは、WiFi環境であらかじめダウンロードしておくなどの必要があります。

200Kbpsまとめ

  • 1時間に約90MBのデータをやりとりできる
  • メールやLINEは利用可能
  • 音声通話もできる
  • 地図アプリのナビは一応使える
  • 画像の表示には時間がかかる
  • 動画の視聴は厳しい
  • 大きなデータのダウンロードはできない

200KbpsでもLINEやメールなどのテキストベースのやりとりや音声通話が可能です。

しかし画像の表示が遅いので画像の多いサイトや高画質の画像の表示には時間がかかります。

動画に関しては通信速度が足りないので低画質の動画であっても視聴は厳しいです。

 

一般的に利用できるネットの回線速度は10Mbpsといわれているので、200Kbpsは50分の1の速度しかありません。

関連記事ネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

ネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

インターネット回線を選ぶ時に重要になるのが「回線速度」です。 光回線、WiMAX、ポケットWiFiなど様々なインターネット回線では「業界最速!」「下り最大〇〇Mbps」など、自社サービスの回線速度の速 ...

続きを見る

200Kbpsは制限後の通信速度なので、できることが少ないのは仕方ないでしょう。

 

格安スマホは200Kbpsの速度制限になることが多いですが、最近は速度制限後も1Mbpsで使えるサービスも登場しています。

話題の楽天モバイルなら楽天回線のエリア外で速度制限にかかっても1Mbpsの通信速度がでます。

キャンペーン中で1年間無料で利用できて解約金もかからないのでおすすめです。

関連リンク楽天モバイル「UN-LIMIT」の特徴や注意点、実際の通信速度を詳しく紹介!

楽天モバイル「UN-LIMIT」の特徴や注意点、実際の通信速度を詳しく紹介!

楽天モバイルが第4の携帯キャリアとして参入して話題になりました。 「1年間月額料金無料」という破格のキャンペーンを実施しているので気になっている方も多いのではないでしょうか。   今回、楽天 ...

続きを見る

格安スマホで速度制限によくかかってしまう方は、ポケットWiFiと組み合わせて使うのもおすすめです。

無制限のポケットWiFiは「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!」で詳しく紹介しているので良かったらあわせてご覧ください。

無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年9月最新版】

「無制限ポケットWiFiはどれが一番いいのか」悩んでいませんか? 無制限で使えるポケットWiFiはここ最近増えてきましたが、多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。   この記事では ...

続きを見る

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