ポケットWiFi

めっちゃWiFiの特徴や注意点を解説!どんなときもWiFiとの違いは?

めっちゃWiFiの特徴や注意点を詳しく解説!どんなときもWiFiとの違いは?

めっちゃWiFiがおすすめかどうか気になっていませんか?

「どんなときもWiFi」の登場以降、クラウドSIMを使ったポケットWiFiが続々登場していますが、めっちゃWiFiもそのうちの1つです。

 

この記事では、めっちゃWiFiの特徴や注意点について詳しくまとめています。

また「どんなときもWiFi」との比較もしているので、めっちゃWiFiがおすすめかどうか知りたい方や無制限のポケットWiFiを探している方はぜひご覧ください。

めっちゃWiFiとは

めっちゃWiFiとは

めっちゃWiFiは2019年10月に開始したレンタルWiFiです。

人気のポケットWiFi「どんなときもWiFi」と同じクラウドSIMを搭載のモバイルルーターを使用しているポケットWiFi(クラウドWiFi)です。

同じ端末を使っていることもあり料金やサービス内容もどんなときもWiFiと非常に似通っています。

 

運営会社は「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」です。

スマートモバイルコミュニケーションズは「スマモバ」という有名な格安SIMを運営している会社です。

 

レンタルWiFiは新設されたベンチャー会社が運営していることが多いですが、めっちゃWiFiはもともと通信事業を行っている大手企業が運営しているので安心できますね。

スマモバはめっちゃWiFi以外に「THE WiFi」というクラウドWiFiも運営しています。

めっちゃWiFiをみてみる

めっちゃWiFiの料金プラン

めっちゃWiFiの料金プラン

めっちゃWiFiの料金プランは非常にシンプルで、無制限で利用できるプラン1種類のみです。

めっちゃWiFi
データ量 無制限
初期費用 3,000円
月額料金 3,480円
契約期間 2年

月額料金3,480円でデータ量無制限で利用できます。

月額料金も一律で途中で変わったりしないので非常にわかりやすい料金体系ですね。

海外の料金プラン

めっちゃWiFiの端末はクラウドSIMを使い利用する場所によって利用する回線を入れ替えることができます。

そのためモバイルルーターを海外に持っていけば、自動的にSIMを切り替えて海外でも利用できます。

 

海外で利用する時は1日ごとに料金が発生します。

海外の基本的な料金は1日1,250円ですが、特定の東南アジア17カ国は1日850円とかなり安く利用できます。

料金 利用可能な国、地域
850円/日 バングラデシュ、カンボジア、中国、香港、インド、インドネシア、マカオ、マレーシア、ミャンマー、モンゴル、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ラオス、ベトナム
1250/日 ヨーロッパ、アメリカ、アジア、オセアニアなど

韓国や台湾、タイやマレーシアなど人気のある東南アジアは1日あたり850円で利用できるので、他のポケットWiFiと比較すると安めですね。

携帯キャリアの海外ローミングサービスに比べると、アジア圏の料金はかなり安いので、短期の旅行や出張などで利用すると便利です。

めっちゃWiFiの特徴

  • 完全無制限で利用できる
  • 月額料金が安い
  • 2年目以降はいつでも解約できる
  • そのまま海外でも利用できる

完全無制限で利用できる

めっちゃWiFiは月間データ量が完全無制限で利用できます。

スマホのようなデータ量の上限もないですし、他社ポケットWiFIにあるような短期の速度制限もありません。

  • スマホ:月のデータ量超えると速度制限
  • SAKURAWiFi:無制限だが使いすぎると速度制限にかかる
  • 縛りなしWiFi:1日2Gを超えると速度制限
  • SPACEWiFi:1日3Gを超えると速度制限
  • WiMAXワイモバイル:3日間で10Gを超えると速度制限

