ポケットWiFi

EX WiFiの特徴と注意点を詳しく解説!【貴重な50G月額2,980円】

50G月額2,980円!EX WiFiの特徴と注意点を詳しく解説!

EX WiFiは月額2,980円で月50Gまで利用できるポケットWiFiです。

大容量プランが3,000円以下で利用できるので、価格の安いポケットWiFiを探している方は気になっているのではないでしょうか。

 

EX WiFiは新型コロナウィルスの影響による在庫不足のため新規受付を停止していましたが、2020年7月からクラウドWiFiとしてサービスを再開しました。

サービス再開後は名称が「EX WiFi Cloud」に変更になり、従来の50Gプランに加えて新しく「100Gプラン」と「150Gプラン」が追加されています。

 

この記事ではEX WiFi Cloudの特徴や注意点について詳しく解説し、他社ポケットWiFiと比較しています。

EX WiFi Cloudが気になる方やおすすめのポケットWiFiを探している方はぜひご覧ください。

EX Wi-Fi Cloudとは

EX WiFiとは

「EX WiFi Cloud」は、株式会社ファイナルブルーが2019年10月にスタートしたポケットWiFiです。

最近はモバイルルーターをレンタルして使う「レンタルWiFi」が増えていますが、EX WiFiは従来からあるルーターを購入するタイプのポケットWiFiです。

 

EX-WiFiは以前はソフトバンク回線のポケットWiFiでしたが、2020年7月にサービス再開した後はクラウドSIMを使ったポケットWiFi(クラウドWiFi)になりました。

関連リンククラウドWiFiとは?メリットや注意点をくわしく解説!

クラウドWiFiとは?メリットや注意点をくわしく解説!

クラウドWiFiをご存知ですか? 最近ポケットWiFiは、クラウドSIMを使った「クラウドWiFi」が勢いを増しています。 クラウドWiFiってなに? どんなメリットがあるの? 注意する点はある? こ ...

続きを見る

それに伴いサービス名も「EX WiFi」から「EX WiFi Cloud」に変わっています。

ソフトバンク回線からクラウドWiFiになったことで、利用できる回線が増え、海外でも利用可能になりました。

 

比較的後発のポケットWiFiなので月額料金も安く月50Gが月額2,980円で利用できます。

EX WiFi公式サイト

EX Wi-Fi Cloudの料金プラン

EX WiFiの料金プラン

EX WiFi Cloudには、データ量ごとに50G、100G、150Gの3つの料金プランがあります。

50Gプラン 100Gプラン 150Gプラン
データ量 50G 100G 150G
月額料金 2,980円 3,480円 3,980円
初期費用 3,000円
端末代金 3年利用で実質無料
契約期間 3年

以前は50Gプランしかありませんでしたが、サービス再開後に100Gプランと150Gプランが追加されました。

データ量が50G増えるごとに月額料金が500円ずつ変わります。

 

EX WiFi Cloudは途中で月額料金が変わったりしないので、非常にシンプルでわかりやすいですね。

 

細かい月額料金の内訳は以下のようになっています。

50Gプラン 100Gプラン 150Gプラン
通信料 6,980円 7,980円 8,980円
端末代金 550円
3年割 -4,550円 -5,050円 -5,550円
月額料金 2,980円 3,480円 3,980円

通信量と端末代金の合計が割引されて最終的な月額料金になっています。

 

100Gプランと150Gプランが追加されましたが、EX WiFI Cloudを利用するなら月額料金2,980円の「50Gプラン」がおすすめです。

ポイント

仕入元(回線事業者の)の料金高騰に伴い150Gプランは、2020年7月末で終了しました。

EX WiFi公式サイト

EX WiFi Cloudの解約金

EX WiFi Cloudは3年契約となり、途中で解約すると解約金がかかります。

利用月数 解約金
契約更新月以外 9,500円
契約更新月 0円

解約金は利用月数に関わらず一律9,500円です。

WiMAXなどは1年以内に解約すると19,000円の解約金がかかるので、比較するとEX WiFi Cloudの解約金は安いですね。

EX WiFi Cloudの特徴、メリット

  • 50Gで月額料金2,980円と料金が安い
  • ドコモ、au、ソフトバンク回線が使えてエリアが広い
  • 即日発送が可能
  • 海外でも利用できる
  • 端末が手に入る

