ポケットWiFi

ギガゴリWiFiの特徴や注意点を詳しく解説!【20G、30Gがお得】

ギガゴリWiFiの特徴や注意点を詳しく解説!【20G、30Gがお得】

「ギガゴリWiFi」はGMOが新しくスタートしたポケットWiFiです。

 

「20G」「30G」「無制限」の3つのデータプランがあり、どのプランも月額料金が安く設定されているので、おすすめできるポケットWiFiです。

この記事ではモバイルWiFiに詳しい元エンジニアのわたしがギガゴリWiFiの特徴や注意点を詳しく解説しています。

他社ポケットWiFIとの比較もしているので、ギガゴリWiFiについて詳しく知りたい方や、お得なポケットWiFiを探している方はぜひご覧ください。

ギガゴリWiFiとは

ギガゴリWiFiとは

「ギガゴリWiFi」はGMOインターネット株式会社がサービスを開始したポケットWiFiです。

月額2350円から利用できる格安のポケットWiFiということで、サービス開始直後から注目を集めています。

 

ギガゴリWiFiには20G、30G、無制限の3つのプランがありますがどれも月額料金が安く、特に20Gと30Gは契約期間が1年と短いので扱いやすいポケットWiFiです。

ギガゴリWiFIをみてみる

ギガゴリWiFiの運営会社

運営会社のGMOインターネット株式会社は「GMOとくとくBB」の名称でインターネットプロバイダを20年以上運営している会社です。

GMOとくとくBB WiMAX」や「Smafi WiMAX」などのWiMAXや、光回線のサービスを提供しています。

「GMOとくとくBB WiMAX」は、シェアNo1のWiMAXプロバイダなのでご存じの方も多いと思います。

レンタルWiFiはできたばかりのベンチャー企業が運営していることも多いですが、GMOインターネット株式会社は、東証一部上場企業なので大手の会社が運営している安心感があります。

ギガゴリWiFiの料金プラン

ギガゴリWiFiの料金プラン

ギガゴリWiFiにはデータ量ごとに3つの料金プランがあります。

  • 20Gプラン(月額2,350円~):月20Gまで利用できるプラン
  • 30Gプラン(月額2,650円~):月30Gまで利用できるプラン
  • ワールドプラン(月額3,460円):無制限で利用できるプラン

3つのプランの料金を一覧にしてまとめてみました。

20Gプラン 30Gプラン ワールドプラン
初期費用 3,000円 3,000円 3,000円
月額料金 1年目:2,350円
2年目:2,850円
1年目:2,650円
2年目:3,100円
1年目:3,460円
2年目:3,460円
契約期間 1年 1年 2年

どのプランも、初期費用は一律3,000円で、利用開始月は日割り計算になります。

 

どのプランも月額料金が安く、20Gと30Gプランは契約期間が1年と短いのが特徴です。

ワールドプラン以外は2年目以降に月額料金500円程度上がるので、1年使ったら他のポケットWiFiに切り替えたほうがお得ですね。

ギガゴリWiFiの端末

20G、30Gプランの端末「FS030W」

それがだいじWiFiの端末「FS030W」

製品名 FS030W
メーカー 富士ソフト
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 約128g
サイズ 74 x 74 x 17.3mm
連続通信時間 20時間
バッテリー 3,060mAh
同時接続台数 最大15台
WLAN IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

ギガゴリWiFiの20G、30Gプランの端末は富士ソフトの「FS030W」になります。

 

ネクストモバイル」や「FUJI WiFi」などソフトバンク回線のポケットWiFiでよく使われている端末です。

最大通信速度は150Mbpsとあまり速くないですが、連続通信時間20時間とバッテリーの持ちが非常に長いのが特徴です。

わたしも「FS030W」を使っていますが、夜に自宅で充電し忘れても翌日にも使えるので使いやすいです。

 

多くのポケットWiFiで採用されていて実績があるので、安心して使える端末です。

ワールドプラン(無制限プラン)の端末「U2s」

U2s(D1)

製品名 U2s
メーカー GlocalMe
最大通信速度 下り150Mbps / 上り50Mbps
重量 151g
サイズ 127 x 65.7 x 14.2mm
連続通信時間 12時間
バッテリー 3,500mAh
同時接続台数 最大5台
WLAN IEEE 802.11 b/g/n

ワールドプランの端末は、GlocalMe(グローカルミー)の「U2s」です。

2018年に発売したクラウドSIM搭載したモバイルルーターで、「Mugen WiFi」などのクラウドSIMを使ったポケットWiFiで多く採用されているモデルです。

