ポケットWiFi

スマホドックWiFiの特徴や注意点を詳しく解説!

スマホドックWiFiの特徴や注意点を詳しく解説!

スマホドックWiFiは「WiMAX」と「LTE回線」のプランがあるポケットWiFiです。

後発のポケットWiFiで月額料金が安く契約期間もないのですが、注意したい点もいくつかあります。

 

この記事ではスマホドックWiFiの特徴や注意点を解説し、他社のポケットWiFiと比較しています。

スマホドックWiFiが気になる方やおすすめのポケットWiFiを探している方はぜひご覧ください。

スマホドックWiFiとは

スマホドックWiFiは「株式会社バルテック」2020年3月にサービスを開始したポケットWiFiです。

サービス開始当初はクラウドWiFiの「無制限プラン」とソフトバンク回線の「100Gプラン」があったのですが、すぐに「WiMAXプラン」と「LTE大容量プラン」に料金プランが変更されました。

 

料金プランは大幅に変更されましたが、月額料金が安く契約期間の縛りがないので使いやすいポケットWiFiです。

スマホドックWiFi公式サイト

スマホドックWiFiの料金プラン

スマホドックWiFiには2つプランがあり、選んだプランによって料金や利用する回線が変わります。

LTE大容量プラン WiMAX使い放題プラン
月間データ量 100G 無制限
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 2,880円 3,280円
端末 不明 W05
回線 LTE回線
(ソフトバンク?)
WiMAX
速度制限 データ量を超えた場合 3日間10G
契約期間 なし なし

「LTE大容量プラン」は、調べてみても公式サイトに月間データ量の記載がありません。

ただし公式サイトに「月間推奨容量を超えると制限が掛かる場合があります」と書かれていること、以前「100Gプラン」だったものと料金体系が全く同じという2点からデータ量は「月100Gが上限」と考えられます。

 

回線側との契約もそんなにコロコロと変えられないでしょうしWiMAXプランの追加に合わせて「100Gプラン」から名前を変えただけでしょう。

スマホドックWiFiの2つの特徴・メリット

  • 契約期間の縛りがない
  • 月額料金が安い

契約期間の縛りがない

スマホドックWiFiは契約期間の縛りがないので、いつ解約しても解約金を支払う必要がありません。

ポケットWiFiは2~3年の契約期間があるサービスが多く、途中で解約すると解約金がかかるので、長期間利用しないといけません。

契約期間
スマホドックWiFi なし
ゼウスWiFi 2年
THE WiFi 2年

スマホドックWiFiは契約期間の縛りがないので自分の好きなタイミングで解約でき、短期間の利用にも向いています。

そのため短期間だけ使いたい方や、いつまでポケットWiFiを使うかわからない方でも気軽に申し込みできます。

月額料金が安い

スマホドックWiFiは2つのプランがありますが、どちらのプランも月額料金が安いのが特徴です。

  • WiMAX使い放題プラン:3,280円
  • LTE大容量プラン:2,880円

特に「LTE大容量プラン」は、月額2,880円で100G利用できるので、他社のポケットWiFiに比べてもお得です。

データ量 月額料金
スマホドックWiFi 100G 2,880円
FUJI WiFi 100G 3,280円
最安値保証WiFi 100G 3,280円

月100Gで考えると最安値のポケットWiFiではないでしょうか。

スマホドックWiFiの3つの注意点・デメリット

  • 公式サイトの情報が少なくわかりにくい
  • WiMAXは3日間10Gの速度制限あり
  • レンタルなので端末は返却が必要

公式サイトの情報が少なくわかりにくい

最初にお話したように、スマホドックWiFiは最初はクラウドWiFiの「無制限プラン」とソフトバンク回線の「100Gプラン」がありましたが、サービスを開始してすぐにプランが大幅に変更になりました。

しかし公式サイトでは、プラン変更後も以前と同じ情報が掲載されているため、非常にわかりにくくなっています。

 

