WiMAX・ポケットWiFiの比較やおすすめを紹介!

ネトコネ

WiMAX

UQ WiMAXはおすすめ?メリットとデメリットを徹底解説!

UQ WiMAXはおすすめ?メリットとデメリットを徹底解説!

UQ WiMAXは「UQ!」のCMでお馴染みのUQコミュニケーションズが提供するWiMAXです。

WiMAXは小型のルーターを持つことで家の外でも手軽にインターネットが使えるポケットWiFiの1種です。

UQ WiMAX以外にもWiMAXを提供しているプロバイダは数多くありますが、それらはすべてUQ WiMAXの回線を利用しています。

「回線元のプロバイダなので一番お得そう」と考えてしまいそうですが、実はそうでもありません。

この記事ではUQ WiMAXのメリットやデメリットが詳しく解説していきます。

UQ WiMAXのことが詳しくわかるほかに、他社のプロバイダとの比較もしていますので、お得にWiMAXを利用したい方はぜひご覧ください。

UQ WiMAXとは

UQ WiMAXとは

「UQ WiMAX」はKDDIグループの「UQコミュニケーションズ」が提供するWiMAXサービスです。

UQコミュニケーションズは、格安SIMの「UQ mobile」のCMでもお馴染みですね。

UQコミュニケーションズはWiMAXのサービスを提供しているプロバイダ(販売代理店)とは違い、WiMAX回線自体の管理、運営も行っています。

つまりUQ WiMAXがWiMAXの本家本元ということですね。

WiMAXには「GMOとくとくBB」「BIGLOBE」など20以上のプロバイダがありますが、どこでWiMAXを利用しても回線元は全て同じUQ WiMAXになります。

UQ WiMAX公式サイト

WiMAXってどんなサービス?

WiMAXってどんなサービス?

「そもそもWiMAXって何?」という方にWiMAXについて少し解説をしておきます。

WiMAXは簡単にいうと「小型のモバイルルーターを使ってどこでもインターネットが利用できる」ポケットWiFiの1種です。

WiMAXには以下のようなメリットがあります。

  • 配線工事が不要
  • 家の中と外で使える
  • 端末が届いたらすぐに利用できる

スマホの場合「LTE」などのモバイル通信を使ってインターネットに接続しますが、WiMAXはモバイル通信とは別の無線通信を使ってインターネットに接続しています。

その無線の名前が「WiMAX」です。

 

WiMAXについては「WiMAXとは?WiFiの違いやメリット・デメリットを徹底解説!」で詳しく解説しているので、気になる方はご覧になってください。

UQ WiMAXの料金プラン

UQ WiMAXの料金プラン

UQ WiMAXの料金プランには月7Gまで利用できる「UQ Flatツープラス(通常プラン)」と無制限で利用できる「UQ Flatツープラス ギガ放題」の2種類があります。

  • UQ Flatツープラス(通常プラン):月7Gまで利用できる料金プラン
  • UQ Flatツープラス ギガ放題:月間データ量無制限で利用できる料金プラン

それぞれのプランの料金は以下のようになっています。

UQ Flatツープラス UQ Flatツープラス ギガ放題
月間データ量 月7G 無制限
初期費用 3,000円 3,000円
0~2ヶ月目 3,696円 3,696円
3ヶ月目以降 3,696円 4,380円
契約期間 3年 3年

「UQ Flatツープラス」は月7Gまでのライトユーザー向けのプランになります。

月7Gを超えると翌月まで128Kbpsの速度制限にかかってしまうため、外出時にスマホでインターネットや動画をよく観る場合は、ギガ放題プランのほうがおすすめです。

 

WiMAXはいつでも通常プランとギガ放題プランの変更ができます。

利用開始から3ヶ月間はどちらも同じ料金でプランで利用できるので、どちらのプランにすればいいか悩んだ時は、最初はギガ放題プランで申し込みをして、使用量を確認してみるといいでしょう。

UQ WiMAXのメリット

UQ WiMAXはWiMAX本家なので、サポート面が優れているのが大きな特徴です。

  • 店舗で直接契約できる
  • サポートが無料で受付時間も長い
  • 当日に解約でき料金は日割り計算
  • 口座振替が利用できる

店舗で直接契約できる

店舗で直接契約できる

UQ WiMAXは全国に「UQスポット」という店舗を運営しているので、店頭で直接WiMAXを契約することができます。

店舗ではWiMAXの他に格安SIMの「UQ mobile」を契約することもできます。

 

WiMAXは、直接店舗を持たないプロバイダが多く、申込みもWebサイトから行うのが主流です。

店舗で直接契約できるプロバイダはあまり多くはないので、店舗があるUQ WiMAXは貴重です。

スタッフの方に気になる点を直接質問することができるので、実際にスタッフの人と話をして契約したい方にはおすすめです。

最寄りのUQ WiMAXの販売店舗は公式サイトから調べることができます。

UQ WiMAXの販売店舗一覧

サポート窓口が無料で受付時間も長い

サポート窓口が無料で受付時間も長い

UQ WiMAXのサポート窓口はフリーダイヤルなので、無料で通話をすることができます。

また受付時間が年中無休で9時~21時までと他社プロバイダより長めです。

UQ WiMAXのサポート窓口

  • 電話番号:0120-929-818(フリーダイヤル)
  • 受付時間:9時~21時(年中無休)