クラウドSIMを搭載しているため、複数の回線が使えたり、海外でもそのまま利用することができます。

 

通信速度はFS030Wと同じ150Mbpsとあまり速くはありませんが、インターネットを利用する時は10Mbps程度あれば十分なので、そこまで気にする必要はありません。

ギガゴリWiFiの特徴

  • すべてのプランの料金が格安
  • 契約期間が1年と短い
  • 短期間の速度制限がない
  • ソフトバンク回線でエリアが広い

すべてのプランの月額料金が格安

ギガゴリWiFiはどのプランも月額料金が他社に比べて格安です。

ギガゴリWiFiiと同じソフトバンク回線を使ったポケットWiFiは3,680円のサービスが多いですが、ギガゴリWiFiは無制限プランが月額3,050円です。

ポケットWiFi 月額料金
ギガゴリWiFi 3,460円
SAKURAWiFi 3,680円
SPACEWiFi 3,680円

後ほど他社のポケットWiFiとの比較もしていきますが、無制限プラン以外の「20Gプラン(月額2,350円)」と「30Gプラン(月額2,650円)」も他社に比べて安い料金設定となっています。

他社に比べて月額料金が安いのでギガゴリWiFiはおすすめできます。

契約期間が1年と短い

ギガゴリWiFiの20Gと30Gプランは、契約期間が1年と短いのが特徴です。

同じ20Gと30Gプランがある他社のポケットWiFiは2~3年の契約期間があります。

契約期間
ギガゴリWiFi 1年
ネクストモバイル 2年
それがだいじWiFi 3年

比較すると、契約期間1年だけのギガゴリWiFiは使いやすいですね。

 

1年の短期間だけ利用できるので「ポケットWiFiを2~3年使うかわからない」といった方にもおすすめです。

また契約期間が短いほうが解約するタイミングが多いので、契約更新月に解約し忘れた時のリスクを減らすことができます。

 

ギガゴリWiFiは他社に比べて契約期間が短く、月額料金も安いので使いやすいポケットWiFiです。

短期間の速度制限がない

ギガゴリWiFiは短期の速度制限がありません。

ポケットWiFiは無制限のポケットWiFiであっても「1日3G」「3日間10」といった短期の速度制限があるサービスが多いです。

ギガゴリWiFiと同じソフトバンク回線を使っている「縛りなしWiFi」や「SPACEWiFi」は、1日2~3Gを超えると速度制限にかかります。

ギガゴリWiFiはこのような短期の速度制限がないので、一度に多くのデータ量使えます。

 

ただし「20Gプラン」と「30Gプラン」は月のデータ量を超えると速度制限にかかります。

速度制限後は翌月まで128Kbpsに通信速度が低下するため、ある程度多めのデータプランを申し込んだほうがいいです。

ソフトバンク回線でエリアが広い

ギガゴリWiFiは、ソフトバンクのモバイル回線を利用しているので使えるエリアが広いです。

ソフトバンク回線は、みんなが利用する通信のインフラということもあり人口カバー率99%以上です。

 

「WiMAX」やワイモバイルの「AXGP回線」は電波が強い分(2.5GHz)高速な通信ができますが、障害物に弱いので、地下や山間部では電波が入りにくいことがあります。

関連リンクWiMAXの周波数はいくつ?WiFiやキャリアとの違いは?

ソフトバンク回線は、プラチナバンドなどの複数の周波数帯の電波を使っているため、地下や遮蔽物の多い場所でも繋がりやすくなっています。

 

ギガゴリWiFiはソフトバンク回線でどこでも安定した通信ができるのでどこでも安心して利用できます。

ギガゴリWiFiの注意点

  • 解約した後に端末の返却が必要
  • 初月にオプションの加入が必須

解約した後に端末の返却が必要

解約した後に端末の返却が必要

ギガゴリWiFiの端末はレンタルしているので、契約終了後は端末を返却する必要があります。

解約後は、解約した翌月20日までに以下の返却先住所へ端末を送付しなければいけません。

ギガゴリWiFiの返却先住所

〒132-0024
東京都江戸川区一之江2丁目11-13
ギガゴリWiFi 初期契約解除窓口宛

端末を返却しない場合、10,000円の端末損害金が発生します。

 