公式サイトをみても通信制限はもうけていないと記載されています。

通信制限は設けておりません。
ただし、ネットワーク品質の維持および公正な電波利用の観点から、違法ダウンロードなどの不正利用または著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合のみ、該当のお客様に対し通信速度を制限する場合があります。

めっちゃWiFi公式サイトより

「著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合」通信制限を行う場合があると記載がありますが、これはよほど異常な数値のデータ通信量を回線側が見つけた場合であって、月300Gや500G程度使っても速度制限にはかかることはありません。

高画質の動画を長時間視聴すると多くのデータ量が必要になりますが、その程度のデータ量であれば速度制限にかかることはまずありません。

個人で使用するなら完全無制限で利用することができます。

月額料金が安い

めっちゃWiFiは月額料金3,480円と他社に比べて安めです。

他社ポケットWiFiの無制限プランは月額3,680円が一般的です。

よくばりWiFiの月額料金は3,480円なので200円安いことになります。

ポケットWiFi 月額料金
めっちゃWiFi 3,480円
SAKURAWiFi 3,680円
SPACEWiFi 3,680円

めっちゃWiFiは2年の契約期間の縛りがありますが、長期間利を前提に契約をするならあまり気にする必要はありません。

他社に比べて月額料金が安めなので料金の安い無制限のポケットWiFiを利用したい人におすすめです。

3つの回線が利用できる

めっちゃWiFiの端末は「クラウドSIM」を利用していて、クラウドサーバー上でSIMデータを管理しています。

そのため場所によって一番繋がりやすい通信に自動的に切り替えることができ、大手3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)のLTE回線をすべて利用することができます。

実際使ってみると、ソフトバンク回線に繋がることが多いですが、複数の回線が使えるので、1つの回線だけのポケットWiFiよりも通信の安定性が高くなります。

 

モバイル回線は人口カバー率が高くどこでも繋がります。

利用できるエリアが広いので、旅行やアウトドアで遠方に行くことが多い人でも安心して利用することができます。

 

各キャリアのサービスエリアは公式サイトから確認できます。

2年目以降はいつでも解約できる

2年目以降はいつでも解約できる

めっちゃWiFiは2年間の契約期間がありますが2年目以降は解約金なしでいつでも解約できます。

契約期間 3年目以降の解約金 自動更新
めっちゃWiFi 2年 0円 なし
どんなときもWiFi 2年 9,500円 あり
よくばりWiFi 2年 9,500円 あり

多くのポケットWiFiは契約期間が終わった翌月(2年契約の場合は25ヶ月目)を「契約更新月」としていて、その月以外に解約すると解約違約金が発生します。

更新は2年ごとに自動更新されてしまうため、契約更新月にうっかり解約を忘れてしまうと次に違約金なしで解約できるのは2年後になってしまいます。

 

その点めっちゃWiFiは3年以降は契約期間の縛りがなくなるので、いつでも違約金なしで解約できます。

2年使えば契約期間の縛りがなくなるので、レンタルWiFiのような使い方ができます。

契約更新月をいちいち覚えておく必要がないので楽ですね。

解約違約金が9,500円と安い

めっちゃWiFiは解約違約金が他社ポケットWiFiに比べて9,500円と安いです。

めっちゃWiFi どんなときもWiFi よくばりWiFi
契約期間 2年 2年 2年
1年目 9,500円 19,000円 18,000円
2年目 9,500円 14,000円 12,000円
3年目以降 0円 9,500円 9,500円

多くのポケットWiFiは利用年数が増えると解約金が安くなっていきますが、めっちゃWiFiは2年目まではいつ解約しても一律9,500円です。

1年以内に解約したとしても他社に比べて違約金が安いので申し込みするハードルが低くなります。

そのまま海外でも利用できる

そのまま海外でも利用できる

料金プランの際にもご案内したように、めっちゃWiiの端末をそのまま海外でも利用可能です。

海外で利用する際に、申し込み手続きや申請なども一切不要なので旅行の準備などでドタバタしている時も安心です。

 