例えば「GMOとくとくBB」の場合、事務手続きの場合、受け受け時間は平日の9時~19時までとなり、フリーダイヤルではないので通話料もかかります。

 

カスタマーセンターに連絡する場合、自動音声が流れたあとにしばらくしてからオペレーターに繋がるという流れになります。

電話が混雑する時間帯は、オペレーターに繋がりにくい場合もありますし、つながった後も本人確認や問い合わせ内容の確認作業が必要になるので、通話時間が長くなりがちです。

UQ WiMAXならフリーダイヤルで通話料を気にせずに問い合わせをすることができます。

当日に解約でき料金は日割り計算

UQ WiMAXはサポート窓口に電話連絡すれば当日のうちに解約が可能です。

解約月は1ヶ月分の月額料金がかかるプロバイダが多い中、UQ WiMAXは日割り計算となる点もお得です。

 

サポート窓口も21時まで受付しているので日中仕事のある人でも連絡がしやすいです。

すぐに解約できて、日割り計算してくれるので他のプロバイダより解約連絡をシビアにする必要がありません。

WiMAX本家なので他のプロバイダより解約のサポートが充実しています。

口座振替で支払いができる

UQ WiMAXはクレジットカード払いの他に、口座振替でも支払いが可能です。

WiMAXは支払い方法がクレジットカードのみのプロバイダがほとんどです。

口座振替ができるプロバイダは「UQ WiMAX」を含めて3社だけしかないので、クレジットカードを持っていない方や、クレジットカードで支払いをしたくない方におすすめです。

 

ただし料金的にはUQ WiMAXよりもBIGLOBE WiMAXのほうがお得になります。

口座振替をした時のおすすめプロバイダは「WiMAXを口座振替、クレカなしで利用!プロバイダ3社を徹底比較!」で詳しく解説しているので、口座振替を考えている方はよければ参考にしてください。

UQ WiMAXのデメリット

他社プロバイダに比べて価格が高い

UQ WiMAXは他社のプロバイダに比べるとキャンペーンによる月額割引やキャッシュバックが少ないです。

そのため他社の安いWiMAXプロバイダと比較すると、料金が割高になります。

 

UQ WiMAXはWiMAXの本家なので料金も一番安くなりそうなものですが、実際はそうではありません。

UQ WiMAXは、広告を出してWiMAX自体の認知度を高めたり、店舗運営を行う必要があるため、その分高いコストが必要になります。

店舗を持たずにネットだけで受付をしているプロバイダは店舗運営のコストは掛かりませんし、UQ WiMAXがWiMAXの広告をだしてくれるので、自社で広告をだす必要がありません。

各プロバイダは、コストが抑えられるのでその分をお得なキャンペーンにして利用者へ還元しています。

UQ WiMAXはサポートが充実していますが、WiMAXはプロバイダが変わっても回線元が同じなので、利用できるエリアや端末、通信速度は変わりません。

そのため安さ重視でWiMAXプロバイダを選ぶなら、キャンペーンが充実している他のプロバイダを選んだほうがお得です。

UQ WiMAXと他社プロバイダとの比較

UQ WiMAXは本家なので電話対応などのサポート面がすぐれていますが、キャンペーンの割引が少ないため他社のプロバイダに比べると料金があまり安くありません。

具体的にどれくらいの金額になるのか「UQ WiMAX」と人気の高いプロバイダ「GMOとくとくBB」の合計金額を比較してみましょう。

料金プランは無制限で利用できる「ギガ放題プラン」、端末は最新端末「W06」を選択する最も一般的なケースで2社の料金を比べてみました。

GMOとくとくBB(月額割引) UQ WiMAX
初期費用 3,000円 3,000円
端末代 無料 3,800円
利用開始月 日割り 日割り
1ヶ月目 2,170円 3,696円
2ヶ月目 2,170円 3,696円
3~36ヶ月目 3,480円 4,380円
キャッシュバック 5,000円 3,000円
実質費用 120,660円 160,112円
実質月額料金 3,351円 4,447円
契約期間 3年 3年

料金を比較してみると、GMOとくとくBBのほうが4万円近く安いという結果になりました。

GMOとくとくBBのほうがUQ WiMAXよりも実質月額料金が1,000円以上安くなります。

UQ WiMAXは旧端末のW05を利用すればキャッシュバックが13,000円に増えますが、それでもGMOとくとくBBのほうが3万円近く安くなります。

 