対してレンタルWiFiではない他社のポケットWiFiでは契約終了後は端末が無料で手に入ります。

ポケットWiFi 契約後の端末
ギガゴリWiFi 返却
ネクストモバイル 無料プレゼント
それがだいじWiFi 無料プレゼント

手に入った端末はSIMフリーモバイルルーターとして使うことができます。

他社のポケットWiFiのSIMプランや格安SIMの契約に使えるので、契約後に端末が欲しいならギガゴリWiFiではなく、他社のポケットWiFiを選びましょう。

初月にオプションの加入が必須

ギガゴリWiFiは、「安心サポート」というオプションの初月加入が必須となっています。

安心サポートは、端末が故障した時に発生する交換費用が無料になるオプションです。

 

初月加入必須なので、オプションが必要ない人は、契約後に解約手続きをしないといけません。

 

保証オプションには「安心サポート」と水濡れにも対応した「安心サポートワイド」の2種類があります。

月額料金 内容
安心サポート 300円
2ヶ月無料
端末の故障を保証
安心サポートワイド 500円
1ヶ月無料
2ヶ月目200円
水濡れによる故障も保証

安心サポートワイドは水濡れにも対応していて、より手厚い保障を受けることができますが、月額料金が200円高くなっています。

 

安心サポートは2ヶ月、安心サポートワイドは1ヶ月無料で利用できます。

ギガゴリWiFiは、契約月の翌月からオプションを解約できるので、保証が不要な人は2ヶ月間無料の「安心サポート」に加入しておき、翌月にオプションの解約手続きをしましょう。

オプションの解約はWeb上の「マイページ」から行うことができます。

ギガゴリWiFiと他社ポケットWiFiの比較

ギガゴリWiFiの特徴を詳しくご紹介しました。

ギガゴリWiFiのメリットやデメリットは理解していだけましたでしょうか。

 

次にギガゴリWiFiと他社のポケットWiFiを比較してみましょう。

比較するのは、ギガゴリWiFiと同じように「20Gプラン」「30Gプラン」「無制限プラン」があり、サービス内容が非常に近い「ネクストモバイル」です。

ネクストモバイルは無制限プランの新規受付を終了しているため、ギガゴリWiFiとネクストモバイルの「20Gプラン」「30Gプラン」を比較してみます。

ギガゴリWiFi ネクストモバイル
データプラン 20G、30G 20G、30G
初期費用 3,000円 3,000円
月額料金 20G:2,350円
30G:2,650円
20G:2,400円
30G:2,700円
端末 FS030W FS030W
最大通信速度 150Mbps 150Mbps
回線 ソフトバンク ソフトバンク
契約期間 1年 2年
端末 返却要 無料プレゼント

2つのポケットWiFiを比較したポイントをまとめると以下のようになります。

  • 通信速度や回線のエリア、端末はどちらも同じ
  • ギガゴリWiFiは月額料金が50円安い
  • ギガゴリWiFiは契約期間1年と短い
  • ネクストモバイルは契約終了後に端末が無料で手に入る

ギガゴリWiFiはどちらのプランも、月額料金がネクストモバイルより50円安くなっています。

またネクストモバイルの契約期間は2年ですが、ギガゴリWiFiの契約期間は1年と短いです。

 

ただしネクストモバイルは契約終了後に端末が手に入るというメリットがあります。

「月額料金ができるだけ安い方がいい」「契約期間が2年は長い」と感じる方は「ギガゴリWiFi」、契約後に端末が欲しい方は「ネクストモバイル」を選ぶのがおすすめです。

またネクストモバイルは、無制限プランがありますが現在は新規受付終を終了しています。

そのため無制限のポケットWiFiを使いたい方は、ギガゴリWiFiを選びましょう。

ギガゴリWiFIをみてみる

ネクストモバイルをみてみる

ギガゴリWiFiまとめ

ギガゴリWiFiは月額料金2,350円から利用できるポケットWiFiです。

「20Gプラン」と「30Gプラン」は月額料金が他社よりも安く、契約期間が1年と短いのでおすすめできます。

 

ただし、ギガゴリWiFiはレンタルWiFiなので解約時に端末を返却する必要があります。

契約後に端末が欲しい方は、ネクストモバイルを選びましょう。

ギガゴリWiFIをみてみる

ネクストモバイルをみてみる

ギガゴリWiFiには無制限で利用できる「ワールドプラン」もありますが、こちらのプランは他社に比べると特別に料金が安いわけではないので、お得ではありません。

クラウドWiFiについては「クラウドWiFiを徹底比較!一番おすすめはこれ!【最新版】」で各社のサービスを詳しくまとめているので、無制限のポケットWiFiを探している人は合わせてご覧ください。

-ポケットWiFi

© 2020 ネトコネ