海外で利用する場合は無制限ではなく「1日1G以上」利用すると速度制限にかかります。

速度制限後の通信速度は利用する国によって変わります。

1日1G使えればグーグルマップで地図を確認する程度なら速度制限にかかることはないので、十分なデータ量です。

 

1日のリセット時間は日本時間のAM9:00です。

海外ではデータ通信を使わなければ利用料金は発生しないので、使わない時はリセット時間に合わせて電源を切っておきましょう。

端末故障時の費用が安い

めっちゃWiFiは弁済金が5,000円と非常に安いです。

「弁済金」は端末が故障した時に支払う代金です。

めっちゃWiFiは端末をレンタルして利用するので、万が一端末が故障してしまった場合は端末代金として「弁済金」が発生します。

 

めっちゃWiFiと同じ端末(U2s)を使っている他社のポケットWiFiと比べても、弁済金はかなり安いです。

ポケットWiFi 弁済金
めっちゃWiFi 5,000円
どんなときもWiFi 18,000円
よくばりWiFi 18,000円

U2sは、アマゾンなどのネットショップをみても新品で18,000円程度の端末です。

それが新品に交換しても5,000円ですむのでかなり安いですね。

 

他社のポケットWiFiは弁済金を端末の価格にあわせているようですが、めっちゃWiFiはその3分の1以下ですみます。

めっちゃWiFiのデメリット

  • 即日発送には対応していない
  • 端末の通信速度は速くない
  • 保証オプションがない
  • 端末は返却する必要がある

即日発送には対応していない

めっちゃWiFiは端末の即日発送には対応していません。

ポケットWiFiは申込みするとすぐに端末を送ってくれす「即日発送」してくれるサービスもありますが、めっちゃWiFiは通常3営業日以内の発送となります。

ポケットWiFi 発送日
めっちゃWiFi 3営業日前後
どんなときもWiFi 最短即日
※日祝除く
よくばりWiFi 最短即日
※日祝除く

そのため即日発送に対応した他社のポケットWiFiに比べると申込みから到着までの時間が多少かかってしまいます。

「引越し先ですぐにインターネットを使いたい」など急ぎの時は少し時間がかかるので不便ですね。

 

めっちゃWiFiは初月日割りで計算してくれるので、日割りにならないポケットWiFiより申し込みしてからすぐに使いやすいです。

その分即日発送ですぐに届いたほうが嬉しかったですね。

 

翌月申込みにすれば翌月1日に到着するように発送してくれます。

急いでいなければ翌月到着にするのがおすすめです。

端末の通信速度は150Mbpsとそこまで速くない

めっちゃWiFiの端末「U2s」は最大通信速度は150Mbpsとあまり速くありません。

最大通信速度
めっちゃWiFi(U2s) 150Mbps
WiMAX(W06) 1,237Mbps
ワイモバイル(803ZT) 988Mbps

WiMAXの端末「W06」は最大通信速度1,237Mbps、ワイモバイルの端末「803ZT」も988Mbpsと1G程度の通信速度がでます。

「U2s」は他社の最新端末と比較すると8分の1程度の通信速度しかありません。

 

またWiFiも「11n」という2世代前の規格にしか対応していないため、WiFiの通信速度も最新のモバイルルーターと比較すると遅くなります。

 

これはWiMAXやワイモバイルの端末が日本国内だけで使うことが考えて作られているのに対して「U2s」が世界各国で利用することを前提として作られているためでしょう。

日本のようにネット回線の通信速度がそこまで速くない国も多いので、端末自体もそこまで高速な通信を必要としていません。

そのため国内向けのモバイルルーターような高速な通信には対応していません。

 