50Gで月額2,980円と料金が安い

月額料金2,980円と安い

EX WiFi Cloudは50Gで月額2,980円と料金が非常に安いです。

 

他社と比較しても50Gで月額料金3,000円以下のサービスは他にありません。

月額料金
EX WiFi Cloud(50G) 2,980円
FUJI WiFi(50G) 3,400円
SPACEWiFi(無制限) 3,680円

以前はEX WiFi Cloudと同程度の料金のポケットWiFiも有りましたが、新型コロナウィルスの影響で仕入れ値が上がり、月額料金が高くなったり新規受付を停止しているサービスが多いです。

 

そんななかEX WiFi Cloudは料金が変わっていないため、相対的に他社よりお得になっています。

EX WiFi Cloudは50Gプランの料金が安いので、データ量が月50Gで十分な人や、通信費を抑えたい人におすすめです。

最短即日発送が可能

最短即日発送が可能

EX WiFiは申し込み後、即日最短で発送してくれます。

ポケットWiFiが急に必要になった時や、引越したばかりでインターネットをすぐに使いたい時に便利ですね。

 

ただしEX WiFiの公式サイトには、具体的に何時までに申し込めば即日発送してくれるのかは明記されていません。

EX WiFiは申込後にオペレーターから確認の電話がかかってくるので、申込者が多い繁忙期には確認が遅れてしまい、即日発送が難しいケースもあるかもしれません。

ドコモ、au、ソフトバンク回線が使えてエリアが広い

EX WiFi Cloudは、クラウドSIMを使ってクラウドサーバーでSIMデータを管理しているので複数の回線が利用できます。

国内では「ドコモ」「au」「ソフトバンク」の3つの大手モバイル回線に対応しています。

 

クラウドWiFiは実際に使ってみると、ソフトバンク回線に繋がることが多いですが、大手モバイル回線はカバー率99%以上あるので、どの回線であってもほとんどの場所で繋がります。

WiMAXのように地下に弱いということもないので安定して通信を利用できます。

海外134カ国で利用できる

海外でも利用できる

EX WiFi Cloudは、クラウドSIMを使って回線を切り替えることができるため、海外134カ国でもそのままインターネットが利用できます。

手続き不要でそのまま海外でも使えるので、海外専用のレンタルWiFiに比べてレンタルや返却の手間がかかりません。

短期の海外旅行や出張に行く時に持っていくと便利です。

 

海外で利用する場合、国内の料金とは別に1日ごとに料金が発生します。

またプランは、1日あたり「500MB」と「1GB」の2つの料金プランがあります。

データ量/日 料金/日
500MB 980円
1GB 1,200円

どちらのデータプランを利用するかは、申し込み時に選ぶことができます。

 

またレンタルWiFiとは違い、データ量が発生しない日は料金がかかりません。

ホテルなどにWiFiがあり、ポケットWiFiが不要な時は電源を落としておくと節約になります。

利用後はルーターが手元に残る

EX WiFi CloudはレンタルWiFiとは違い端末を購入するので、契約終了後にモバイルルーターが手元に残ります。

最近はモバイルルータをレンタルして使う「レンタルWIFi」が増えていますが、レンタルWiFiは契約終了後は端末を返却する必要があるので、ルーターが手元に残りません。

対してEX WiFi Cloudは端末を購入して利用するポケットWiFiなので、契約終了後はモバイルルーターが手に入ります。

 