UQ WiMAXはサポート面が充実していますが、WiMAX回線自体の内容に違いはありません。

できるだけ安い料金でWiMAXを利用したい方はUQ WiMAXよりも料金の安い「GMOとくとくBB」を選ぶのがおすすめです。

UQ WiMAXを利用する流れ

次にUQ WiMAXを利用する流れを紹介します。

エリアを確認する

エリアを確認する

まず最初は利用するエリアがWiMAXのサービスエリア内か確認してみましょう。

電波が入らなければ利用できないですからね。

サービスエリアはUQ WIMAXの公式サイトから確認することができます。

UQ WIMAXのサービスエリア

地図上でエリアを確認できるほか、住所を直接入力するとピンポイントで電波の状態を確認することができます。

自宅や職場など利用する予定のある住所を入力してみて、電波が入るか確認しておきましょう。

公式サイトで申し込みをする

WiMAXのエリアか確認したら、次はUQ WIMAXの公式サイトで申し込みをします。

以下のキャンペーンページから申し込みをするとお得です。

UQ WiMAX公式サイト

料金プランを選択する

料金プランを選択する

料金プランは無制限で使える「ギガ放題プラン」がおすすめです。

WiMAXの利用者の90%以上はギガ放題プランを選択しています。

 

UQ WIMAXは利用開始から3ヶ月間は通常プランと同じ料金で利用できます。

試しに使ってみて、データ量が月7G以内に収まるようならプラン変更するといいでしょう。

端末を選択する

端末を選択する

WiMAXで利用できる端末は数種類ありますが、一番おすすめは最新端末の「W06」です。

W06は、WiMAXのWシリーズの最新端末で、以下のような特徴があります。

  • 最大通信速度が1Gbps以上と高速
  • 室内でつながりやすい
  • バッテリー時間も長い

WiMAXのルーター選びに悩んだら、W06を選んでおけば間違いありません。

WiMAXのルーターについては「WiMAXルーターを徹底比較!おすすめ機種はこれ!」でも詳しく解説しているので、気になる方はご覧ください。

クレードルは必要ない

クレードルは必要ない

WiMAXでは端末と同時にオプションで「クレードル」を購入することができます。

クレードルは、モバイルWiFiルーターを置いて充電できるスタンドのことです。

クレードルを使えばLANケーブルで直接接続できるなどのメリットがありますが、多くの人にとってはほとんど必要ない機能です。

WiMAXのクレードルは必要ない。メリットと不要な理由

クレードルがなくても、モバイルWiFiルーターは充電できるので、無理に購入する必要はないでしょう。

最新端末のW06にはクレードルがありません。

どうしてもクレードルが必要な場合は端末は「WX05」を選択しましょう。

UQ WiMAXの解約金と解約方法

UQ WiMAXの解約金

UQ WiMAXは3年での契約が基本となり契約更新月以外の月に解約すると、解約金がかかります。

UQ WiMAXの解約金

UQ WiMAXの解約金

  • 1~13ヶ月目:19,000円
  • 14~25ヶ月目:14,000円
  • 26ヶ月目以降:9,500円
  • 契約更新月:0円

UQ WIMAXの解約の流れ

UQ WIMAXの解約は、電話での受付となり、Web上から解約はできません。

解約する時はUQお客様センター(0120‐929‐818)に連絡をしましょう。

IP電話などでフリーダイヤルがつながらない場合は、「042-310-3719」が連絡先になります。

 

連絡する時は、契約者本人が連絡をする必要があり、本人確認のために以下の情報が必要となります。

  • 契約者名
  • 連絡先電話番号
  • 暗証番号もしくは生年月日および契約先住所

解約は即日での解約が可能で料金は日割り計算となります。

日時の指定もできるので、月末まで利用することもできます。

契約更新月以外に解約すると違約金がかかるので、忘れないうちに早めに連絡しておいたほうがいいでしょう。

UQ WiMAXまとめ

UQ WiMAXはWiMAX本家なのでサポート内容が充実していますが、キャンペーンの割引が少ないため、料金が他社のプロバイダに比べると割高です。

サポートが必要ない方や、安い料金でWiMAXが使いたい方は別のプロバイダを選んだほうがいいでしょう。

WiMAXプロバイダは、料金が安くWiMAXでシェアNo1のプロバイダ「GMOとくとくBB」が一番おすすめです。

GMOとくとくBBならUQ WiMAXより4万円近く安く利用できます。

GMOとくとくBBはシェアNo1の実績があるプロバイダなので安心して利用できるのも良い点です。

損をしたくない方は、WiMAXは「GMOとくとくBB」を利用すれば間違いないでしょう。

 

無制限で利用できるポケットWiFiの比較は「無制限ポケットWiFiを比較!一番おすすめのサービスはここ!」でも詳しく解説しているので良かったら参考にしてください。

こちらの記事がポケットWiFi選びの参考になれば幸いです。

-WiMAX

Copyright© ネトコネ , 2020 All Rights Reserved.