もちろん端末の最大通信速度と実際に使った時の速度は大きく違います。

しかし最大通信速度が違うということは、利用している通信技術が古いということです。

今後5Gの登場により通信速度が向上した時に対応できなくなる可能性もあるので、通信速度は速い方がいいです。

保証オプションがない

めっちゃWiFiには端末が故障した時の保証オプションがありません。

保証オプションは、月500円程度で端末が故障や紛失した際に新しい端末に交換してくれるといった内容のサービスです。

ほとんどのポケットWiFiには保証オプションがありますが、めっちゃWiFiはオプション自体が存在しません。

 

個人的には保証オプションは必要ないと考えていますが、万が一のために加入しておきたいと考える方もいるでしょう。

 

ただしめっちゃWiFiは保証オプションがない分、弁済金が5,000円と他社に比べて非常に安いです。

保証オプションが月額500円だと計算すると保証オプション10ヶ月分の料金で新しい端末と交換できます。

めっちゃWiFiは保証オプションがありませんが、弁済金が安いのでそこまで気にする必要はないでしょう。

端末は返却する必要がある

めっちゃWiFiのは端末をレンタルしてインターネットを利用しています。

当然ですが解約した時はレンタルしている端末を返却する必要があります。

 

返却するために梱包して発送する手間がかかりますし、返却時の送料などは利用者の負担となります。

レンタルWiFiは月額料金などが安いですがその分、解約時に一手間かかることを覚えておきましょう。

めっちゃWiFiと他社ポケットWiFiとの比較

めっちゃWiFiと他社ポケットWiFiとの比較

ここまで読んでいただけたなら「めっちゃWiFiがどんなサービスなのか」特徴をしっかり理解していただけたと思います。

次にめっちゃWiFiと他社のポケットWiFiのサービス内容を詳しく比較してみましょう。

 

比較するポケットWiFiは、クラウドWiFiの先駆けである「どんなときもWiFi」です。

めっちゃWiFiとどんなときもWiFiを比較した表は以下のようになります。

よくばりWiFi どんなときもWiFi
月間データ容量 無制限 無制限
初月 日割 日割
月額料金 3,480円 1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目~:3,980円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
回線 LTE(au、ドコモ、ソフトバンク) LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
速度制限 なし なし
契約期間 2年(自動更新なし 2年(自動更新)
端末 U2s U2s
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
口座振替
端末の利用方法 レンタル レンタル

2つのサービスは「契約期間」や「月額料金」「利用回線」「端末」などは全く同じです。

 

月額料金はどちらも3480円ですがどんなときもWiFiは2年目以降3,980円と高くなります。

まためっちゃWiFiは2年目以降は契約期間の縛りがなくなるのでいつでも解約できるメリットがあります。

 

めっちゃWiFiはどんなときもWiFiより後発のサービスなので、料金やサービスをどんなときもWiFiよりお得にしてあります。

ただし2年後の契約更新のタイミングで別のポケットWiFiに切り替えるならあまり大きな違いはありません。

 

どんなときもWiFiはクレジットカード以外に口座振替にも対応しています。

クレジットカードを持っていない人はどんなときもWiFiを選びましょう。

めっちゃWiFiをみてみる

どんなときもWiFiをみてみる

めっちゃWiFiのまとめ

  • 月額料金が一律3,450円
  • トリプルキャリア対応
  • 2年目以降の契約期間の縛りがない
  • 解約金や弁済金が安い

めっちゃWiFiは月額料金3,480円と安く無制限で利用できるポケットWIFiです。

内容は「どんなときもWiFi」と非常に近いですが、後発のサービスなので「2年目以降はいつでも解約できる」「料金が値上がりしない」など、どんなときもWiFiよりも使いやすい部分が多くなっています。

また1日850円で東南アジアでも使えるので、アジア旅行が趣味の方にもおすすめできます。

めっちゃWiFiをみてみる

無制限ポケットWiFiは「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年6月最新版】」でも詳しくご紹介しています。

無制限で使えるポケットWiFiを探している方はあわせてご覧ください。

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