残った端末はSIMフリーのモバイルルーターとして使うことができるので、SIMプランのある他社のポケットWiFiや格安SIMで再利用することができます。

3年間利用すれば端末が実質無料で手に入るので、長期間利用するならお得です。

EX WiFiのデメリット

次にEX WiFiのデメリットや注意点をご紹介します。

  • 3年の契約期間がある
  • 3年以内に解約すると端末代金がかかる

3年の契約期間がある

EX WiFi Cloudは3年の契約期間があり、途中で解約すると解約金9,500円が発生します。

またクラウドWiFiは2年契約のサービスが多いですが、契約期間が3年と少し長めです。

契約年数
EX WiFi Cloud 3年
どこよりもWiFi 2年
それがだいじWiFi 2年

解約金は利用年数に応じて安くなるポケットWiFiが多いですが、EX WiFi Cloudの解約金は一律9,500円です。

1年目の解約金は18,000円のポケットWiFiが多いので、他社に比べると解約金が安めに設定されています。

 

ただし後で案内するように途中で解約すると解約金とは別に「端末代金」もかかります。

EX WiFi Cloudは月額料金が安いですが3年以内に解約すると解約金がかかるので、利用する時は、長期利用を前提に申し込みをしましょう。

3年以内に解約すると残った端末代金を一括で支払う必要がある

EX WiFi Cloudの端末代は3年利用すれば実質無料となりますが、3年以内に解約すると残った端末代金を一括で支払う必要があります。

 

EX WiFiの端末代は、毎月550円ずつ36回払いで支払っていますが、契約中は割引があるため端末代は実質無料となっています。

50Gプラン 100Gプラン 150Gプラン
通信料 6,980円 7,980円 8,980円
端末代金 550円
3年割 -4,550円 -5,050円 -5,550円
月額料金 2,980円 3,480円 3,980円

しかし途中で解約してしまうと端末代金の割引がなくなってしまうため、残った端末代金を解約時に一括支払いする必要があります。

スマホを端末代金を分割支払で購入した場合と同じだと考えるとわかりやすいでしょう。

 

端末代金は1年目に解約した場合24,000円、2年目に解約すると12,000円かかります。

利用年数 端末代金 解約金
1年(12ヶ月) 13,200円 9,500円
2年(24ヶ月) 6,600円 9,500円

先に説明したようにEX WiFiは3年以内に解約すると、端末代金だけでなく解約金9,500円もかかります。

両方合わせると1年で解約した場合は22,700円、2年で解約した場合は16,100円支払わないといけません。

 

3年以内の利用だと解約時に支払う金額が高くなるので、短期間の利用や、1~2年利用だけ使いたいときは契約期間のないポケットWiFiを選んだほうがいいでしょう。

EX WiFi Cloudの端末

GlocalMe U2s

U2s(D1)

製品名 U2s
メーカー uCloudlink
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 151g
サイズ 127 x 65.7 x 14.2mm
連続通信時間 12時間
バッテリー 3,500mAh
同時接続台数 最大5台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

「U2s」は、2018年に発売したクラウドSIM搭載のモバイルルーターで「U2」の後継機にあたる端末です。

 

「U2s」は、どんなときもWiFiを始めクラウドWiFiで一番多く使われているモバイルルーターで、長期間の利用実績がある端末なので、安心して利用できます。

非ディスプレイ型で非常にシンプルな端末ですが、画面がないので細かいバッテリー残量などがわからないのがややネックですね。

ただモバイルルーターは電源をいれたら、ポケットやバッグに入れっぱなしということが多いのであまり気になることはないでしょう。

また正面についたランプの色である程度のバッテリー残量は確認できます。

 

最大通信速度は150Mbpsとあまり速くはありませんが、インターネットの通信速度は実測値で10Mbps程度あれば十分です。

関連リンクネット回線速度の目安はどれくらいが普通?快適な速度をチェックしよう

ネット回線速度の目安はどれくらい?快適な速度を知ろう!

インターネット回線を選ぶ時に重要になるのが「回線速度」です。 光回線、WiMAX、ポケットWiFiなど様々なインターネット回線では「業界最速!」「下り最大〇〇Mbps」など、自社サービスの回線速度の速 ...