具体的には、WiMAX回線を使っているのに「通信量や3日間の制限なし」とトップページに大きく書かれているなど、事実と異なったユーザーに誤解を招く表記が多く、情報の整合性が全く取れていません。

 

また新プランに関しても不明点が多いです。

  • 「大容量LTEプラン」のデータ量の記載がない
  • 「大容量LTEプラン」の端末の詳細が不明

端末の詳細は申込後に通知するとのことですが、どんな端末になるのかの一覧くらいは掲載してほしいものです。

ポケットWiFi自体のサービス内容とは違い、サイトを更新すれば解決できる簡単な問題なのでサイトが更新されることを期待しています。

WiMAXは3日間10Gの速度制限がある

スマホドックWiFiの「WiMAX使い放題プラン」は月間データ量は無制限ですが「3日間10G」の速度制限があります。

内容
速度制限にかかるデータ通信量 直近3日間で10G以上
速度制限にかかる時間帯 翌日の18時~翌2時まで
速度制限後の通信速度 1Mbps

関連リンクWiMAXは速度制限なしで使える?解除の方法は?

WiMAXを始めとしたポケットWiFiの多くはヘビーユーザーの使いすぎを防ぐためにこのような短期の速度制限があります。

 

ただしWiMAXは他社のポケットWiFiに比べると条件がゆるいです。

速度制限にかかるのは、翌日の夜間だけなので日中は使えますし、速度制限後も1Mbps程度の通信速度はでるのでYoutubeの標準動画をみる程度なら問題ありません。

関連リンク1Mbpsはどれくらい使える?遅いのかを徹底解説!

ただしデータ量の多い高画質動画を観たりするのは厳しいです。

3日間10Gを超えそうなら、別のポケットWiFiを選んだほうがいいでしょう。

レンタルなので解約時に端末は返却が必要

スマホドックWiFiは端末をレンタルして利用しているので、解約後は端末一式の返却が必要です。

契約期間の短いポケットWiFiはレンタル形式が多く、端末を利用者が送り返すのが一般的です。

 

それはいいのですが、スマホドックWiFiは他社に比べても返却期限がかなりシビアで「解約月の翌月3営業日までに必着」となっています。

さらに期限内に端末が返却されない場合は「機器損害金」として「LTE大容量プラン」は15,000円、「WiMAXプラン」は19,000円の支払いが発生します。

 

スマホドックWiFiは「端末の返却が必要」で、かつ「返却期日が短く、返却を忘れた時の金額が高い」ので、解約したらすぐに端末を発送するように心がけましょう。

スマホドックWiFiの端末

スマホドックWiFiの端末は選んだプランで変わります。

「大容量LTEプラン」の端末は「在庫のある端末が送られてくる」と書かれているだけで、詳しい情報が公式サイトに載っていません。

そのため、以前の100Gプランで採用されていた「801ZT」の端末情報を載せておきます。

ソフトバンク回線のレンタルWiFiは「FS030W」や「601HW」などが使われることが多いので、これらの端末が送られてくる可能性もあります。

Speed Wi-Fi NEXT W05

製品名 Speed Wi-Fi NEXT W05
メーカー Huawei
最大通信速度 下り758Mbps / 上り112.5Mbps
重量 131g
サイズ 130 x 55x 12.6mm
連続通信時間 9時間
バッテリー 2,750mAh
同時接続台数 最大10台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n/ac

「Speed Wi-Fi NEXT W05」は、WiMAXの1世代前の端末です。

カタログスペックでは「最大通信速度758Mbps」となっていますが、これはWiMAXとLTE回線を同時に使った場合の速度です。

WiMAX回線だけ使った時の最大通信速度は「558Mbps」に下がります。

ただし無線で通信速度が558Mbpsあればかなり高速なのでWiMAX回線だけでも通信速度は十分です。

 

WiMAXは電波の周波数帯が高いので通信速度はLTE回線に比べて高速ですが、電波が届きにくいので地下や山間部では繋がりにくい傾向にあります。

関連リンクWiMAXの周波数はいくつ?WiFiやキャリアとの違いは?