続きを見る

GlocalMe U3

製品名 U3
メーカー uCloudlink
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 125g
サイズ 126 x 66 x 10mm
連続通信時間 12時間
バッテリー 3,500mAh
同時接続台数 最大10台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

「U3」は「U2s」の後継機にあたる端末で、同時接続台数が5台から10台になっている点が大きな違いです。

 

U2sの接続台数が少ないと感じていた人には嬉しい変更点ですね。

またU3の方が厚みが4mm薄くなり、重さも26g軽くなっているので、より持ち運びしやすくなりました。

 

最大通信速度は150Mbpsと「U2s」と同じですが、細かい点がアップデートしているので特にこだわりがなければ端末は「U2s」よりも「U3」を選んだほうがいいでしょう。

もちろん今までの運用実績を重視するなら「U2s」を選ぶのもありです。

EX WiFi Cloudと他社ポケットWiFiの比較

EX WiFiの特徴や注意点を詳しく紹介していきました。

次にEX WiFiと他社のポケットWiFiを比較してみましょう。

EX WiFi CloudとFUJI WiFiの比較

比較するのはEX WiFi Cloudと同じ50Gプランのある「FUJI WiFi」です。

EX WiFi FUJI WiFi
月間データ容量 50G 50G
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 2,980円 3,400円
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
端末 FS030W FS030W
利用回線 ドコモ、au、ソフトバンク ソフトバンク
短期の速度制限 なし なし
契約期間 3年 なし
端末の利用方法 購入(3年利用すれば無料) レンタル(要返却)

2つの料金プランを比較すると以下のことがわかります。

  • 月額料金はEX WiFi Cloudの方が420円安い
  • FUJI WiFiは契約期間がない
  • EX WiFi Cloudは端末が手に入る

月額料金を比べるとEX WiFi Cloudの方が420円安いので、費用面ではEX WiFi Cloudのほうがお得です。

 

対してFUJI WiFiは月額料金が高くなりますが、その分契約期間の縛りがありません。

解約金無しでいつでも解約できるので、3年以内の短期の利用を考えているなら、気軽に使える「FUJI WiFi」のほうがおすすめです。

FUJI WiFiをみてみる

対してEX WiFi Cloudは3年間の契約期間がありますが、月額料金が安く契約終了後に手元にルーターが残るというメリットがあります。

料金を抑えたい人や、解約後にルーターが欲しい人はEX WiFi Cloudがおすすめです。

EX WiFi Cloudをみてみる

EX WiFi Cloudがおすすめな人

  • データ量50Gで十分な人
  • 長期間利用する人
  • 利用後にモバイルルーターが欲しい人

EX WiFi Cloudまとめ

  • 50Gで月額2980円と安い
  • 3年利用すれば端末が手に入る
  • 3年以内に解約すると解約金と端末代金がかかる

EX WiFi Cloudは月額2,980円で50Gまで利用できるコストパフォーマンスの高いポケットWiFiです。

100Gプランと150Gプランが追加されましたが、料金面を考えると50Gプランが一番おすすめです。

 

わたしもポケットWiFiの50Gプランを利用していますが、月50Gあれば十分にインターネットを利用できます。

無制限プランに比べて月額料金が抑えられるので「無制限は必要ないけどある程度のデータ量は欲しい」と考えている人におすすめですね。

 

現状50Gで月額3,000円以下で利用できるポケットWiFiは他にないので、50GプランのポケットWiFiを探している方におすすめです。

EX WiFi Cloudをみてみる

 

月50Gだとデータ量が足りないという人は無制限で使える他社のポケットWiFiを選ぶのがおすすめです。

無制限のポケットWiFiは「無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年最新版】」でも詳しく解説しています。

無制限ポケットWiFiを探している人はこちらの記事もあわせてご覧ください。

無制限ポケットWiFiを徹底比較!おすすめの格安WiFiはここ!【2020年9月最新版】

「無制限ポケットWiFiはどれが一番いいのか」悩んでいませんか? 無制限で使えるポケットWiFiはここ最近増えてきましたが、多すぎてどれを選べばいいのかわからないですよね。   この記事では ...

続きを見る

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