801ZT

製品名 801ZT
最大通信速度 下り112.5Mbps / 上り37.5Mbps
重量 93g
サイズ 71 x 71 x 14.2mm
連続通信時間 10時間
バッテリー 2,000mAh
同時接続台数 最大10台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

「801ZT」は、2019年4月8日に発売されたソフトバンクのモバイルルーターです。

ZTEコーポレーションが製造した法人向けの端末で、小型でコンパクトなのが特徴です。

 

最大通信速度112.5Mbpsと「W05」に比べるとあまり速くはありせん。

ただネット回線は実測値で10Mbps程度あれば快適に使えるので、これくらいの通信速度でも問題なく利用できます。

関連リンクネット回線速度の目安はどれくらいが普通?快適な速度をチェックしよう

スマホドックWiFiと他社との比較

「WiMAX使い放題プラン」と「クラウドWiFi東京」の比較

「スマホドックWiFi」のWiMAXプランと「クラウドWiFi東京」を比較してみましょう。

クラウドWiFi東京」はスマホドックWiFiと同じように「契約期間の縛りがない」クラウドSIMを使ったポケットWiFiです。

 

2つのポケットWiFiを比較すると以下のようになります。

スマホドックWiFi クラウドWiFi東京
月間データ容量 無制限 無制限
初期費用 3,000円 3,980円
月額料金 3,280円 3,380円
最大通信速度 558Mbps 150Mbps
端末 W05 U2s
回線 WiMAX LTE(au、ドコモ、ソフトバンク)
速度制限 3日間で10G なし
契約期間 なし なし
支払い方法 クレジットカード クレジットカード
端末の利用方法 レンタル レンタル
  • 月額料金はスマホドックWiFiが100円安い
  • クラウドWiFi東京は短期の速度制限がない
  • クラウドWiFi東京はエリアが広い

料金面二関しては、スマホドックWiFiのほうがクラウドWiFi東京より初期費用、月額料金ともに安くなります。

 

ただしクラウドWiFi東京は、スマホドックWiFiのような3日間10Gの短期の速度制限がありません。

また利用できるエリアも3つのLTE回線が使えるのでWiMAXよりも広いです。

 

そのため以下のような方は、スマホドックWiFiよりもクラウドWiFi東京の方がおすすめです。

  • データ量が3日間10Gでは足りない人
  • 速度制限のないポケットWiFiを使いたい人
  • 繋がりやすいポケットWiFiを使いたい人

クラウドWiFi東京をみてみる

注意

クラウドWiFi東京は新規受付を停止しています。

コロナウィルスの影響により端末の在庫不足になり、多くのポケットWiFiは新規受付を停止しています。

すぐにポケットWiFiが必要な方は別のポケットWiFiを申し込みしましょう。

今申し込むなら月額料金が安い「ポケットモバイルCloud」が一番おすすめです。

申し込みできる無制限のポケットWiFiについては「クラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】」を参考にしてください。

スマホドックWiFiまとめ

スマホドックWiFiは契約期間の縛りがなく、2つのプランはどちらも月額料金が安いので、使いやすいポケットWiFiです。

特に「大容量LTEプラン」は100Gで月額2,880円と他社に比べても格安で利用できます。

 

サービスをスタートしてすぐにプランが大幅に変更になったことから、公式サイトがわかりにくく「?」と思うことが多いのが残念です。

WiMAXは3日間10Gの速度制限があるので、1日3G以上使うなら他社のポケットWiFiを選んだほうがいいでしょう。

スマホドックWiFiをみてみる

無制限で使えるポケットWiFiは、「クラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】」で詳しくまとめているので、よかったらあわせてご覧ください。

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